2015年05月05日

ご視聴ありがとうございました!

先週の『競馬王チャンネル』
_____________

先日の天皇賞(春)は、ザ・ステイヤーが上位を独占する素晴らしいレースでした。2週目の3コーナーのポジションが重要という、近年の淀の長丁場を熟知した横山典騎手のゴールドシップが出負けから大外に持ち出し、“ペース緩めたらいつでもハナに行くよ”と挑発。横山典騎手に憧れ、騎乗を模倣してきた(ように思われる)クリールカイザーの田辺騎手は、ノリさんがそう動いてくることを知っているから、簡単にはペースを緩められない…。そのためにハイペースが生まれて、ステイヤーが上位を独占という結果。こういうのが以前、梶騎手が『競馬王』で綴っていた“騎手の心理的プレシャー”というやつでしょう。

競馬はギャンブルであると同時に興行。個人的にはクリールカイザーがゴールドシップの捲くりを待って真っ向勝負に出るとか、キズナの武豊騎手も外に持ち出して、ゴールドシップと白黒勝負するというストーリーであれば100点満点に近い、歴代・天皇賞(春)の名レース1位でしたが、今年の天皇賞(春)は歴代2位かなぁ? ちなみに歴代1位は、2週目の向こう上面でペースを押し上げようとする後続勢の動きを完全に読み切って、逃げ馬でありながら自分も2週目の向こう正面でペースを押し上げたイングランディーレの天皇賞(春)です。

実はこれも勝利へと導いたのはノリさん。スタミナの絶対値が違ったからこそ出来たレースでもありますが、ステイヤーが自らステイヤーの流れに持ち込むという当たり前のことが出来ない騎手が多すぎるので、キラキラと輝いて見えました。ノリさんは代打騎乗だと、陣営のオーダーに応えて自らの良さを消す騎乗をするけれども、お手馬だと後方ポツンも含めて、“オレはこう乗る”というのを主張してくる点が、他の騎手と一線を画するものがあり、非常に好きです。馬券も特に長距離でノリさんだと、配当に関係なく安心して勝負が出来るので助かります。競馬王チャンネルでも青葉賞はダメだったけど、天皇賞(春)が当たって良かったです♪


さて、競馬王の公開ドラフトですが、フライングダッシュを決める方もいて、昨日の朝の時点では90%が埋まったようです。当日はこれまでと同じように立ち見というのも考えているようなので、参加される方はお早めに申し込まれたほうがいいいかもしれません。っていうか、もう満員御礼だったらすいません<(_ _*)>。予想イベントだと、簡単には席が埋まらないのに、POGだと即埋まるのがこの世の七不思議です(笑)。




また、競馬王チャンネルでご紹介した東サラさんのリアリーハッピー13も、ゴールデンウィーク明けに抽選になるかもしれません。個人的に好きなフィックルベリー13は、まだ残口がありそうですが、こちらも意表をついて即満口になるかもしれません。一応、リンクを貼っておきますね♪

https://www.tokyo-tc.com/h_list_kouma.html


あっ! また写真を撮るのを忘れちゃった・・・…(;´Д`)ウウッ…
posted by 山崎エリカ at 02:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 競馬を語る
この記事へのコメント
POGイベントは、まずは「指定書の購入」みたいですね。

詳細説明(主催者指示)が →  http://blog.keibaoh.com/blog/2015/04/pog-5796.html


☆ところで、天皇賞については、BS11では「典さまの神騎乗」と讃えてましたね。
Posted by otoucyan at 2015年05月05日 03:14
そうです!
本を購入した方、限定です!

私は、ゲートJのほうに来て欲しいけど(・・;)。
Posted by 山崎 at 2015年05月05日 23:38

また、競馬王チャンネルでご紹介した
Posted by rolex replica at 2015年12月30日 17:39
トJのほうに来て欲しいけど(・・;)。
Posted by replica rolex at 2017年06月06日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/126739346

この記事へのトラックバック