2019年04月20日

本日の見所(福島牝馬S)

2019年 福島牝馬S
_________

福島牝馬Sは注目度は高くないものの、阪神牝馬Sと並ぶヴィクトリアMのステップレース。これまでに福島牝馬Sを経由したデンコウアンジュ(11番人気)やミナレット(18番人気)が、本番ヴィクトリアMで2着、3着と好走し、超高配当を演出しました。さて、今年も福島牝馬Sから、本番でアドバルーンを打ち上げる馬がいるのか? とても楽しみな一戦となりました。

また、阪神牝馬SはヴィクトリMの前哨戦らしくスロー〜平均ペースよりになりやすいのに対して、こちらは平均〜ハイペースになりやすいのが特徴。これはカワキタエンカのような決め手よりも先行力を生かしたい馬が多く出走してくるもの理由ですが、福島芝1800mのコース形態も影響しているはず。

福島芝1800mは、最初の1コーナーまでの距離が約305mとローカル競馬場ではもっとも長く、1コーナー手前から下り坂という福島1800mのコース形態も影響しているはず。このため前半3Fが標準馬場で34秒台と極端に速くなる場合があります。つまり、4F目の2コーナーでどこまで息を入れるか鍵。ただ、最後の直線が292m(Bコース使用時は、297.5m)と短いこともあり、レースが中緩みせず、淡々と流れるので、まず、行った、行ったは決まりません。当然、逃げ馬よりも差し馬が有利です。

今回、逃げるのは、昨年同様にカワキタエンカ。ランドネは前走の中山牝馬Sでは、カワキタエンカに行かせて2番手の内を選択したことで、直線ドン詰まりになりましたが、鞍上は良くも悪くも脚をタメること重視で乗ってくる戸崎騎手。詰まる覚悟で一発を狙ってくる騎手なので、浅はかにハナへ行く選択はしないはず。

カワキタエンカのレースメイクとコース形態から、スローペースになることはないでしょうけど、極端なハイペースになることもないと見ています。前からでも後ろからでも各馬が脚を出し切れる前提で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所