2019年03月13日

名古屋大賞典のy予想

4歳馬対決が注目の一戦
___________

名古屋大賞典は、中距離路線の実績馬にとっての始動戦。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いのが特徴。前年のG1通算5勝のエスポワールシチーも、ここから始動して、再びG1戦線に挑みました。

よって、主な対戦図式は、休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

ダイオライト記念の予想

今年のダイオライト記念も波乱?
_______________

地方交流重賞では名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方交流重賞は1番人気が勝って本命サイドで決着することがとても多いですが、ダイオライト記念は過去10年で1番人気の3着以内が6回と、けっこう人気に応えられていません。

それではこれまでにどのような馬が1番人気、それも単勝オッズ1.0倍台の断然の1番人気に支持され、人気を裏切ってきたのでしょうか? 傾向はいたってワンパターン。過去10年で1番人気を裏切ったのは2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーンの4頭。この4頭ともに……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想