2019年03月31日

本日の見所(大阪杯)

2019年 大阪杯
_______

G1に昇格して今年で3年目。かつての大阪杯は、天皇賞(春)の前哨戦のひとつでしたが、G1になって賞金も約2倍にアップ。天皇賞(春)では距離が長いという馬には、当然、ここが本番になります。

しかし、ここから始動する馬は、さすがにここが本番ではないでしょう。一昨年のキタサンブラックは、能力が抜きんでていたので始動戦でも優勝しましたが、それでもステファノスに0.1秒差まで詰め寄られました。キタサンブラックとしては凡走のPP指数で1着。

つまり、昨秋のジャパンCの2着馬キセキや有馬記念の覇者ブラストワンピース、天皇賞(秋)2着馬サングレザーなどの休養明けの馬のほうが実績上位ですが、キタサンブラックほど能力が抜きんでておらず、危ういということ。この辺りに波乱の可能性を見出したいです。

また、大阪杯が行われる阪神芝2000mは、スタートしてから最初の1コーナーまでの距離は325mと短いため、内枠有利の傾向。特に大阪杯は先週までAコース→Bコースに変わるため、なおさら内枠が有利になります。昨日は馬場悪化の影響で内枠の優位性があまりありませんでしたが、馬場が回復すれば、内枠の優位性が出てくるでしょう。

さらに阪神芝2000mは、スタート直後に上り坂があるため、あまりペースが速くならないのがポイント。逃げ馬不在で先行馬に武豊騎手、ルメール騎手など、目標となる騎手がいなかった昨年は、5F通過が61秒1の異常なスローペースが発生したほどです。

昨年は異例中の異例にせよ、上がりの速いレースになることが多いために、前が意外とがんばれるし、外枠の馬は逃げるか、早め先頭を狙って行かないと距離損の大きい競馬になってしまうことを視野に入れて予想を組み立てたいです。そうなると超人気薄を本命馬にせざるを得なくなるのですが…果たして結果は?
posted by 山崎エリカ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月30日

本日の見所(ダービー卿CT)

2019年 ダービー卿CT
___________

ダービー卿CTは、この先のマイラーズCや京王杯SC、さらには安田記念へと繋がる一戦。ハンデ戦ではありますが、2010年の優勝馬ショウワモダン、2013年の優勝馬トウケイヘイロー、2015年のモーリスのように、同年の安田記念や秋のG1戦線で活躍している馬もいます。上がり馬が勝てば、この先のG1レースが見えてくる場合もあるでしょう。

また、先週Aコース→Bコースに替わり、前週よりも馬場高速化の傾向。このレースの逃げ馬の成績は、阪神開催時を除く過去10年で3勝、2着1回となかなかの活躍ぶり。高低差5.3mの最高地点からスタートして、3〜4コーナーに向かって約4.5m下って行く中山芝1600m戦としては、前半のペースがそこまで上がらず、前からでも押し切れています。

しかし、今年は昨年同様にマルターズアポジーのレースメイクが濃厚。それに大外のエイシンティンクルがどこまで怯まずに行くか? さらに外のマイスタイルがどこまで絡んで行くか? 他にもジョーストリクトリ、ギベオンなど強力な逃げ、先行馬多数という組み合わせ。どのみち前半から緩めずにペースを上げて行くマルターズアポジーの逃げならば、良馬場前提で前半4F46秒台までペースが上がるでしょう。

前記を考慮して、外枠の差し馬が穴人気に支持されていますが、中山芝1600mは、最初の2コーナーで外を回ると、終始外を回ることになる円状コース。外枠よりも内枠のほうが有利なのも確か。その辺りも考慮して予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2019年03月24日

本日の見所(高松宮記念など)

2019年 マーチS、高松宮記念
______________

●マーチS

昨年のこのレースで大本命馬のハイランドピークがスタートで躓いてぶっ飛んだように、「1番人気は勝てない」というジンクスを持つマーチS。2009年には2000年のタマモストロング以来、1番人気のエルポワールシチーが優勝しましたが、それ以降は全く勝てていません。3年前に1番人気のバスタータイプが連対を死守しましたが、これも久しぶりの出来事でした。

なぜ、マーチSでは1番人気が勝てないのかというと、理由はいたって簡単! この時期は地方では名古屋大賞典、中央ではアンタレスSやオープンの総武S、仁川Sが行われ、有力馬を所有する陣営はハンデ戦のこのレースよりも、前記のレースを目標に使うことが多いからです。

マーチSはG3でありながら「総武Sや仁川Sを使った後で、おつりがあれば出走」「ハンデが軽いから出走」「実績馬でハンデ重いけど、始動戦だから、まあ、いっかぁ〜」という具合に、流動的に使ってくることが多いから荒れるのです。

そして多くの場合、総武Sや仁川Sの勝ち馬が1番人気に支持されますが、ほとんどが中途半端な着順で終わります。前走の総武Sや仁川Sを勝利した馬で、ここも優勝した馬となると最近は、2007年のクワイエットデイと昨年のセンチュリオンくらい。(前記2頭は後の重賞でも通用) もちろん、今回が始動戦でハンデが重い実績馬が1番人気に支持されることもありますが、陣営のやる気があまりないため、太め残りなどの理由で馬群に沈みます。

また、2009年に優勝したエルポワールシチーも、同年の平安S・2着、フェブラリーS・4着の実績馬でありながら、そこまで速いラップを刻んだわけでもないのに、ラスト1Fで急失速。ダイショウジェット、サトノコクオー、トーセンアーチャーなどに0.2秒差まで追い詰められるギリギリセーフの勝ち方でした。これは前走のフェブラリーSが大目標だったことと、トップハンデ57.5sが影響したものでしょう。

今年は、重賞ウイナーや上位馬、オープン特別連勝馬、条件戦の連勝馬の参戦で、総武Sの勝ち馬は人気にすらならない例年以上にメンバー質の高い一戦。今年こそは、1番人気馬が人気に応えることができるのでしょうか? 現時点では、前走の佐賀記念でハイペースで逃げて大敗の3着だったテーオーエナジーが1番人気ですが、果たして?


●高松宮記念

高松宮記念が行われる中京芝1200mの舞台は、スタートして120mほど緩やかに坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで坂を下って行くコース。さらに最初の3コーナーまでの距離が約315mと短いため、競走馬がもっとも加速がつく前半2F目の10秒台のところで3コーナーに突入することになります。

ここで速い脚を使わせてしまうと、性能のいい馬ほど減速するのが難しく、2016年のように前半2F目で10秒1まで速くなると、10秒1-10秒9-10秒8というように、ペースが上がるしかなくなってしまいます。つまり、中京芝1200mの理想的な騎乗は、2F目の3コーナーで脚を使わせないことであり、レース前半、内で脚をタメられれば理想的です。

また、外枠の逃げ、先行馬は、本来の脚質にこだわって騎乗すると、3コーナーで速い脚を使わせることになるので不利になります。当然、内枠の逃げ、先行馬も外から被されないように抵抗して行くために、概要としては外枠に、逃げ、先行馬がいればいるほどオーバーペースが発生しやすくなるのです。

2016年は、逃げ馬のローレルベローチェやハクサンムーンが外枠だったために、内枠のミッキーアイルらが抵抗して、オーバーペースが発生しました。昨年も外目からハナを主張するダイアナヘイローに内からセイウンコウセイらが抵抗したため、オーバーペースが発生しています。

今年は、前走のオーシャンSで前半3F32秒3で通過したモズスーパーフレアが外枠。この馬に抵抗して行けるだけのスピードがあるのは、ラブカンプーくらいですが、前走では内から抵抗したからこそ、オーバーペースに巻き込まれる形となり、大差シンガリ負けを喫しました。

逆にナックビーナスは、ラブカンプーが抵抗してくれたからこそ、一歩引く形で、展開を考えた場合のいい位置を取ることができたために、2着好走へと繋がりました。こうなると今回は、ラブカンプーが消極的になりがちですが……今回もフェブラリーSのインディのようになるのでしょうか?
posted by 山崎エリカ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月23日

本日の見所(日経賞など)

2019年 毎日杯、日経賞
___________

●毎日杯

かつての毎日杯は、NHKマイルCの前哨戦の意味合いを持ち、2008年のディープスカイ、2010年のダノンシャンティなどが、このレースを制して、NHKマイルCも制しました。しかし、近年は多様化。2013年のキズナや2016年のスマートオーディンのように、ここから京都新聞杯、そして日本ダービーを目指す馬もいれば、一昨年のアルアインのように、ここから皐月賞を目指す馬もいます。要は、この先の何かしらのG1を目指すための、賞金加算のレースです。

そのようなレースゆえに、決着レベルも年によってマチマチ。今年は、1戦1勝のマカヒキの全弟ウーリリvsマイル〜中距離重賞の敗者復活戦のような対戦図式で、現状はレベルが高いとはいえません。ウーリリが一気に勢力図を塗り替えれば、一転してハイレベルになる可能性もありますが、結果は果たして?

また、毎日杯が行われる阪神芝外1800mは、Uターンコース。スタートして最初の3コーナーまで約665mもあるために、逃げ馬が揃うと隊列争いが激しくなり、オーバーペースが発生することもあります。しかし、逃げ馬不在や、逃げ馬が一頭の場合はそこまでペースが上がらないのがポイント。

ただし、そこまでペースが上がらなくても、最後の約600m〜ゴール手前の約200mまでが下り坂のコースだけに、その下りで勢いに乗せて、ラスト1Fの急坂を楽に上がれる差し、追い込み馬のほうが有利でしょう。今回はランスオブラーナが単騎で逃げられるメンバー構成であり、同馬が逃げ切っても不思議ないですが、速い上がりが使える差し馬を軸馬とするのが最善策でしょう。


●日経賞

日経賞は、先週の阪神大賞典同様に天皇賞(春)の前哨戦でしたが、近年は、主要メンバーが阪神大賞典に集うこともあり、本番・天皇賞(春)に繋がっていません。ただし、今年は阪神大賞典が優勝馬シャケトラ以外はイマイチでしたし、また、そのシャケトラも代打騎乗で本番に余力を残さないレースぶりでしたので、今年は砂がる可能性もあるでしょう。

また、日経賞は有馬記念と同じアップダウンの激しい中山芝2500m(長距離)で行われるため、しばしばスローペースが発生します。しかし、同じスローペースでも下級条件は単調なスローペースになることが多いのに対して、上級条件は中山の短い直線を考慮して仕掛けのタイミングが早くなります。(日経賞の過去10年を見ても、単調なスローペースになったのは、ゴールドアクターとサウンズオブアースがハナを譲りあった2016年くらい)

差し、追い込み馬は、向こう正面の下り坂である程度勢いに乗せて、3〜4コーナーの外から位置を押し上げてくる傾向があるため、前も早めに動いてスタミナが問われるレースになることがしばしば。つまり、ある程度の長距離適性も問われるので、長距離適性に疑問がある馬が通用しないでしょう。

また、一昨年のこのレースで前年の有馬記念の3着馬ゴールドアクターや前年の菊花賞の2着馬レインボーラインが1〜2番人気に支持されて馬群に沈み、また、昨年も菊花賞馬キセキや前年の阪神大賞典3着&京都記念2着のトーセンバジルも1〜2番人気に支持されて、見事にぶっ飛んだように、今回が始動戦の馬は苦戦しています。

そもそも前哨戦は、実績馬にとっては叩き台のため、人気に応えられないことがままありますが、スタミナが問われるレース、長距離戦ほど取りこぼし率がアップする傾向。ただし、今年に関しては出走馬12頭中7頭が休養明け。それもレースを使われている馬たちは、格下や長距離適性に疑問を感じる馬ばかりなので、あっさりと休養明けの馬が勝ち負けするかもしれません。いやいや、休養明けの馬同士で決着する可能性も十分あるでしょう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2019年03月21日

黒船賞の予想

昨年は大波乱の黒船賞、今年は?
_______________

黒船賞は、高知競馬唯一の地方交流重賞。2008年には経営逼迫で休止したこともありましたが、そこから見事に盛り返し、今では盛大に開催されています。また、短距離の地方交流重賞では、前年のJBCスプリント以来の別定戦で行われることもあって、実績馬が「待ってました!」とばかりにここに出走してくることも多いです。実績馬にとって、先週行われた名古屋大賞典が短距離路線の始動戦とするならば、こちらは短距離路線の始動戦。前年のJBCスプリントの上位馬や前走フェブラリーS組が出走してきます。

その実績馬の中でも、最有力は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年03月17日

本日の見所(阪神大賞典など)

2019年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

過去10年の皐月賞馬10頭のうち、7頭が皐月賞トライアル使っていなかった馬たち。近年は2016年の皐月賞馬ディーマジェスティのように共同通信杯から直行するか、2017年の皐月賞馬アルアインのように、毎日杯など、格下馬が相手の重賞で本賞金を加算するなど、とにかく前哨戦を使わないことがトレンド。

しかし、過去10年の皐月賞馬の残る3頭は、スプリングSで連対していた馬たちという衝撃の事実。その中にはこのレースから快進撃が始まった2011年のオルフェーヴルのような馬もいます。(ただし、この年は阪神開催) かつてはトライアルレースの中では弥生賞が優勢でしたが、近年はスプリングSのほうが優勢になって来ているだけに、今年もそのような馬がいるか要注目でしょう。

また、このレースは、昨日のフラワーCと同距離コースでありながら、逃げ切りが決まりづらいのがポイント。まだ体力のない3歳牝馬同士の対決は、2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)をゆっくり下るためにスローペースが発生しがちですが、3歳牡馬の対決は2コーナーの急坂の下りで、ほとんど減速しません。

過去10年でフラワーCのようなラップ構成になったのは、アンライバルドが制した2008年と、キタサンブラックが制した2015年だけ。つまり、レースが淀みなく流れて、差し馬が浮上しやすいということ。

今年は「自分でレースを作る」とコメントしているコスモカレンドゥラがハナを主張すると見ていますが、ヒシイグアスもハナを主張するかどうかで展開がガラリと変わってくるはず。仮に折り合ったとしてもカラテ、フィデリオグリーン、ロジャーバローズなど、けっこう先行馬が揃っているだけに、平均ペースにはなるでしょう。前から押し切れないこともないですが、能力がないと厳しいでしょう。差し馬中心で馬券を組み立てたいです。


●阪神大賞典

2年前に大阪杯がG1に格上げされて以来、天皇賞(春)のステップレースとして一本化。昨年このレースを制したレインボーラインが天皇賞(春)を制したように、近年は特に天皇賞(春)に繋がるレースとなっています。一昨年もこのレースの勝ち馬サトノダイヤモンドと2着シュヴァルグランが、天皇賞(春)で3着、2着です。

また、長距離戦はほとんどフロックが利きません。実際に過去の優勝馬を見ても、ほぼ能力どおりに決まっています。長距離の場合、一速から二速、二速から三速と徐々にギアをあげていく必要があり、一速から急に五速、六速まであげるような馬は、通用しないから。前半、中盤で一速、二速で走っていたら、2度目の3コーナーで絶望的な位置になります。

さらに、レインボーラインには菊花賞2着の実績が、サトノダイヤモンドには菊花賞勝ちの実績が、シュヴァルグランには前年の阪神大賞典勝ち&天皇賞(春)の実績があったように、芝3000m以上で連対実績がないと勝ち負けしていない傾向があるのも事実。スローペースだとそこまで距離適性は問われませんが、それほど緩まなければ、より長距離適性が重要となってきます。

今年は、サイモンラムセス、ロードヴァンドール、ヴォージュ、ステイインシアトルと逃げ馬候補が揃いました。しかし、どれもハイペースにはしたくないタイプ。ただ、あまりに遅いとアドマイヤエイカンやシャケトラがなどが前に競り掛けに行く可能性が高いだけに、結局、昨年くらいの平均ペースが濃厚。やはり距離適性重視で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月16日

今週の見所(ファルコンSなど)

2019年 フラワーC、ファルコンS
________________

●フラワーC

今開催は中山芝1800mで中山記念、中山牝馬Sが行われ、フラワーC、スプリングSと重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCであることは先週の『見所』でお伝えしました。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)で減速させないため(序盤が極端なスローペースだと、この地点で勢いに乗せる場合もある)、道悪にでもならない限り、向こう上面で大きくペースが緩むことはほどんどありません。それゆえに最初の1コーナーまでの距離が短く、前半で急坂を上るコースながら、前が潰れることもしばしばあります。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。4年前はアルビアーノの逃げ切りが決まり、3年前はエンジェルフェイスの逃げ切りが決まり、昨年は7番人気のドロウアカードが逃げて3着に粘りました。

実際に中山記念に近いラップ構成になったのは、2008年のブラックエンブレムまで遡らないとありません。この年は逃げ馬不在で、1番枠から押し出されるようにして逃げたのは、1番人気馬ブラックエンブレム。本来、逃げ馬ではないブラックエンブレムが逃げたために、前半3Fのペースは過去10年でワーストタイムの37秒1。

前半3F目で13秒0まで緩んだだめに、外枠のスペルバインドが坂の下りで折り合いを欠いて向こう上面で捲る形。ブラックエンブレムはそれに応戦してペースを引き上げたために、中盤が速く、ラスト1Fで12秒3まで失速しました。この失速によって、500万下勝ちの実績もなかった8番人気の追い込み馬レッドアゲートがブラックエンブレムにアタマ差まで迫る結果。

ブラックエンブレムが強かったために何とか逃げ切りましたが、実際は、差し、追い込み型が有利の流れでした。つまり、前半ペースが遅くとも中緩みせずに、差し、追い込みが決まってしまうことがよくあるのがこのコースの恐ろしさであり、面白さでもあります。

さて、今年はどうか? 逃げなければ持ち味が生きないジョディ―が逃げて、内から折り合う競馬もできるコントラチェックが2番手といったところか。外から相手の出方を窺いながらルタンブルやレオンドーロなども先行する形ですが、やはり例年のフラワーCの流れ(前半4F49秒前後)になるのではないでしょうか。あとは、雨の影響がどれくらいあるかですが、先行馬主体に馬券を組み立てたいです。


●ファルコンS

中京競馬場が新装オープンし、ファルコンSが芝1400mで行われるようになって今年で7年目。過去7年の逃げ馬の着順はというと、2012年エクセルシオール・17着、2013年カシノランナウェイ・14着、2014年ネロ・8着、2015年セカンドテーブル・9着、2016年ミスキララ・13着、2017年レジーナフォルテ、2018年モズスーパーフレア・5着とことごとく馬群に沈んでいます。(全て16〜18頭立て)

過去7年の前半3F-後半3Fのレースラップは、2012年・34秒8-36秒8、2013年・34秒9-35秒5、2014年・33秒0秒-36秒3、2015年・34秒4-36秒9、2016年33秒3−3F39秒7(極悪馬場)、2017年・34秒0-35秒3、2018年・34秒9-35秒5。中京はビックアーサーが優勝した2016年の高松宮記念より以前は、かなり時計の掛かる馬場状態でしたが、それ以降もハイペース。平均ペースで決着したのは、昨年くらいです。

つまり、ファルコンSは、全体的な傾向として、逃げ、先行型が苦戦の傾向のレース。その一番の理由は、中京芝1400mという舞台が、スタートして約120mほど坂を上って、そこから4コーナー過ぎまで一気に坂を下って行くコースだからでしょう。近年は馬場高速化によって、極端なハイペースではありませんが、ハイペースになりやすい舞台設定であることは確か。

また、この時期の3歳馬は、レース経験を重ねたことで体力もついている時期。この先、スプリント路線に行くのか、マイル路線に行くのかも視野に入れて、逃げ、先行馬が行けるだけ、行かせるようなレースをさせるのも、このレースでハイペースが発生しやすい理由でしょう。

ただし、今年は、過去7年と比べて明らかに逃げ、先行型が手薄。ききょうSを逃げ切り勝ちしたイッツクールは、前走マーガレットSで折り合って2着と結果を出したことで、外枠の今回は逃げない可能性が高いでしょう。実際に陣営も控えるコメントを出しています。そうなると内枠のスタークォーツが逃げる可能性が濃厚。今年は平均ペースの想定で予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
https://twitter.com/_yamazaki_erika
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2019年03月13日

名古屋大賞典のy予想

4歳馬対決が注目の一戦
___________

名古屋大賞典は、中距離路線の実績馬にとっての始動戦。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、実績馬はハンデを背負わされることを嫌って、ここへ出走してくることが多いのが特徴。前年のG1通算5勝のエスポワールシチーも、ここから始動して、再びG1戦線に挑みました。

よって、主な対戦図式は、休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

ダイオライト記念の予想

今年のダイオライト記念も波乱?
_______________

地方交流重賞では名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方交流重賞は1番人気が勝って本命サイドで決着することがとても多いですが、ダイオライト記念は過去10年で1番人気の3着以内が6回と、けっこう人気に応えられていません。

それではこれまでにどのような馬が1番人気、それも単勝オッズ1.0倍台の断然の1番人気に支持され、人気を裏切ってきたのでしょうか? 傾向はいたってワンパターン。過去10年で1番人気を裏切ったのは2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2014年のムスカテール、2015年のサミットストーンの4頭。この4頭ともに……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2019年03月08日

今週の見所(中山牝馬S)

2019年 中山牝馬S
_________

今開催は中山芝1800mで、中山記念、中山牝馬S、フラワーS、スプリングSと連続で重賞が行われます。前記4レースを総合的にペースが上がりやすい順にあげると、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCとなります。

古馬トップクラスが集う中山記念は、ほとんどの馬が2コーナーの急坂の下り(3.5〜4F目)で減速させないため(序盤が極端なスローペースだと、この地点で勢いに乗せる場合もある)、道悪にでもならない限り、向こう上面で大きくペースが緩むことはほどんどありません。それゆえに最初の1コーナーまでの距離が短く、前半で急坂を上るコースながら、前が潰れることもしばしばあります。

しかし、まだ体力のない3歳牝馬同士の戦いとなるフラワーCは、騎手が2コーナーの急坂をゆっくり下ることを意識するので、向こう上面でペースが上がらず、しばしば前残りが発生します。これについては、来週のフラワーC時にお伝えしますが、その中間的なペースになるのが中山牝馬SとスプリングSです。

実際に中山牝馬Sの過去10年を見ても、逃げ馬不在で逃げ馬ではない馬が逃げた2013年、2016年、そして逃げ馬が貧弱だった2017年こそスロー〜超スローペース。しかし、逃げ馬が出走していて、逃げ馬がそれなりに強ければ(PP指数の赤い数字)をマークしている馬が出走していた場合には、全て平均ペース〜超ハイペースで決着しています。

つまり、カワキタエンカ、ミッキーチャーム、さらにテンの速いクロコスミア、近走逃げて結果を出しているランドネが出走している今回は、平均ペース以上が濃厚。ハイペースになる可能性もあります。おそらくカワキタエンカがハナを主張し、ミッキーチャームがそれに競り掛け、3番手がクロコスミアの隊列。いずれにせよ、平均ペース〜ハイペース想定で、予想を組み立てたいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山アエリカのTwitter
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所