2019年01月26日

本日の見所(愛知杯)

2019年 愛知杯
_______

3年前より暮れのターコイズSがG3に昇格した影響で、かつてほどメンバーが集わなくなった愛知杯。今年は昨年のこのレースの覇者エテルナミノルや春の福島牝馬Sの覇者キンショ―ユキヒメなどの重賞ウイナーが出走しているものの、それらは近走不振。他、重賞ウイナーは、昨年の紫苑Sの覇者ノームコアのみですが、京都大賞典の2着馬レッドジェノヴァが出走していますから、ここ3年と比較をすると、まずまずのメンバー構成ではあるでしょう。

また、中京芝コースは、先週の日曜日はやや雨の影響があったものの、ベースは普通の高速馬場。さらに中京芝2000mは、最初の1コーナーまでの距離は、約314mと普通ですが、スタンド前の直線の上り坂の中間からスタートするため、比較的ペースが落ちつきやすい舞台。

おそらくは内枠のティーエスクライがまずはハナを主張し、中目からランドネが出して、この2頭の主導権争いになると見ていますが、ランドネは番手でもオーケーの馬。ティーエスクライがペースを引き上げていたとしても、平均ペースくらいで止まる可能性が高いでしょう。先行馬のノームコア、ワンブレスアウェイも、ハイペースにはしたくないタイプです。

つまり、どの位置からでも脚を引き出せる展開になる可能性が高いということ。能力どおりに決まる可能性が高いのではないでしょうか。穴が開くとすれば、もともと強い近走不振馬。実績馬が立て直しを図って出走してきているので、それらの一発ならばありそうです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
twitterを始めました!
フォローよろしくお願いします<(_ _*)>
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
posted by 山崎エリカ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所