2018年11月17日

本日の見所(東京スポーツ杯2歳S)

2018年 東京スポーツ杯2歳S
______________

今年のダービー馬ワグネリアンを始め、翌年のクラシック活躍馬を多く輩出している東京スポーツ杯2歳S。昨年は逃げてアイビーSを制したコスモイグナーツが、序盤でケワロスに競り掛けられて行き切ったために、オーバーペースが発生しました。

しかし、例年は、瞬発力を武器に勝ち上がって来た馬が多く出走することもあり、これと行った逃げ馬が不在の年は、スローペースからの直線勝負が定番。末脚比べのこのレースで敗れた馬は、この先で先行馬となり、勝者は差し馬として確立することが多いです。

そういうレースだけに、瞬発力が優る馬を狙いたいところ。今年は何が何でも行き切るタイプの逃げ馬が不在なだけに、なるべく前の位置から速い上がりでまとめてこられるタイプを狙うのが好ましいでしょう。


今回は前記のことが考慮されて、ルヴォルグやヴェロックスが上位人気に支持されています。確かに先行策から独走したルヴォルグやヴェロックスの新馬戦は強く、新馬戦のPP指数としてはかなり優秀でした。ヴェロックスの前走・野路菊Sでカテドラルに先着を許しましたが、カテドラルも強かったし、折り合いに専念して4番手の外から動いたことが敗因でしょう。大きな減点材料ではありません。

しかし、今年は人気に反して北海道経由馬が手強いのも事実。けっこう指数が出ています。さて、このレースをどう組み立てるか? 結論を言うと、けっこう荒れる、ルヴォルグやヴェロックスの上積み次第では、大波乱も考えられると見ています。個人的にワクワクするレースになりましたので、久々に記事の投稿をしてみました。
posted by 山崎エリカ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所