2018年10月08日

本日の見所(京都大賞典)

2018年 京都大賞典
_________

毎日王冠は逃げ馬が活躍する舞台ですが、京都大賞典は開幕週ながら逃げ切りが決まりにくい舞台。過去10年で一度も馬券に絡んでいません。確かに、キタサンブラックが2番手につけて、それをマークする形でレースが進んだ一昨年など、本来は逃げ馬が好走できても不思議ないペースだった年も過去に何度かあります。

しかし、それでも逃げ馬が活躍できないのは、長距離路線にそれなりにでも強い逃げ馬が存在していないことや、このレースは実績馬が休養明けで挑んてくることが多いのが理由です。スタミナが不足する休養明けで、芝2400mを克服するのはなかなか厳しいでしょう。

ただし、実は逃げ馬有利のペースであることを証明するかのように、特に近年は追い込みが決まらず、先行〜好位勢が活躍しています。確かに京都芝2400mは、ストレートが長いため、騎手の意識ひとつでペースを上げることもできますが、テイエムプリキュアやドリームフライトくらいのスピードと持久力を持っていないと、レースをハイペースにすることすらも厳しいものがあります。

今回で逃げるのは、ウインテンダネスが濃厚。この馬は前々走の緑風Sで超々スローペースに落として逃げ切った馬。自ら逃げてメンバー中2位の上がり3Fタイム(末脚)を引き出せるのだから、レースをハイペースにする理由がありません。

また、シュヴァルグランは昨年の宝塚記念の一件から、さすがに逃げられないでしょう。オーナーには好位でレースをする約束をしながら、レースではおっつけて逃げたのですから……。個人的にはひっかっかっても2番手だと思っています(笑)。

そんなこんなで今回は先行馬と、決め手ある馬を中心に馬券を組み立てます。ウインテンダネスは強いとは思っているのですが、休養明けで逃げるという行為自体がやや不安。また、菱田騎手に緑風Sのようなレースメイクができないとも思っていて感覚的には「消し」です。しかし、昨日の毎日王冠しかり、最近、勘が悪いので一応、印は回します。
posted by 山崎エリカ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

マイルCS南部杯の予想

今年も狙うは高配当!
_________

マイルチャンピオンシップ南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬VS上がり馬の図式が作られますが、一線級が集うだけのレースだけあって、上がり馬はほとんど通用していません。

実績馬の中でも最有力は、同年のかしわ記念の連対馬。同年のかしわ記念で連対した馬のこのレースでの成績は……。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想