2018年09月07日

今週の見所(紫苑S)

2018年 紫苑ステークス
___________

秋の中山開幕初日に行われる、秋華賞トライアルの紫苑S。オープン特別時代は、上がり馬vs春のクラシックで通用しなかった馬の対戦図式でしたが、一昨年より、重賞に格上げとなった途端、クラシックの上位馬も出走してくるようになりました。何たる現金!(笑)

ここ2年はオークスの上位馬が優勝していますが、今年は春の勢力図を覆せる馬が出走しているのか? 今年もそこが最重要ポイントとなるでしょう。このあたりは指数からしっかりと見極めたいです。

また、中山開催でもっとも馬場が高速化するのは、例年、野芝がメインのこの開催。近年はエアレーションやシャッタリング作業で一時期と比べると時計を要すようにはなりましたが、それでも超高速馬場で内枠と逃げ、先行馬が有利のイメージが強くあります。

しかし、過去10年で逃げ馬が3着以内だったのは、2013年のセキショウ(1着)と、2008年のデヴェロッペ(2着)のみ。(2014年は新潟開催) 先行馬も2着2回、3着2回ですから、中団より後方、差し、追い込み馬が断然有利と言えます。

この理由として、紫苑Sが行われる中山芝2000mはレースが淀みなく流れることが多いからでしょう。中山芝2000は、前半が上り坂のため、前半3Fのペースはそこまで速くなりませんが(紫苑Sならば34秒台後半〜35秒台前半)、向こう上面で下り坂があるために、上級条件ほどそこでペースが上がります。

特に、一昨年のビッシュ(戸崎騎手)やファータグリーン(田辺騎手)などのように、決め手に欠ける馬&ベテラン騎手のコンビは、向こう上面で位置を上げて来るので、他馬もそれに合わせて動いて行く傾向。昨年は、珍しくホウオウパフュームの田辺騎手が、自身が乗って完勝した寒竹賞のイメージで乗ったために、5F通過61秒3のややスローで流れましたが、例年は5F通過60秒を切ることがほとんどです。

5F通過59秒台でも古馬や牡馬のレースなら逃げ、先行馬でも十分残れますが、普段、末脚を生かす競馬ばかりしている牝馬、それも3歳馬のレースでは、ペースが厳しすぎます。3歳牝馬ならば、超高速馬場でも5F通過60秒台までペースを落とさないと前からの押し切りは簡単ではないでしょう。今回は枠番確定前に書いているため、そこまで展開のイメージが沸いていませんが、紫苑Sは逃げ、先行馬は不利ということでまとめておきます。
posted by 山崎エリカ at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

中野省吾奮闘記外伝

競馬王のブロマガ
________

競馬王のブロマガにて、『中野省吾奮闘記外伝』を掲載中。
また、ご覧になられていない方は、Check it out!


【2018/8/30 号外】
中野省吾が日本に帰って来た!

【2018/9/6 号外】
中野省吾奮闘記外伝A 生活カツカツ、でも物価が安い!


※次回更新は9月13日を予定しています。


唐突にターザン山本!さん。

数か月前にプロレス会場で会って、「僕の(最強の法則の)中野省吾インタビュー面白かったでしょう!」って言われた(笑)。

思うところはあったけど、とても72歳とは思えぬハッピーオーラ全開のターザンさんの笑みを見ると、親指立てるしかないさ ( ´∀`)bグッ! 

tarzanyamamoto.jpg

自ら「僕と会う人は、みんな幸せになれる!」と言い切るターザンさん。
きっと200歳まで生きるに違いない!
posted by 山崎エリカ at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ