2018年08月16日

ブリーダーズGCの予想

クイーンマンボは秋が大目標
ここを狙っている馬に期待!
_____________

伝統の帝王賞に次ぐ、長い歴史を持つブリーダーズゴールドCも今年で牝馬限定戦に生まれ変わって5年目。このレースは2013年まで牡馬混合のG2で行われていましたが、南関東を始めとする本州地区からの参戦がほとんどなく、晩年は出走馬が6頭、8頭……という状況。メンバーが集まらないという問題を抱えていました。

なぜ、メンバーが集まらなくなったのかというと、特に中距離牡馬路線は、中央馬と地方馬の実力差が大きくなってしまったから。北海道までの輸送コスト、時間コストをかけてまで、負け戦をしに来ないのは、競馬をビジネスと考えた場合、当然のことでしょう。しかし、JRAの降級制度がなくなった場合、それが正しい判断だったと言えるのか?

降級制度がなくなれば、準オープンで頭打ちとなった馬が地方に移籍し、地方のAクラスで戦うことになります。そこから力をつけて交流重賞でも戦える馬に成長する場合もあるでしょう。そうなってからもう一度、条件変更してもいいですが、世論に振り回されてばかりのレースは、素敵ではありません。まあ、現代っぽくはありますが……。

そんなこんなで、ブリーダーズゴールドCは、牝馬の交流重賞路線が7月のスパーキングレディーCから10月のレディスプレリュードまで番組がないことに目をつけて、牝馬限定のG3に生まれ変わりました。スパーキングレディーCからグランダムジャパンの古馬シーズン・第5戦に組み込むことで盛り上げる目的もあったのでしょう。

しかし、それでも本州地区からの参戦がほとんどなく、中央勢の独壇場。過去4年で地方馬が馬券に絡んだことは1度もありません。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年08月15日

黒潮盃の予想

クリスタルシルバーは
人気に応えることができるか?
______________

今日は馬券の調子がめっちゃいいし、クリスタルシルバーが人気に応えられるようにも思えないので、調子ぶっこいて予想登録しちゃいました♪

地方競馬最多勝利を更新して、ノリノリ運気のレジェントが怖いけど、黒潮盃は、わかりやすい荒れ方をするから好きなレース。

期待を上回る配当だから、エントリーしてはいますが、外れちゃったらごめんなさいm(__)m。


ネットケイバの予想は、こちら!

ウマニティの予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

クラスターカップの予想

スプリント路線は、そもそも主役不在
_________________

お盆に3日間連続で行われる交流重賞の第2弾は、盛岡のダ1200mで行われるクラスターカップ。このレースは、岩手という北の土地柄、北海道でリフレッシュ放牧に出されていた実績馬が札幌競馬場で追い切られて出走してくることがとても多いレース。毎年、クラスターカップの前後に行われるサマーチャンピオンと同格の短距離戦ですが、注目度の高い一戦となっています。

また、このレースは、1番人気の活躍が断然。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年08月14日

サマーチャンピオンの予想

堅い傾向も、今年は……
___________

待ちに待ったサマーバケーション、お盆に行われる今年の交流重賞の第1弾は、佐賀2大レースのひとつサマーチャンピオン。2月の佐賀記念は中距離戦ですが、こちらは短距離戦、ダ1400mが舞台です。しかし、この時期は、番組編成をミスっているのではないかというほど、中央所属の短距離オープン馬が出走できるレースが集中しています。サマーチャンピオンの前後日にダ1200mのクラスターC、そして翌週には中央のNST賞(新潟ダ1200m)が施行されるといった具合。

この番組編成により、馬券にも弊害が……。


続きは、こちら!

予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年08月12日

ジャックルマロワ賞の予想

欧州の直線芝1600mは、新潟芝1000mとは違うんです!
__________________________

ドーヴィルの芝1600mは、どこが一番伸びるのか知っていますか?
新潟直線1000mとは違って、外枠ではないのです。


また、今回は断然人気のアルファセントーリに死角があるために、波乱予想をしてみました。


ネットケイバの予想は、こちら!

ウマニティの予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

本日の見所(関屋記念など)

2018年 エルムS、関屋記念
_____________

●エルムS

札幌のように直線の短いコースは、得てしてオーバーペースが発生しやすいもの。しかし、札幌ダ1700mは、ペースが乱れることがあまりありません。実際にエルムSの過去10年を見ても、8回も平均ペースで決着しています。

また、ややスローペースになったのは、モンドクラッセが逃げた2016年のみ。逆にややハイペースになったのは、ジュベルムーサの追い込みが決まった一昨年のみ。ダート戦なので、極端なスローペースになることはないにしても、極端なハイペースが発生したことがないのが重要ポイント。

なぜ極端なハイペースが発生しづらいのかというと、コースがほぼ平坦であることと、コーナーの半径が大きく、カーブが緩やかだから。つまり、コーナーをトップスピードで侵入したとしても、それほど外に張られることがないために、わざわざストレートでペースを上げていく必要がないのです。

それを証明するかのように、札幌ダ1700mは4コーナー地点のラスト2F目がレース最速地点になることがままあります。これほど癖のないコースは、札幌コースくらいでしょう。つまり、逃げ馬でも追い込み馬でもほぼ平等にチャンスがあることになります。

しかし、逃げ、先行勢は他場で厳しい流れを経験しているので、このコースで巻き返しやすいのも確か。逃げ馬エーシンモアオバーが、このコースで5度も4着以内に好走したのも、それの表れでもあります。他場で差し、追い込みで結果を出している馬よりも、逃げ、先行してチョイ負けしている馬のほうが活躍しています。


●関屋記念

関屋記念が行われる新潟芝1600mは、最初の3コーナーまでの距離が約550mと長く、逃げ馬の出方次第でハイペースにもスローペースにもなります。ただし、新潟は芝が軽く、超高速馬場なので、前半で逃げ馬がペースを上げていても、速い上りでまとめてくるのがポイント。

マルターズアポジーが大逃げを打った昨年でさえもややスローペースでしたし、一昨年のように良馬場で逃げ馬が前半4F45秒台後半まで引き上げたとしても、平均ペースでとどまり、ハイペースにはなりません。

つまり、淀みが生じずらいマイル戦にして意外と逃げ、先行馬でも粘れるということ。特に近年は、騎手の騎乗技術の進化により、高速馬場の場合は、直線ヨ―イ、ドンの瞬発力勝負に持ち込ませないために、逃げ、先行勢は3〜4コーナーから後続を突き放していくので、かつてよりも前が残りやすくなっているのがポイント。直線一気では通用しなくなってきているので、そのあたりも踏まえて予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年08月09日

忠犬ハチ公?これからはタマ公でしょう!

主人を2度も救った賢い犬
____________

わたしの出身地、新潟の中学の同級生が、楽しい企画、クラウドファンディングを立ち上げました。




◆忠犬ハチ公ならぬタマ公

忠犬……と聞いて何を思い浮かべるでしょうか? ハチ公と答えるのが一般的でしょう。

飼い主の上野英三郎さんを亡くなった後も渋谷駅で待ち続けたということで有名な秋田犬のハチ。ゆかりの地である渋谷駅に建てられた銅像は待ち合わせのメッカであり、エピソードは2度も映画化され海外にまで認知されているワールドワイドな忠犬です。

しかし、実は新潟県にもハチ公に負けず劣らず立派なタマ公という犬がおり、県内に銅像も建てられています。今回はそんな、新潟県の忠犬をご紹介します。


◆忠犬タマ公とは

タマ公は、2度も主人の命を救ったメスの柴犬です。

素直で賢いタマ公は、苅田さんの猟犬として昭和の初め頃に早出川の辺りで暮らしていました。苅田さんが猟に出かける時はいつも一緒、雪の中でも嗅覚を活かし鳥や獣を追いたてます。

そんな中、いつものようにタマ公が獲物を追いたて刈谷さんが銃で撃った衝撃で雪崩が発生! 雪に埋もれる主人を前足から血を流してなお、タマ公は雪を掘り続けなんとか救出に成功します。

2度目はそれから2年後、山に猟に入り急斜面に差し掛かった時、危険を感じ避難しようとするも再び雪崩に巻き込まれた苅田さん。タマ公も雪崩に巻き込まれますが、すぐに起き上がり刈谷さん救出に向かいます。重たい雪に果敢に挑み、またも大切な主人を助けだすという忠犬ぶりを発揮しました。


tamakho.jpg



◆県内外に広がる忠犬タマ公

タマ公の美談を知り、感激した横須賀市在住の新潟県出身者が、同年に横須賀市の衣笠山公園に顕彰碑を建立。顕彰碑には当時の横須賀市長、小泉又次郎氏が揮毫を寄せました。

それから65年後の平成14年、又次郎氏の孫に当たる小泉純一郎首相(当時)に対して新潟県の児童が「忠犬タマ公の話を全国に広めて」と手紙で訴えたことで、小泉首相の地元・横須賀市とタマ公の故郷・現五泉市が相互交流を開始。

現在は、上越新幹線の開通を記念し新潟駅内に1つ、五泉市の公園にも1つ、他、横須賀など県内外に6体の銅像があります。一番有名なのは、桜や新緑、紅葉の名所・新潟市の白山公園にある銅像でしょうか? ぜひ、競馬ファンのみなさま、新潟競馬場へ足を運んだ際には、白山公園にもお立寄り下さい♪


白山公園へのアクセスは、こちら!
posted by 山崎エリカ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

中野省吾奮闘記を掲載

8月8日発売の『競馬王』
___________

あいかわらず、お知らせが遅いわたしですが、それは置いといて…(;'∀')。

今号の『競馬王』より、新連載「中野省吾奮闘記 着地点を探して」がスタートしました。6月にマカオへ移籍した中野騎手の生活と騎乗ぶりをまとめたものです。


中野騎手、廃墟で生活? (笑)


また、これを読めば、先週、差しに拘っていた理由がわかります。


先週、元日本馬のスマートオリオンを14頭立て10番人気で2着に連れて来ていたけど、いかにも人気薄を連れて来るときの、中野騎手らしい乗り方だったなぁー。


nakasyo.jpg


まだ、購入されていない方は、こちら!

posted by 山崎エリカ at 15:06| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年08月05日

本日の見所(小倉記念など)

2018年 レパードS、小倉記念
______________

●レパードS

今年で早10年目のレパードS。過去の勝ち馬はトランセンドやホッコ―タルマエなど、名だたる馬ばかり。格付けはG3ですが、3歳ダート馬のトップクラスが出走してくるため、実質G2くらいのイメージ。ここから将来のG1で勝ち負けする馬が誕生するので、毎年とっても楽しみ。ぜひ皆さんにも注目してもらいたいレースです。

さて、このレパードSが行なわれる新潟コースは、実は小回りなコース。新潟は全競馬場の中でもっとも直線が長いせいか、大回りなイメージがあります。しかし、直線が長いからこそコーナーの距離が短く、実はコーナーの距離が350mもありません。札幌の3〜4コーナーが約450mですから、新潟は相当な小回りで急カーブということになります。

後方の馬がトップスピードで最後のコーナーを曲がれば、遠心力で大外に振られます。そのため、3コーナーの入り口までにある程度、前目のポジションを取るか、遠心力との攻防で減速するしか手がありません。どのみち最後の直線でトップスピードに乗せきることが難しいコース。しかし、ベテラン騎手はこのことを熟知しているので、前半から馬を出して、先行争いが激化することがほとんど。

というか、過去9年を見ると、良馬場で行われた年の全てが、前が厳しい流れになっています。それでもトランセンドやホッコ―タルマエが先行策から押し切って優勝したことがあるのは、単に馬が強いから。良馬場の年は、将来のG1馬が先行策から押し切って勝つか、昨年の勝ち馬ローズプリンスダムのように、中団以降で立ち回った馬が勝つかのどちらかのパターンです。

一方、ダートが軽いと(稍重だと)そこまでペースが上がらずに、逃げ、先行馬が粘れています。2011年の2着馬・タカオノボル(2番人気)、3着馬・タナトス(12番人気)、2013年の勝ち馬・インカンテーション(4番人気)、2着馬・サトノプリンスパル(4番人気)、2014年の勝ち馬アジアエクスプレス(1番人気)、2着馬・クライスマイル(7番人気)など。

今年のレパードS当日は、かなりの確率で雨模様。また、何が何でもハナに拘る馬も不在なだけに、本命馬は先行勢とするのが得策か!?


●小倉記念

夏の小倉の開催前半で行われる小倉記念は、例年、超高速馬場。1分57秒台で決着することがほとんどです。しかし、それはペースが緩んで好時計が出ているのではなく、ストレートが長いぶん、レースが淡々と流れて、好時計が出ているもの。

実際に過去10年を見ても、スローペースで流れたのはクランモンタナが勝った2016年くらい。それでも前半5F60秒5で通過しているので、極端なほどではありません。他は平均ペース以上で、何が何でもハナというホクトスルタンのような馬が出走していようものなら、オーバーペースが発生して、完璧に前が崩れています。

それを裏付けるかのように、小倉記念の過去10年で先行馬が連対したのは、一昨年のクランモンタナと昨年のタツゴウゲキのみ。逃げ馬の連対は、なんとゼロ。他18頭の連対馬は、全て中団よりも後方で立ち回った馬です。

つまり、小倉記念では中団以降で立ち回る馬を狙うのが基本。昨年だって、何が何でもという逃げ馬が不在で、そこまでペースが上がらないと思われたのに、バンドワゴンとヴォージュが競り合って、けっこうペースを上げてしまうのだから。

最初のコーナーまでストレートが長いコースだと、なぜだかメンバー中でもっともテンの速い馬のハナをぶっ叩いて、無理目に出して行く騎手がいることが多いもの。今年も逃げ馬不在で一見、ペースがそう上がりそうもないように見えて、それなりには上がるんでしょう。

今回は池江厩舎が3頭出し。マウントゴールドがラビット役になるかもしれないと見ています。この馬がハナへ行くのか、逃げ馬を突く形になるのかはわかりませんが、そういう動きをしてくる可能性もあるので、やっぱり中団以降で立ち回れる馬を本命馬とするのが上策でしょう。
posted by 山崎エリカ at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所