2018年05月30日

さきたま杯の予想

ベストウォーリア
本来の姿を見せられるか?
____________

浦和競馬の春シーズンを締めくくる、さきたま杯。このレースは2011年度にG2に昇格して以来、秋に行われる浦和記念と並ぶ、浦和二大レースのひとつとして定着しました。主なメンバー構成は、東京スプリントやかきつばた記念の上位馬、さらにG2昇格後は、G1・かしわ記念の上位馬の出走が目立ちます。

その中でも最有力は、前走1200m〜1400mの東京スプリントやかきつばた記念よりも、1600mのかしわ記念の上位馬。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2018年05月27日

本日の見所(目黒記念)

2018年 目黒記念
________

ダービーデーの最終レースとして、お馴染みとなった目黒記念。このレースは、ダービーよりも距離が1F長いだけですが、直線の坂を2度上ることになるので、ダービーよりも大きくスタミナが要求されます。

スタミナが要求されるレースだけに休養明けはマイナス。レースを順調に、また、前走で長い距離を使われている馬のほうが有利です。しかし、前走・天皇賞(春)の好走馬は、5年前のアドマイヤラクティのように、馬群に沈むことがほとんど。強豪相手のG1で能力を出し切って、おつりがないからでしょう。もちろん、天皇賞(春)で好走すれば、重いハンデを課せられてしまうのもあります。

逆にレースを順調に使われている馬が穴メーカーとなりますが、スタミナが問われるレースだけあって、軽ハンデ馬の活躍は目立ちません。軽ハンデが有利でないわけではないのですが、スタートダッシュが問われる短距離戦や、瞬発力比べのレースほど軽ハンデの優位性がないということです。

まとめると適度なハンデでレースを順調に使われている馬、そして前走で長い距離を使われている馬が有利となります。そこにフォーカスすると、買い目が絞れて行きますね♪ 目黒記念もぜひとも当てたいところです(^▽^)/。
posted by 山崎エリカ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月26日

本日26時もラジオ出演!!

お知らせ
_____

本日土曜日26時より、吉田照美さんと秀島史香さんがDJを務める『Pleaseテルミー! マニアックさん。いらっしゃ〜い』という番組に先週に引き続き出演します。ぜひ、ご視聴ください♪


詳細は、こちら!


番組ツイッターは、こちら!


本日のウマニティ飲み会に参加されました方、お疲れちん♪
ぜひ、日本ダービーは当てましょう(^▽^)/。


umanity-nomi.jpg
posted by 山崎エリカ at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

本日の見所(葵S)

2018年 葵S
______

3歳馬のスプリント路線を充実させるために新設された重賞。今年が第1回となりますが、昨年までも2週前にオープン特別として行われていました。

このレースが行われる京都芝1200mの舞台は、スタートしてからしばらく坂を上るため、本来スローペースが発生しやすいのが特徴。しかし、2011年以降は芝1200mの3歳オープン特別以上のレースはここしかないため(今年はマーガレットSが芝1200mに変更)、スピード自慢の馬たちが勢揃いすることが多く、前半からゴリゴリやりあっててハイペースが発生した年もありました。

今年も逃げ、先行馬が多数のメンバー構成。しかし、最内枠に逃げ馬ラブカンプー、2番枠に番手を狙いたいアサクサゲンキ、そして3番枠に積極策を取りたいゴールドクイーンが揃って内枠に入ったことで、隊列がすぐに形成され、ペースがそれほど速くならない可能性もあるでしょう。個人的に差し、追い込み馬が上位を独占するような決着にはならないと見ています。

また、このレースは、デビューからスプリント路線を使われてきた上がり馬よりも、重賞戦線、特にクラシック路線で落ちこぼれた馬が活躍する舞台。今年からこのレースが重賞に昇格したとしても、日本競馬が中距離至上主義である以上、この傾向は大きく変わらないはず。
posted by 山崎エリカ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月19日

本日26時よりラジオ出演

お知らせ
_____

本日土曜日26時より、吉田照美さんと秀島史香さんがDJを務める『Pleaseテルミー! マニアックさん。いらっしゃ〜い』という番組にラジオ出演します。今月初めに収録したものですが、お知らせするのが遅くなってしまいました(;'∀')。


詳細は、こちら!


番組ツイッターは、こちら!


もし、聞き逃してしまった方は、radikoでよろぴこ♪
他の出演者のときに聞いたことがあるのですが、楽しい番組でした(^▽^)/。


tokyofm.jpg
posted by 山崎エリカ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

本日の見所(平安S)

2018年 平安ステークス
____________

かつてはフェブラリーSの前哨戦でしたが、5年前からこの時期に移行し、帝王賞への前哨戦として生まれ変わった平安S。昨年は、グレイトパールの末脚を警戒して、前が飛ばして行ったために、前半4F47秒2-後半4F49秒5の超々ハイペースとなりました。それゆえにこのレースで先バテしたケイティブレイブは帝王賞で巻き返しVを決めたのです。

今年もグレイトパールが出走の一戦。さらにテイエムジンソクを始め、先行馬が集ったメンバー構成。ミツバやグレイトパールのように早目に動くことで、馬場が軽くてもさほど中盤のペースが緩まずのハイペースが予想されます。

展開は、昨年同様にグレイトパールに味方する可能性が高いのですが、何しろ11ヵ月の休養明けでアンタレスSを好走した後の一戦だけに二走ボケが心配。調教の動きがいくら良くとも、ローテーション次第ではぶっ飛ぶことも多々あります。

ここは少々リスクを背負っても、強い先行馬を本命にするのが無難か? グレイトパールの連勝がストップするとすれば、ここと推測されるだけに楽しみな一戦となりました。
posted by 山崎エリカ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月17日

衝撃の中国競馬

なんじゃ、こりゃー!!
___________

非サラブレッド限定戦。
イリという品種のようです。


特別区の香港以外では、
馬券発売が禁じられている中国。

レースは当然、大富豪によるステークスか?

しかし、日本の地方競馬全般よりも高い賞金設定とは、
アイヤー、アイヤー!!!



posted by 山崎エリカ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2018年05月15日

POG2018-2019 公開ドラフト

競馬王×東京サラブレッドクラブPRESENTS
____________________

休憩時間に東京サラブレッドクラブの出資馬の相談に乗るために、私は急きょ、ゲストとして「公開ドラフト」に参加することになりました。昨年、公開ドラフトの週にキャンセルが出たレッドサクヤがエルフィンSを勝つなど、しっかりと結果を出しておりますので、今年の募集馬もまだチャンスがあるはず〜(^_-)-☆

キャンセルはすでに会員さんの方しか出資できませんが、事前に東サラさんのほうに確認いたしますね♪ また、一口クラブにご興味がある方も、お気軽にご相談くださいm(_ _)m。


★イベントの詳細★

【会場】
LOFT/PLUS ONE | ロフトプラスワン
160-0021 新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2
TEL 03-3205-6864

OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥2,000/当日¥2,500(要1オーダー)
※前売券はローソンチケットにて4/7(土)10時発売!
Lコード:32911
販売URLは→コチラ

【出演】パネラー
栗山求(血統評論家)
吉田竜作(大阪スポーツ)
井内利彰(調教捜査官)
グラサン師匠(漫画家)
ケシハタ(編集部代表)
和田稔夫(週刊Gallop記者)
MC・指名馬解説
伊吹雅也(競馬ライター)
ゲスト
山崎エリカ(負けない女)
 ↑
LOFTからコピペしたのですが、なぜか私だけが職業じゃない(笑)。


イベントとは全く関係ないのですが、昨日は年に一度の東京ドームヨガに行ってきました。インスタ映えする弓のポーズ(ダヌラーサナ)を披露しようと思ったのですが、ヨガを3〜4ヵ月お休みしていたら骨盤周りがすごく硬くなっていて安定感もイマイチだったのでやめました(笑)。来年は決めるゾ!(←目標)

芝生の上は、身持ちいいから大人気!
女子の尻に目がいってしまう私は、変態なのか?

yoga.jpg
posted by 山崎エリカ at 04:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年05月12日

本日の見所(京王杯SC)

2018年 京王杯スプリングC
_____________

京王杯スプリングCは、安田記念の前哨戦。また、このレースは、高松宮記念以来の短距離重賞となるために、短距離馬がとりあえず出走してくることが多く、対戦図式は前走・高松宮記念組vsマイル路線組。さらに上がり馬も参戦してくるので、おおよその力関係を知っておくことが重要になるでしょう。近年は、マイル路線のレベル低下に伴い、短距離路線馬の活躍が目立っています。

しかし、高松宮記念の上位馬は、激戦の疲れが抜けきらずに、2014年のコパノリチャードや2012年のサンカルロ、2010年のエーシンフォワードのように、あっさりと人気を裏切ることもしばしば。また、マイル路線の上位クラスの馬は、今回が始動戦になる馬も多く、昨年のサトノアラジン(次走・安田記念V)のように、凡走するケースも少なくありません。だから毎年波乱、大波乱の連続なのです。(過去10年で馬連万馬券が3回)

では、何を狙えばいいか? 上がり馬か前走、近走で凡走していた実力上位馬です。この場合の凡走とは、あくまでもその馬にとっての凡走。本来の能力を出し切れなかった馬を指します。休養明けで凡走、オーバーペースに巻き込まれて凡走、致命的な不利があったなど、もともと今回のメンバーにおいて、能力上位馬であれば理由は何でもいいです。

また、東京はこの開催よりBコース使用となり、昨年のように雨でも降らない限り、前週よりも馬場が高速化することがほとんど。今年も良馬場、超高速馬場で内枠からトウショウピストが楽に逃げるのであれば、スローペースが濃厚。前を意識して動いて行ける馬、決め手上位の馬が有力になるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2018年05月06日

本日の見所(新潟大賞典)

2018年 新潟大賞典
_________

春の新潟開催を代表する新潟大賞典。このレースは、ここをステップに宝塚記念へ向かう馬もいれば、来月の鳴尾記念やエプソムC、その先のサマー2000シリーズを目指す馬もいて、中距離路線のG3としてはレベルが高くなることがほとんど。今年も昨年の大阪杯2着馬ステファノスや直近でG3級を超える指数をマークしている馬が出走しており、豪華な顔ぶれとなりました。

また、このレースはステップレースらしく、しばしば休養明けの馬が出走してきます。しかし、さすが好メンバーだけあって、格下の休養明けの馬はほとんど通用していません。休養明けでも通用しているのは、昨年の2着馬マイネルフロストや一昨年の勝ち馬パッションダンス、2着馬フルーキー、2015年の2着馬ナカヤマナイトのように、重賞で上位の実績のあるタイプが多いです。

さらにこのレースは、超高速馬場でストレートの長い新潟芝2000mが舞台。こういった条件下では、先行〜中団からもうひと脚、速い上がり3Fタイムでまとめてこられる馬が有利。極端な中緩みが生じた2009年のこのレースでは、追い込み馬のオースミグラスワンが上がり3F31秒9という、驚く数字で直線一気を決めたことがあまりに有名ですが、追い込み馬は、このレベルとまではいかずとも、33秒を切るか、切らないかの末脚を使える馬ではないと厳しいでしょう。

新潟は昨日、雨の影響を受けて時計を要していましたが、本日は馬場が回復して、高速化してくるはず。先行〜中団からもうひと脚、そしてハンデが重すぎない馬を本命馬に据えたいものです。ここにフォーカスすると、本命にすべき馬が絞れますね♪
posted by 山崎エリカ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所