2018年04月26日

死闘のニュータカラコマ

やっと受け入れたよ
_________

先月のばんえい記念は、ニュータカラコマが倒れた途中でテレビ消しちゃって、最後まで見なかったけど、さっきやっと見れたよ。

ばんばは、第二障害でパタリと倒れて、死んだふりをすることが間々あります。さっきまで動かなかったくせに、ソリを外すとケロリと立ちあがり、何事もなかったかのような涼しい顔でにおうちに帰える。


舐めてんのか、ゴルァ!
ってのがあるんです。

ニュータカラコマもケロリとおうちに帰ったと思うことにしてたけど、帰ってなかった……。

第一障害を手こずったとき、いつものニュータカラコマではなく、第二障害を苦戦しながらも、降りれた時点で驚きだったけど、やっぱり苦しかったかー。トップクラスの馬は真面目だから、いつも限界LOVERS。




能検で敗れて肉になるか、限界まで走るか?

ばんばを生産すること自体が問題があるという意見もあるけど、そうすれば、生産する者やこの生き物たちに自由はないのかという話になる。

もちろん、これを動物虐待と発言する人にも自由がある。
posted by 山崎エリカ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る