2018年04月21日

本日の見所福島牝馬S)

018年 福島牝馬S
_________

春の福島開催の締めくくりを飾る福島牝馬S。一応、阪神牝馬Sと並ぶヴィクトリアMのトライアルレースですが、本番にはほとんど繋がっていません。G2の阪神牝馬Sと比べてレベルが低いからでしょう。ただし、今年は阪神牝馬Sも行った、行ったの凡戦(PP指数上も凡戦)だっただけに、本番に繋がるかは「?」。もし、通用するとすれば、もともと強い馬が巻き返すパターンでしょう。

また、阪神牝馬Sがヴィクトリアマイルの前哨戦らしくスロー〜平均ペースよりになりやすいのに対して、こちらは平均ペース〜ハイペースになりやすいのが特徴。これは決め手よりも先行力を生かしたい馬が多く出走してくるもの理由ですが、1コーナー手前から下り坂、2コーナーの途中から上り坂という福島1800mのコース形態も影響しているはず。

前半の下り坂でペースが上がって、2コーナーを過ぎて一度ペースが緩んだ後、3コーナーからじわじわとペースが上がっていくのがこのコースの特徴。なぜ、3コーナーから動いて行くのかというと、最後の直線が短く、4コーナーの急カーブで外に膨らんでしまうと、そのロスを取り戻すのが難しいからです。

よって、全体の傾向としては逃げ馬よりも差し馬が有利だし、良馬場ならば、福島3週目からBコース仕様ということもあり、内枠(3〜4コーナー内々を立ち回れる馬)有利です。今年もスタートが速いカワキタエンカがハナを切るのでしょうか、前へ行くことでしか持ち味が生きないノットフォーマルがどう絡んでくるか?

もちろん、カワキタエンカは昨年のローズSでオーバーペースで逃げて、リスグラリューやモズカッチャンなどを撃破したほどの実力馬。しかし、この馬は休養明けの洛陽Sでオーバーペース、それも馬場の悪い内を通って10着に大敗したことが、前走の中山牝馬Sの好走に繋がたのも確か。前走のように単騎で逃げられないとやや厳しいようにも感じます。

カワキタエンカは強いですが、福島の最終週らしくやや時計が掛かる上に、平均ペース以上が濃厚のここでは全幅の信頼が置けないというのも本音。差し馬を本命にするのがベストでしょう。個人的には人気薄の差し一発を狙ってみたい一戦です。
posted by 山崎エリカ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所