2018年02月12日

本日の見所(クイーンC)

2018年 クイーンC
__________

近年、桜花賞の前哨戦の意味合いが強まったクイーンC。桜花賞への第一ステップがチューチップ賞ならば、第二ステップはクイーンCと言ったところ。昨年のアドマイヤミヤビや一昨年のメジャーエンブレムのように、ここを勝って桜花賞へ直行するケースが多いです。

これは桜花賞よりも距離が短いフィリーズレビューを前哨戦に使って、桜花賞で前に行く厳しい競馬をするよりも、同距離のクイーンCを使うことで、チューチップ賞組と互角に戦わせたいという陣営の意志の表れでもあるでしょう。また、社台系一色ムードの近古、一軍はチューリップ賞、二軍はクイーンC、短距離馬はフィリーズレビューと勢力分散を図っている一面もあります。

このため前走短距離組がクイーンCに出走してくるケースがとても少なく、大半がマイル路線組。それも末脚を生かしてマイル路線を勝ち上がって来た馬ばかりが集うために、逃げ馬不在の状況が非常に作られやすくなっています。3年前のクイーンCのように、内枠の差し馬ダノングラシアスが包まれないように出していったら、他馬が競って来ず、まさかの逃げる展開になるなんてことも…。

逃げ馬不在で、本来は逃げ馬ではないまさかの馬が逃げることがあるレースなので、このレースでの逃げ馬の活躍はイマイチ。しかし、逃げ馬不在によって、東京芝1600mとしてはペースに緩みやすい状況が発生するので、先行勢が息を入れるポイントが少ないこのコースにして先行馬が活躍しているのも事実。

今年も逃げ馬候補が少ない上に、決め手がなく前に行きたいライレローズやツヅミモンが揃って外枠に入ったとなると、本来は逃げ馬ではない内枠の馬が逃げる可能性が高いでしょう。逃げるのは、逃げ馬不在のレースでは逃げることが多い、田辺騎手&テトラドラクマか? 芝をこなせた場合のアトムアストレアか?

どの馬が逃げるにしろ、逃げ切りV経験のない馬たちばかりなので、レースが平均よりもスローペースよりの流れになる可能性大。今年はアドマイヤミヤビのように強烈に切れる脚が使える馬がいないこともあり、本命馬は先行馬から選びたいところです。
続きを読む
posted by 山崎エリカ at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所