2017年12月16日

本日の見所(ターコイズS)

2017年 ターコイズS
__________

一昨年より重賞に格上げされたターコイズS。マイル戦ですが、秋華賞やエリザベス女王杯組などの中距離路線組が多数参戦し、対戦図式は中距離路線組vsマイル路線組。主力が中距離の重賞路線組ということもあり、マイル路線で逃げて結果を出してきたペイシャフェリスが楽にハナを主張できる可能性が高いメンバー構成となりました。

ペイシャフェリスが外枠の分、内枠の有力馬がある程度は積極的に出して行くでしょうが、それらも本質的には決め手を生かしたいタイプ。ペース上がり切らずに、スローペースなる可能性が高いでしょう。

また、この舞台の中山芝1600mは、最初の2コーナーまでの距離が約240mと短く、2コーナーは急コーナー。この急コーナーで内々を確保しないと、ずっと外々を回らなければならない円状のコース。ペイシャフェリスが内に切り込んで、エテルナミノルやディープジュエリーがそれについて行く形となると、今回で一番の実績馬ラビットランは実質外枠の競馬をすることになるはず。

ラビットランは、芝路線に転向して花開いた馬。デビュー5戦目、芝2戦目でローズSを勝つような馬ですから、G3のここなら素質も能力も申し分ありません。ローズSは、カワキタエンカが淀みないペースで逃げたことで、展開に恵まれ、高指数をマーク。次走の秋華賞では、もう一度、カワキタエンカがハイペースで逃げたことで展開に恵まれながらも、疲れが出て勝ち切れない形。

ラビットランは、G1戦で展開に恵まれてある程度走っている以上、良いローテーションとも言えませんが、悪いとも言えない状況下。今回であっさり勝たれても不思議ありませんが、どう考えても展開が合わないので、その辺は割り引く必要があるでしょう。本命◎は、もう少し前と内を意識できる馬がいいなあ〜と考えていたら、すごく穴馬になりました。近走凡退もしっかりとした敗因があるので、巻き返せると見ていますが、果たして!? 今年のターコイズSは、大波乱の結末に期待です。
posted by 山崎エリカ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所