2017年11月23日

浦和記念の予想

ジャパンダートダービーのレベルは?
ヒガシウィルウィンの取り扱いが予想のポイント
______________________

暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズCが行われ、中央のトップクラスはそちらに出走するために、G2としては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してきます。

過去10年の優勝馬を見ても、2009年ブルーラッド、2011年ボランタス、2014年サミットストーン、2015年ハッピースプリントと地方勢が4勝を挙げ、2着も地方勢が6度も入線しています。近年のダートグレードは中央勢が圧倒的。特に古馬の中距離路線は中央勢が席巻する中で、地方馬のこの活躍は驚異的なレベル。

実は、南関東を始めとする地方勢がここを大目標にするのには、もうひとつの理由があります。今年こそ既にG1・ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンの『NRAグランプリ』(地方競馬全国協会が主催)年度代表馬が確定的ですが、例年は、地方のG1馬が不在のため、G2のここを勝てば年度代表馬に選出される可能性が高いからです。

それでは中央馬も含めて、どのような馬がこのレースで勝ち負けしているのかというと…。


続きは、こちら!


予想は、こちら!
posted by 山崎エリカ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

ウマニティ@競馬好き飲み会

急きょ参戦することになりました
_______________

ジャパンCの前日ということで悩んでいたのですが、今週11月25日(土)の19時〜行われるウマニティ@競馬好き飲み会に参加することが先週決定しました。

南関東の船橋からは、中野省吾騎手、仲野光馬騎手の「Wナカノ」が、川崎からは、山崎誠士騎手&裕也調教師兄弟、大井からは千田洋騎手が参加します。浦和は残念ながら、騎手会の旅行で参加ナシです( ノД`)シクシク…。


他の参加者&詳細は、こちら!


なかしょーは、もし騎手になれなかったら「お菓子を作って、お菓子の国に住んでいた」と語る不思議ちゃん。彼と話すと植物が生い茂る森で新種の生物に遭遇したような気分になれます。噂によると絵画が相当うまく、多くの人は彼を「アーティスト」あるいは「天才」と表現しますが、私の中では『となりのトトロ』です。初めて会ったときは、「あゝ、トトロをみつけてしまった」と思いました(笑)。

仲野光馬騎手は、私の本命◎が彼と一致すると穴馬でも勝ち負けになるのー。先週のマイルCSもペルシアンナイトも「これしかないよねー」ってLINEでやり取りしていたら勝ちました。ここでは綴りませんが、競馬観がとても面白い人。もし、ジャパンCの本命馬が一緒なら、軍資金アップだね(∩´∀`)∩ワーイ。

また、山崎裕也調教師とは、今年のセレクトセールの帰りに飲みました。中央から転入してきた馬を走らせる工夫、試行錯誤の話がとても面白かったです。ていうか、このパターンの山崎厩舎の転厩馬は走る、走らないがほぼわかっちゃいました。感覚ではなく、理詰めなので(笑)。また、蹄鉄が一番発展している米国では、今どういうものを使っているのかや日本の蹄鉄の問題点も教えてもらいました。興味がある方は、直接、本人に聞くことをオススメします!

山崎誠士騎手や千田洋騎手とは話したことがないので、今回話してみるつもり。今、競馬で点でしか見えていないものが、誰かと話したことで一本の線で綺麗に繋がって、理論として構築されるってことがあるじゃない。知識が知力に替わる瞬間ってやつ。知識はクイズ王を目指すならばともかく、社会を生き抜くには実用的ではないけれど、知力はものすごい戦力になります。

知力の高い人――。総じてそのタイプが人生の勝者ではないでしょうか。あえてオーバーに表現すれば、競馬に限らず、パーティーや飲み会はコミュニケーション作りだけではなく、人生の勝者になるためにあるんだなぁ〜と思う今日この頃です。まだ少し残チケットがあるようなので、予定のない方は、競馬好き飲み会に参加して下さい♪


前回のウマニティ10周年パ―ティーの写真。

“ウマジョ”に拘りはないけど、会場にいる女子だけで撮ってみました!
ともみんは、わずか半年くらいでママか!?

umajyo.jpg


「一緒に写真撮ろう」と言いながら、スマホを出さない岡村信将プロ。
あの〜、普通さ。写真を求めたほうがスマホ出すよね?
時々、意味わかんない!(笑)。

okamuranobuyuki.jpg
posted by 山崎エリカ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ