2017年10月04日

東京盃の予想

逃げ馬が揃った一戦。
今年も差し馬優勢か?
__________

3日間連続で行われるダートグレード第2弾は、JBCスプリントの前哨戦となる東京盃。スプリントのダートグレードは、年間をとおしても数多く行われますが、G2は上半期のさきたま杯と下半期のこのレースのみ。東京盃はJBCスプリントの前哨戦の上に、下半期では唯一のG2になるので、交流重賞路線の上位馬やプロキオンSの上位馬、芝の短距離からの路線変更馬など、ハイレベルなメンバーが集結します。

とにかく様々な路線からメンバーが集結するこのレースは、上がり馬の存在に悩まされることもしばしば。2011年には、前走クラスターC・3着のラブミーチャン(8番人気)が、このレースで2着に粘って、馬複万馬券を演出したこともありました。

しかし、この年がどういうメンバーだったかというと、前年のJBCスプリントの勝ち馬不在、2着のナイキマドリードは、休養明けの前走オーバルスプリントで大敗するなどのスランプ期。1番人気には、4連勝目でさきたま杯を優勝した休養明けのセイクリムズンが1番人気に支持されるなど、荒れる要素が満載。いかにも上がり馬に「好走してください」と言わんばかりの状況下でした。




さて、前走の北海道スプリントCを逃げ切り勝ちしたニシケンモノノフ、何が何でもハナを主張したいトウケイタイガー、出遅れ癖があるもののまともならスタート速いコーリンベリー、さらに前走のキーンランドCでレースメイクしたナックビーナスがダート戦の今回でどうでるかと言ったところ。ここまで逃げ馬が揃えば、前半3F34秒台は確定的か? 場合によっては、33秒台の超オーバーペースが発生する可能性も、十分にあるでしょう。


posted by 山崎エリカ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想