2017年07月12日

セレクトセール@本当に裁判?

前代未聞の事件??
_________

今年もセレクトセールへ行ってきました。
そして興味深い事件を目の当たりにしました。

なんと!
上場番号45番のラストグルーヴの2016が
セリの途中なのにバックヤードでポージングしていたの。
しかし、カメラマンは集まって来ない!


えええ??? どういうこと?


不思議に思って、セリ会場に戻ろうとすると
ダノンのオーナーさんがセリの関係者に向かって
「裁判にするぞ!」と激怒。

どうやらダノンさんがセリ落としたと思ったのに
スポッターのミスによる再入札という形でセリが続いていて、
結果、鬼塚義臣さんが落札する形になった模様。

セリは規約上、スポッターのハンマーが落ちたら、
いかなる事情があっても「確定」ってことになているけど、
一連の状況から勘違いしても不思議じゃないのでは?

確かに一度モニターが落札の画面に切り替わったし、
馬は落札後のようにカメラマンが来るのを
待っているという状況でした。

ダノンさんが激怒するのも当然だし、
出品者の山本英俊さんだって嫌なはず。

小さなセリでこういうミスがあった場合、
また無効にしてやり直しするけれども、
今回は1億2500万円で鬼塚さんの落札確定。

大切なお金、
それもミリオンものお金が絡んでいるのに
さすがにそれはないんじゃないの(?)と思いました。

まあ、最終的には和解の形になると思うけど、
個人的に誰の名義で出走するかが気になります。

ミリオンホースなのに、あまり人が集まらない
ラストグルーヴの2016

Lastgroove2016.jpg
posted by 山崎エリカ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

ジャパンダートダービーの予想

ユニコーンSの勝ち馬サンライズノヴァ
ノンコノユメになれるか、それとも……
___________________


3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。南関東の馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、クラシックの最終戦となります。また、このレースは東京ダービーと同舞台で行われることや、JRA勢よりも地方勢のほうがレース経験が豊富なため、南関東馬の活躍がなかなか目立っています。


過去10年で南関東馬が勝利したのは、2007年フリオーソ、2010年マグニフィカ。2着入線馬は、2007年アンパサンド、2014年ハッピースプリント。この4頭の共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。


しかし、マグニフィカが勝利した2010年は、JRA勢が手薄の上に、東京ダービーの1,2着馬が不出走という背景がありました。東京ダービーの勝ち馬マカニビスティーは、主催元のルールにひっかっかり出走叶わず。2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で競走除外になったのです。マグニフィカは東京ダービーの3着馬。逃げるとしぶとい馬ではありましたが、東京ダービーの上位2頭が開けた穴を埋める形で勝利した感もあります。


他に東京ダービーの3着馬は、2008年のこのレースでコラボスフィーダが7番人気で3着入線したこともありましたが、その年もレベルが低い年。南関東馬を狙うに当たっての一応の基準は、「前走の東京ダービー2着以内」と考えたほうがいいでしょう。


逆にJRA勢は、どのような馬が有力かというと……。






posted by 山崎エリカ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想