2017年01月08日

本日の見所(シンザン記念など)

2017年 フェアリーS、シンザン記念
_________________

●フェアリーS

関東圏では数少ない3歳牝馬の重賞。桜花賞と同距離でありながら、阪神ジュベナイルFが終わった直後の一戦ということもあって、トップクラスの参戦は稀。遅れてデビューした大物は、ここではなくシンザン記念に出走することも理由のひとつでしょう。とにかく2勝馬の参戦は、ほとんどありません。

例年、ほぼ500万下レベルのメンバー構成。500万下を勝てる能力があれば通用することが多いですが、今年は新馬戦で素質の一端を見せた馬が1頭出走してきています。それがここを突き抜けて圧勝なら、この先のクラシックで通用する可能性もあるでしょう。

また、このレースが行われる中山外回りの芝1600mは、スタート地点が高低差5.3mの最高地点となる1コーナー横のポケット。そこから2コーナーまで緩やかに坂を下って、向こう正面で約4.5mの坂を駆け下りるコースです。この坂は、レースの3-4F地点。ここで息を入れるか入れないか、加速がつくかつかないかで、スローペースかハイペースかの明暗が分かれることが多いです。

この時期の3歳馬は体力がないので、坂で仕掛けて行かない馬が多く、結果として前残りになるケースがしばしば。これまでも2013年のクラウンロゼ(10番人気)、2015年のノットフォーマル(11番人気)、、2016年のビービーバーレル(3番人気)など、逃げ馬が穴を開けてきました。(未勝利戦が圧勝のビービーバーレルは順当だったかもしれませんが)

ただ、今年は逃げ馬ツヅクがスローペースで逃げ切れなければ、ハイペースで逃げてみる江田照騎手なので、極端なスローペースは考えにくいものもあります。雨が降ればなおさらでしょう。平均ペースよりの流れで、意外と紛れなく素質や実力どおりに決まると見ていますが果たして? 馬券を絞るために、すでに底を見せているような実績馬は切り捨て、実は素質がありそう、成長力がありそうという馬を積極的に狙いたいレースです。


●シンザン記念

先日の京都金杯の決着タイムは、1分32秒8の例年どおりの好タイムでしたが、上り3Fが35秒2も要したように、この時期の京都としては時計を要しています。その上でさらにひと雨降る(降ってる?)となると、京都らしい決め手勝負は期待できないでしょう。

もともと京都外回り芝1600mは、ちょうど中間地点に坂を挟む形となり、物理的にここでペース調整が起こるため、極端なスローペースは発生しづらい舞台ですが、前走で芝1200mを逃げ切ったメイショウゾンビを始めとする、前走短距離組が多く出走してくるとなると、けっこうペースが上がりそうです。

主軸は、自然とオーバーペースに巻き込まれることなく、好位で競馬をすることが出来る、マイル組か芝1800mで前々で立ち回って結果を出して来た馬ではないでしょうか。能力の断層がはっきりと出ているレースなので、本命馬を間違えずにしっかり当てたいレースです。
posted by 山崎エリカ at 08:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 今週の見所