2016年12月17日

本日の見所(ターコイズS)

2016年 ターコイズS
__________

昨年からは重賞に格上げされたターコイズS。同時に、一昨年までこの時期に行われていた愛知杯が1月に繰り下げられ、出走馬の質はかつての愛知杯レベルです。マイル戦ですが、前走芝2000mの秋華賞組や福島記念組が多数参戦し、対戦図式は中距離路線馬vsマイル路線組。逃げ候補が多い一戦ですが、それらが中距離路線馬ばかりなので、そこまでペースが速くなることはなさそうです。

また、この舞台の中山芝1600mは、最初の2コーナーまでの距離が約240mと短く、急コーナーなので内枠が断然有利のコース。2コーナーで内々を確保しないと、ずっと外々を回らなければならない円状のコースだけに、平均ペースを想定するならば、内枠先行馬が有利です。よって、馬券は前を中心に馬券を組み立ててみました。

逃げ馬不在の昨年は4F48秒4のスローペースで流れて前が残りましたが、今年は何が逃げるにしても47秒台半ばではないでしょうか。それくらいのペースならば、メンバー的に見ても前が踏ん張れるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所