2016年12月29日

東京大賞典の予想

チャンピオンズCは怪しい結果
オーラスはヒモ荒れ期待の2点勝負
________________

地方競馬もクライマックス。いよいよ年の瀬恒例の一年の総決算、東京大賞典が行われます。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いてチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化レースでもいいはずなのに、東京大賞典のほうがハイレベルになることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(コースの癖が少ない大井外回り2000m)で行われることです。

実際に東京大賞典よりも少しだけ賞金が高いチャンピオンズCをピークに仕上げて、展開が合わなかった…、外枠で外々を回った…などの理由で取りこぼすよりも、紛れが生じることが少ないこの舞台で、順当に勝ち上がりたい、賞金を加算して来年度に繋げたいと考えている陣営も多いようです。また、このレースはG1・3連発の最終戦となるので、自然と成績が不安定になりやすい休養明け1〜2戦目の出走馬が少なく、実績馬が実力を出しやすいというのもあります。




posted by 山崎エリカ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年12月28日

12月28日、29日はTCKに来てね!

今年も場立ち予想やります!
_____________

こっそり東京大賞典の予想を聞くというのはアリ!
そのかわり当たったら、ばんえい競馬の馬券を買って下さい(笑)。


ooi_event_POP_1612.jpg
posted by 山崎エリカ at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

兵庫ゴールドトロフィーの予想

ドリームバレンチノは、今年もハンデ59.5sを克服できるか?
____________________________

兵庫ゴールドトロフィーは、ダートグレードでは数少ないハンデ戦で行われるレースです。中央馬と地方馬のハンデ差が大きく、今年もドリームバレンチノが59.5sを背負います。対して地方勢のハンデは軽く、同年のダートグレードで連対実績がなければ、ほぼ51〜54kgで出走することが出来ます。

このためこのレースは、地方勢の活躍が目立ち、穴を開けることがしばしば。過去10年で1着こそないものの、6年連続で地方馬が3着以内に入線しているのです。確かに過去1年以内にのダートグレードで3着以内の実績があった2010年のラブミーチャン・3着、2012年のオオエライジン・3着、2015年・ポアゾンブラック・3着の活躍は当然かもしれません。デビューから無敗、地元園田の2011年オオエライジン(一度目の挑戦)も、3着と通用して当然でしょう。


しかし…


posted by 山崎エリカ at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年12月25日

クリスマス最後の動画

素敵なストーリーです!
__________

大好きなうまたせ!くん、
ウマタセーヌちゃんとともに
大きくて怖いのから逃げてみましたきらきらきらきら


TCKに著作権を請求されたらどうしよ〜(笑)


サンタに願いを!
ジーザスに祈りを!
スノーマンには光るハート光るハート




snowman.jpg
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る

本日の見所(ホープフルS)

2016年 ホープフルS
__________

2年前にラジオNIKKEI杯2歳Sを引き継ぐ形で創設されたG2のホープフルS。1着馬の賞金が6700万円(昨年まで6500万円)も用意されているというのに、例年、メンバーが手薄。これは朝日杯フーチュリティSが、枠順による有利不利のない阪神で行われるようになったことも影響しているでしょう。

近年、クラシック候補は、朝日杯フーチュリティSを積極的に出走してくるようになり、朝日杯フーチュリティSのレベルアップとともにホープフルSは手薄。今年もフェイクっぽい馬たちが集いました。

例えば、断然1番人気のレイデオロ。葉牡丹賞で4コーナー10番手からゴボウ抜きした末脚から、下馬評では怪物のように取り扱われています。確かに素晴らしい馬体の持ち主で、自分のPOGの所有馬でもありますが、個人的には葉牡丹賞の内容で、クラシックは絶望的に感じました。エンジン点火が遅く、要所で動けない――。動けない馬に仕掛けが遅いルメール騎手だから、余計にズブさを見せている感じがします。

昨年のこの時期の中山であれば、問答無用に消しでしたが、今年は昨年以上に時計が掛かっているというのは、この馬を後押しする材料でしょう。ただ、個人的にはあまりペースが上がりそうもないメンバー構成だけに、差し損ねに期待してみたいです。3着以下に敗れれば、高い配当が見込めるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年12月24日

本日の見所(阪神C)

2016年 阪神C
_______

阪神Cは、年の瀬を盛り上げようと「短距離路線の有馬記念」という触れ込みで始まったレースです。G2では札幌記念に次ぐ賞金が用意され、ホープフルSと並んで今年の1着賞金は6700万円。創設当初は札幌記念と同額の賞金が用意されていました。

しかし、スプリント路線やマイル路線の上位馬は、その2倍以上の賞金が用意されている香港スプリントや香港マイルへ向かうため、同年のスプリンターズSの勝ち馬やマイルCSの勝ち馬が、ここへ出走してくることはありませんでした。

しかし、今年は珍しく、同年のマイルCSを制したミッキーアイルが出走してきます。ただ、ミッキーアイルは前走のマイルCSで、最後に苦しくなって降着になっても驚けないほどの斜行をした後の一戦。今回での余力は「?」です。

さらに阪神芝1400mは、最初の3コーナーまで約443mと長く、ペースが上がりやすいコース。特にミッキーアイルのように折り合いに課題のある逃げ馬は、早めのコーナーで息を入れたいところですが、それが叶うコースではありません。

しかも、金曜日の六甲アイランドS(準オープン・芝1400m)で前半34秒1-後半3F36秒6のハイペースで1分22秒4も要したタフな馬場を考慮すると積極的には狙えないでしょう。よって、馬券は差し馬が中心で組み立てました。
posted by 山崎エリカ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2016年12月23日

Happy Holidays!

男顔すぎて悲しい!

_________


こわ〜いものが見たい方はどうぞ(笑)。


↓動画です♬




cangnamstyle.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月22日

予想家総選挙にご協力を!

netkeibaの面白企画
_________

告知するのを忘れちゃってましたが、netkeibaさんでAKB総選挙ならぬ『予想家総選挙』を行っています!

抽選で投票した予想家さんの有馬記念馬券(◎本命の単勝1,000円分)がもらえるので、できれば私に(笑)投票して頂けると嬉しいです (* ̄∇ ̄*)エヘヘ。


ちなみに有馬記念は、自信ありです!
一応、「勝負R」に指定する予定です!


本命馬はもちろん、キタサンブラックではありません。


投票はこちら!

(2/22 18時00分〆切)
posted by 山崎エリカ at 18:00| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ

もうすぐ、クリスマス!

ムービーでどうぞ!

------------------


スマホから見られるようになりましたきらきらきらきら


>Jさん
最初のよりは、大きく見れます!




fun.jpg
posted by 山崎エリカ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年12月17日

本日の見所(ターコイズS)

2016年 ターコイズS
__________

昨年からは重賞に格上げされたターコイズS。同時に、一昨年までこの時期に行われていた愛知杯が1月に繰り下げられ、出走馬の質はかつての愛知杯レベルです。マイル戦ですが、前走芝2000mの秋華賞組や福島記念組が多数参戦し、対戦図式は中距離路線馬vsマイル路線組。逃げ候補が多い一戦ですが、それらが中距離路線馬ばかりなので、そこまでペースが速くなることはなさそうです。

また、この舞台の中山芝1600mは、最初の2コーナーまでの距離が約240mと短く、急コーナーなので内枠が断然有利のコース。2コーナーで内々を確保しないと、ずっと外々を回らなければならない円状のコースだけに、平均ペースを想定するならば、内枠先行馬が有利です。よって、馬券は前を中心に馬券を組み立ててみました。

逃げ馬不在の昨年は4F48秒4のスローペースで流れて前が残りましたが、今年は何が逃げるにしても47秒台半ばではないでしょうか。それくらいのペースならば、メンバー的に見ても前が踏ん張れるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所