2016年11月23日

兵庫ジュニアグランプリの予想

中央のダート2勝馬が優勢も…
______________

浦和記念が終わったばかりですが、今度は全日本2歳優駿の前哨戦、兵庫ジュニアグランプリが行われます。2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢、次のG3・北海道2歳優駿は、過去10年で地方馬が5勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2007年〜2016年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との大勢逆転が起こります。

なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、中央では10月よりダートの500万下が本格的にスタートし、キャリアを積んで大きな上積みが見込めない地方馬vs中央の2勝馬という対戦図式が作られるからです。この時期の中央の2勝馬というのは、キャリアの浅い時点で交流重賞か500万下を勝ち上がっている素質馬が多いですから、それらがさらなる上積みを見せる形で、地方馬を撃破するという形です。




今年は、2014年ほどの大波乱とまではならずとも、中波乱はあるでしょう!


posted by 山崎エリカ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬を語る