2016年09月25日

本日の見所(オールカマーなど)

オールカマー、神戸新聞杯
____________

●オールカマー

オールカマーは、天皇賞(秋)の前哨戦のひとつ。ローカルの延長戦上のように、夏場を順調に使われてきた馬が穴を開けることもありますが、基本的に休養明けの実績馬(特に宝塚記念組)が活躍するレースです。

私自身は夏場を順調に使われて来た穴目の馬を積極的に狙うタイプですが、今年はそのタイプの馬の出走が少なく、PP指数の能力値5位以内にランクインするのはツクバアズマオーのみ。確かにツクバアズマオーは、ウッドチップではあまり時計を出しませんが、今回では時計を出したあたりにここへ来ての充実度が窺えます。

しかし、重賞ウイナーたちが相手となると、能力の最高値が不足していることは否めません。おそらく今回で自己ベストの走りを見せてくれることは想定できるのですが、勝ち負けまでに持ち込めるかは「?」です。走っても3着くらいのイメージが拭えないので、ここは今回が始動戦となる実績馬を狙いたいです。


●神戸新聞杯

ニエル賞ではマカヒキが、セントライト記念ではディーマジェスティが結果を出し、「ダービー上位馬強し!」を証明しました。しかし、マカヒキのニエル賞は一線級が不在で勝って当然の相手だったし、ディーマジェスティのセントライト記念もゼーヴィントにクビ差まで迫られたように、しっかりと日本ダービーとの比較で指数を下げています。

なんだかんだ目標が先の休養明けの実績馬を狙うのは、リスクが伴うもの。しかも、先週のセントライト記念のディーマジェスティのように、神戸新聞杯は指数上サトノダイヤモンド1強の構図ではありません。ダービー上位馬はもちろんのこと、夏場を順調に使われた馬たちが強いのです。

ただ、サトノダイヤモンドは、先行して押し切れる強さもあれば、後方から決め手を生かす強さもあり、決定的な弱点がない馬。さらに体も大きいので、皐月賞でスピードに乗せたところで、早め先頭に立ったリオンリーズの外ヨレを回避したエアスプネルにぶつけられても衝撃で大きく後退することもなく、すぐに立て直せる強さもあります。

サトノダイヤモンドは、大崩れする可能性も低いと見ていますが、個人的には夏場を順調に使われた長距離適性の高い馬を本命視したいレースです。サトノダイヤモンドが1強の構図ではない以上、十分チャンスがあるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所