2016年09月09日

明日の見所(紫苑S)

2016年 紫苑S
_______

紫苑Sはもともと秋華賞のトライアルレースでしたが、今年からG3に格上げされました。これまでは翌週のG2・ローズSにトップクラスの馬が殺到し、オープンの紫苑Sはメンバーが手薄という傾向が続いていましたが、紫苑Sの賞金が高くなったことで、これまでよりも勢力が分散されるはず。一昨年にこのレースの2着馬ショウナンパンドラが秋華賞馬になりましたが、今後はより秋華賞へと繋がるレースになることでしょう。

また、秋の中山の開幕週だけに馬場状態が気になるところ。昨年は台風18号の影響で前週の日曜日から木曜日までに降水量350mを超え、紫苑Sでも追い込みが決まったように、開幕週から時計を要していました。もちろん、エアレーションやシャッタリング作業の影響もあったでしょう。今秋もエアレーションやシャッタリング作業を行っているだけに、さすがに行った、行ったが決まるような超高速馬場ではないはずですが、昨年ほど時計を要すことも考えづらいでしょう。

今年は、オークス3着のビッシュに注目がありますが、世間で言われているほど悪い騎乗ではなかったような? 確かにオークスのビッシュは早仕掛けであり、同馬の早仕掛けが、オークス1着シンハライトや2着チェッキーノを楽な競馬をさせる結果になりました。しかし、14番枠にもかかわらず、デムーロ騎手らしくうまく道中内々に入れて、3コーナーでは後方勢が外から追い上げていく中で、ビッシュは内々。内々で脚をタメることと引き換えに早仕掛けをしているので、まあ、順当な結果だったのではないでしょうか。

そもそも今年のオークス自体がレベルがやや低調な上に、実績馬は今回が始動戦。上り馬にも大いにチャンスがあるし、別路線組でも成長次第ではチャンスがあるでしょう。ビッシュもキャリア4戦にしてオークス3着ということ自体は評価が出来るのですが、過大評価も禁物といったところでしょう。
posted by 山崎エリカ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所