2016年09月07日

凱旋門賞まであと25日

思い出の凱旋門賞
________

もうすぐ凱旋門賞ということで、今週から凱旋門賞のことを少しずつ更新して行きたいと思います! 今年からインターネット投票のみですが、日本でも馬券が買えるので、より盛り上がること間違いない(*´□`)ゞデシッ!!

まず、出の凱旋門賞から。みなさんも思いの詰まった凱旋門賞があればコメントしてねっ☆


★思い出の凱旋門賞・第3位★

2015年 勝ち馬:ゴールデンホーン



エピソード

トレヴの凱旋門賞3連覇が期待される中、勝ったのは愛チャンピオンSの勝ち馬ゴールデンホーン。鞍上のデットーリ騎手が、外から逃げをチラつかせながら、フリントシャー&ニューベイ陣営のラビットであるシャアのペースを引き上げさせ、シャアとフリントシャー&ニューベイの間の絶好位(2番手)に入り込むという、奇才な騎乗を見せてくれました。

これは敵陣営のラビットに心理的プレッシャーをかけて、自分のラビットのように利用したもの。これは事前に用意された作戦の中の、ひとつを実行したそうです。凱旋門賞は強いだけでは勝てない、巧みに練られた作戦をいくつか用意し、状況に応じてそのひとつを実行しなければ勝てないと、改めて実感させられた瞬間でした。


★思い出の凱旋門賞・第2位★

2013年 勝ち馬:トレヴ



エピソード

オルフェーヴルの今度こそ1着が期待される中、勝ったのは3歳牝馬トレヴ。近年のロンシャンは高速馬場で、フォルスストレートでやたらと馬群が密集することから、個人的に追い込み馬ならばフォルスストレートで動いて先団までポジションを押し上げるのもありなのではないかと思っていました。京都外回りコースで追い込み馬が2週目の向こう正面で動いて先団までポジションを押し上げるのと似たようなものです。

それを見事にやって除けたのがトレヴ。これまでの凱旋門賞の乗り方の常識を覆しました。これだけの勝ち方の大ヒントを与えてくれているのに、その後の凱旋門賞で日本馬が上手く生かせてないのが残念。トレヴの2連覇目のときに、鞍上のジャネル騎手が「日本勢は戦術がなさすぎる」とコメント。至極ごもっとも(笑)。


★思い出の凱旋門賞・第1位★

1999年 勝ち馬:モンジュー



エピソード

この凱旋門賞はエルコンドルパサーが勝つ可能性が高いと思っていました。「花の98年世代」と言う言葉があるように、このあたりの世代の日本馬のレベルは超ハイレベル。欧州の古馬勢は低レベル。エルコンドルパサーがサンクール大賞典で降した相手関係から考えても、敵は3歳世代である追い込み馬のモンジューだけ。

しかし、凱旋門賞当日は、日本で言うところの不良馬場。馬場が悪いとワンペースになりがちなので、3歳馬の斤量のアドバンテ―ジはほぼない上にモンジュー陣営のラビットが出遅れ。外からレジェーラなどの敵陣営に被せられ、高速馬場ならば仕掛けが遅れて負けるパターン。

唯一の誤算は、エルコンドルパサーが逃げてしまったこと。馬場状態を考えると明らかなオーバーペース。このオーバーペースによって、エルコンドルパサー自身が厳しくなり、モンジューを包囲していた馬たちもバテてて進路が開く形。つまり、結果としてエルコンドルパサーがモンジューのラビットを務めたようなもの。

正直に言えば、一番腑に落ちない凱旋門賞ですが、エルコンドルパサーがあんなに強いレースをしてくれたからこそ、「日本馬はそれほど遠くないとうちに凱旋門賞を勝てる」と確信した瞬間でした。ただ、予想以上に日本馬の凱旋門賞制覇が長引いているので、2020年くらいまでには勝利を決めて欲しいですね。
posted by 山崎エリカ at 18:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2016年09月04日

本日の見所(新潟記念など)

2016年 小倉2歳S、新潟記念
______________

●小倉2歳S

土曜日のメイン、北九州短距離Sはラインハートとプレイズエターナルの外差しが決まりました。しかし、そのひとつ前の玄海特別では前半スローから後半5Fを57秒9でまとめて、2分00秒2で決着したように馬場状態がけっして悪いわけではありません。また、内もそこまで伸びていないわけでもなく、玄海特別では内々、前々で立ち回ったビオラフォーエバー、メイショウオオゼキが3着、2着に粘っていました。さらに北九州短距離Sの3着馬も内々を逃げたマルヨバクシンです。やや外目が有利ではあるものの、標準的な馬場で能力どおりに決まっている印象を受けます。

日曜日は台風の影響をどこまで受けるのかわかりませんが、雨の影響を受けて、外差し有利の傾向が強まる可能性も十分。大雨が降って、どこを走っても同じタフな馬場になるかもしれませんが、そうなれば前が厳しい競馬を強いられることになるのも当然のこと。逃げ馬はカシノマストは、フェニックス賞で前半3F32秒8のペースで行って2着に粘ったり、ひまわり賞ではちょっとペースが緩んだらぶっち切ったりと強い馬ではありますが、それでも軸馬には差し馬を据えるのがベターでしょう。

もっとも厄介なのは、開催終了まで天候が持ち堪えてしまうパターンかなぁ? これだと意外と、へたしたら土曜日以上に、内枠の先行馬が活躍する可能性もあります。


●新潟記念

距離2000mでありながらワンターンコースで行われる新潟記念。最初の3コーナーまでの距離は約948m(Aコース時)と長いために、先行争いが最初のコーナーまでの948mもの間続くこともあれば、各馬が長い直線を意識して序盤でペースが落ち着くこともあります。つまり、非常に展開に振れ幅が広く、スローペースにも、ハイペースにも転がりやすいレース(コース)です。

しかし、新潟記念の過去10年で前半5F58秒1-後半5F59秒7ともっとも前半が速い流れだった2007年は、逃げ馬不在の年。内枠から好スタートを切ったトリリアンカットに外枠からガッツ後藤騎手のトップガンジョーが競り掛け、3コーナーまで隊列争いがもつれました。逆に過去10年で前半5F61秒8-後半5F57秒8ともっとも前半が遅い流れだった2009年は、逃げ馬のメイショウレガーロが行く形で隊列がすぐに決まりました。2010年〜2012年あたりも逃げ馬がしかりといて、ペースがスローに落ちています。

このように大きくは最初のコーナーまでの距離が長いコースでは、逃げ馬不在のほうがハイペース傾向になるようです。ただ、前半があまりにもスローペースだと、各馬が3コーナーを過ぎたあたりから一気に動いてラスト3-4F目から11秒台が連発するような早仕掛け戦になるので、結局のところほぼ能力どおりに決まっているのではないでしょうか。

逃げ馬は前半でリードを奪い切るか、前半で脚をある程度タメて再加速するかの選択しかなく、後続もそれに合わせて動くしか手がありません。よく「府中の千八展開いらず」と言いますが、「新潟の二千も展開いらず」でしょう。展開当てはめ形式で対象馬を消去できないという意味では難解ですが、狙いたい馬をそのまま狙えるというメリットがあります。
posted by 山崎エリカ at 04:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年09月02日

今週の見所(札幌2歳S)

2016年 札幌2歳S
_________

毎度のように書いていますが、この時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだからです。

例えば、先週の新潟2歳Sの2着馬オーバースペック。今年の新潟2歳Sは、前半4F48秒5(例年は47秒台)のかなりのスローペースでしたが、ラスト2Fから1頭だけ違う脚色で伸びて勝ち馬ヴゼットジョリーに迫りました。しかし、新馬戦であそこまでの末脚が使えていたわけではありません。

新馬戦ではラスト2F目のほんの一瞬しか使えなかった切れ味が、レース経験を積むことで体力がついて、ラスト2F目から最後までいい脚が持続させられるようになりました。もちろん、PP指数もデビュー初戦よりも2戦目の未勝利戦、デビュー2戦目の未勝利戦よりも新潟2歳Sというように上積みを見せています。

確かに新潟2歳Sの勝ち馬ヴゼットジョリーように、1戦1勝馬でも通用することがありますが、そういう馬はハープスターやロードクエストなど、翌年の3歳G1戦線でも上位の活躍ができるような素質馬ばかり。また、相手が弱くて1戦1勝馬が勝つ場合もありますが、それでもキャリア2戦目で重賞で通用する馬というのは、将来はそれなりの活躍が見せられるでしょう。

さて、今年の札幌2歳Sは、函館芝1800mの新馬戦をレコードライムで圧勝したタガノアシュラの1番人気が濃厚。新馬戦で2着に降したサトノアリシュラがコスモス賞を勝利したことや、武豊騎手がファーストコンタクトで惚れ込んだなどと報道されていることからも、断然の1番人気に支持される可能性があります。

しかし、新馬戦を逃げて圧勝したパターンでは、一昨年の札幌2歳Sでミッキーユニバースが断然の1番人気に支持されて、ぶっ飛んだことがありましたが…。確かに最速の上りを他馬に譲らなかったという意味ではタガノアシュラのほうがいい内容ですけども、札幌2歳Sを逃げて勝つのはスローペースであったとしても体力のない2歳馬には厳しいし、折り合いがつかない可能性もあるもの。

タガノアシュラは、新馬戦でコントロールは効いていたので、気性難タイプの逃げ馬ではないと見ていますが、そもそもここでは能力的に抜けた存在でないというのもネックで…まあ、連下の1頭というところでしょうか。レベルが異常に低かった昨年はともかく、札幌2歳Sの上位馬は、翌年のG1戦線に名を連ねることが多いので毎年とても楽しみです。
posted by 山崎エリカ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

9月になりました!

今月またひとつ歳を取る!
____________

ご無沙汰しちゃいました<( ̄∇ ̄)ゞ。


みなさんは『Pokemon GO』をやられていますか?
私の周りは大ブームで
レアなライチュウみつけた…など
会話がしばしば聞こえてきます。

私はやってないので何のこっちゃです!


よく「やらないのー」って誘われるけど
あえてやらないことにしています。

やりだしたら毎日、
ポケモンを探しに行かなきゃいけないですかー。

負けず嫌いなのでたかがゲームにも
エネルギー注いで疲れちゃう!(笑)


ところで、先月は14日、21日と
大井や川崎でイベントや場立ちをやらせてもらいました。

写真を取り忘れたけど、
ドォーダッシュがかわいかった♪

飼い犬みたいに愛くるしい
表情があるんだよね。


川崎の場立ちのときに取った写真。
須田さん、こじともさん、荘司さん、目黒さん。
改めて考えたら、男はひとりだった(笑)


kawa-batachi.JPG
posted by 山崎エリカ at 03:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日常を語る