2016年07月31日

本日の見所(アイビスサマーDなど)

2016年 クイーンS、アイビスサマーD
______________

●クイーンS

夏場に行われる唯一の牝馬限定重賞ということもあり、かつてはそれなりのメンバーが揃っていましたが、今年はオークス2着馬チェッキーノやフェアリーSの2着馬ビービーバーレルなどの3歳勢が回避して、けっこう手薄になりました。

また、クイーンSが行われる札幌芝1800mの舞台と言えば、スタートしてからすぐに1コーナーがあるために、外枠の先行馬が不利なコース。スローペースになった年の外枠先行馬は、1コーナーでがっつり外を回らされてことごとく壊滅しています。今年は昨年同様の11頭立て、一見それほど影響ないようにも感じますが、内枠にけっこう先行馬がいるので、その大外を回るとなると大きなロスになるしょう。

さらに大きな特徴としては、このレースは開幕週らしく、前半が多少速いペースで流れでも、差し、追い込み馬は2着、3着がやたらと多いということ。対して勝つのは総じて逃げ、先行馬なので、やはり本命は前々で立ち回れる馬を選びたいです。

今回は、休養明けの実績馬が、ここを叩いてこの先の重賞狙いという具合で、ローテーションや追い切りから本気モードが受け取れません。どの馬かが1本被りしているわけではないので、大波乱とまではいかないかもしれませんが、波乱の要素は満載です。


●アイビスサマーD

『週刊・プレイボーイ』に掲載しているとおり。同じことは書きたくないので割愛させて頂きます<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所