2016年07月24日

本日の見所(中京記念)

2016年 函館2歳S、中京記念
______________

●函館2歳S

中央では世代最初の重賞となる函館2歳S。意外と知られていませんが、実はこの時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだからです。総体的に新馬戦よりも未勝利戦のほうが決着指数が高くなるものなんですね。

実際に3年前と昨年に、前走未勝利勝ちの馬が9番人気、11番人気でこの舞台で2着入線して穴を開けています。函館2歳Sは、新馬戦の勝ち馬に優先出走権があり、門別の指定レースの勝ち馬にも出走枠が3枠も用意されているため、中央のキャリアが豊富な馬が出走できるのは一度に3〜4頭程度。それでいて函館2歳Sの前哨戦、ラベンダー賞廃止後の過去4年で2頭、遡ればもっともっとキャリアが豊富な馬が連対しているので、基本的には前走未勝利組を狙ってこそです。

ただ、3年前の勝ち馬クリスマスのように新馬戦を圧勝したとか、昨年の勝ち馬ブランボヌールのように新馬戦でメンバー最速の上り3Fを使ったなど、いわゆる“性能が違う”タイプならば話は別です。今年はそういうタイプの馬が出走していますが、キャリアを積んだ差でそれにどこまで迫れるのか? とても楽しみな一戦となりました。


●中京記念

夏の中京開催最終日で行われる中京記念。中京リニューアルとともに、マイル重賞に生まれ変わり、今年で5年目となります。昨日、土曜日の中京の芝は、馬場の内側が極端に痛んで、ゲート出たなりなら馬番10番、11番あたりから外が伸びる状態。馬場の内側は重く、外側は軽く、外を回せば時計が出ます。

よって、位置取りがあまり後方過ぎると届かず、多頭数で先行馬揃いだと直線で馬場のいいところを走らせようと、レースの流れが速くなることもあります。さらに今年の中京記念は実力が拮抗したメンバー構成。となれば本命馬は好位でレースを進めて、ゲート出たなりの馬番10番、11番あたりを狙える馬が理想的です。
posted by 山崎エリカ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所