2016年07月31日

本日の見所(アイビスサマーDなど)

2016年 クイーンS、アイビスサマーD
______________

●クイーンS

夏場に行われる唯一の牝馬限定重賞ということもあり、かつてはそれなりのメンバーが揃っていましたが、今年はオークス2着馬チェッキーノやフェアリーSの2着馬ビービーバーレルなどの3歳勢が回避して、けっこう手薄になりました。

また、クイーンSが行われる札幌芝1800mの舞台と言えば、スタートしてからすぐに1コーナーがあるために、外枠の先行馬が不利なコース。スローペースになった年の外枠先行馬は、1コーナーでがっつり外を回らされてことごとく壊滅しています。今年は昨年同様の11頭立て、一見それほど影響ないようにも感じますが、内枠にけっこう先行馬がいるので、その大外を回るとなると大きなロスになるしょう。

さらに大きな特徴としては、このレースは開幕週らしく、前半が多少速いペースで流れでも、差し、追い込み馬は2着、3着がやたらと多いということ。対して勝つのは総じて逃げ、先行馬なので、やはり本命は前々で立ち回れる馬を選びたいです。

今回は、休養明けの実績馬が、ここを叩いてこの先の重賞狙いという具合で、ローテーションや追い切りから本気モードが受け取れません。どの馬かが1本被りしているわけではないので、大波乱とまではいかないかもしれませんが、波乱の要素は満載です。


●アイビスサマーD

『週刊・プレイボーイ』に掲載しているとおり。同じことは書きたくないので割愛させて頂きます<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 09:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年07月24日

本日の見所(中京記念)

2016年 函館2歳S、中京記念
______________

●函館2歳S

中央では世代最初の重賞となる函館2歳S。意外と知られていませんが、実はこの時期の2歳戦はキャリアが豊富な馬が優勢です。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまでは成長曲線を描く傾向があり、経験する度にパフォーマンスを上昇させていくものだからです。総体的に新馬戦よりも未勝利戦のほうが決着指数が高くなるものなんですね。

実際に3年前と昨年に、前走未勝利勝ちの馬が9番人気、11番人気でこの舞台で2着入線して穴を開けています。函館2歳Sは、新馬戦の勝ち馬に優先出走権があり、門別の指定レースの勝ち馬にも出走枠が3枠も用意されているため、中央のキャリアが豊富な馬が出走できるのは一度に3〜4頭程度。それでいて函館2歳Sの前哨戦、ラベンダー賞廃止後の過去4年で2頭、遡ればもっともっとキャリアが豊富な馬が連対しているので、基本的には前走未勝利組を狙ってこそです。

ただ、3年前の勝ち馬クリスマスのように新馬戦を圧勝したとか、昨年の勝ち馬ブランボヌールのように新馬戦でメンバー最速の上り3Fを使ったなど、いわゆる“性能が違う”タイプならば話は別です。今年はそういうタイプの馬が出走していますが、キャリアを積んだ差でそれにどこまで迫れるのか? とても楽しみな一戦となりました。


●中京記念

夏の中京開催最終日で行われる中京記念。中京リニューアルとともに、マイル重賞に生まれ変わり、今年で5年目となります。昨日、土曜日の中京の芝は、馬場の内側が極端に痛んで、ゲート出たなりなら馬番10番、11番あたりから外が伸びる状態。馬場の内側は重く、外側は軽く、外を回せば時計が出ます。

よって、位置取りがあまり後方過ぎると届かず、多頭数で先行馬揃いだと直線で馬場のいいところを走らせようと、レースの流れが速くなることもあります。さらに今年の中京記念は実力が拮抗したメンバー構成。となれば本命馬は好位でレースを進めて、ゲート出たなりの馬番10番、11番あたりを狙える馬が理想的です。
posted by 山崎エリカ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年07月18日

マーキュリーCの予想

鬼の居ぬ間にあの馬がお金を稼ぐ
_______________

上半期に結果を出した馬は、秋のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと繋がるG1戦線に備えて休養しているため、上半期で結果を出すことが出来なかった馬が賞金加算を狙って出走してくるレースです。また、JRAのオープン馬が新規参戦してくるケースもけっこう目立っています。

とにかく様々な路線からの参戦が目立つレースですが、最有力は…



個人的にJRA所属時代は追い込み馬から逃げ馬となったケイアイレオーネが、JRA勢を相手にどう挑みのかが楽しみ♪

ケイアイレオーネは、3歳時のシリウスSなどで展開が嵌って追い込み競馬で結果を出したために、展開ひとつの危うい馬になってしまいましたが、兵庫ジュニアCは早め先頭から押し切った実力を考えれば、前々で立ち回ってこその馬ですね。

posted by 山崎エリカ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年07月13日

ジャパンダートダービーの予想

ユニコーンSの勝ち馬が
人気で敗戦を喫することが多いレース
__________________

このレースは、ナイキアースワークとか、バーディバーディとか、ストローハットとか、ベストウォ―リアとか、ユニコーンSの勝ち馬が凡退する歴史が続いているレースです。むしろ、昨年のノンコノユメが例外的に勝ったレースですが、ゴールドドリームは果たして大丈夫?



【山崎エリカのダートグレード攻略】
〜ジャパンダートダービー2016〜

posted by 山崎エリカ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年07月09日

明日の見所(七夕賞など)

プロキオンS、七夕賞
__________

●プロキオンS

地方で行われるダ1400mの交流重賞は、黒船賞、かきつばた記念、さきたま杯、サマーチャンピオン、オーバルスプリント、兵庫ゴールドトロフィーと数がありますが、中央で行われるのは2月の根岸SとプロキオンSのみ。よって、このレースは必然と好メンバーが集います。そして、このレースを勝てば、昨年このレースを2連覇したベストウォーリアのように、この先の南部杯やJBCスプリントへと繋がっていくでしょう。

今年は、昨年のJBCスプリントで上位のコーリンベリーやダノンレジェンドが昨年よりも斤量を背負わされ、前に行くのに昨年以上に手間取っているところがあるので、ひょっとしたら、この舞台から逆転候補が現れるのかもしれません。

また、土曜日は不良馬場で水たまりが出来ていましたが、明日は天候次第で重馬場くらいまで回復するはず。重馬場ならば高速ダートなので、前目で立ち回れる馬を主体に馬券を組み立てたいです。今回は、逃げ馬のポメグラネイトが外枠に入ったので、外枠の馬のほうが楽に2列目につけられそうです。あっちの馬はポメグラネイトと突いていくでしょうから、一番楽な競馬ができるのはあの馬か? このレースは当てやすそうですね。


●七夕賞

土曜日はひと雨降って高速馬場とは言えない状態でした。明日、日曜日は晴れとのことですが、さすがに先週のような高速馬場まで回復しそうにはありません。内枠に逃げ馬がいるし、それを突っつきそうな馬も内枠。それゆえに『週刊プレイボーイ』で綴った傾向に拍車が掛かりそうです。穴はやはりあの馬でよろしいのではないでしょうか。
posted by 山崎エリカ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年07月06日

スパーキングレディーカップの予想

3歳馬vs古馬
______

先月の関東オークスは、JRAインターネット投票で地方の馬券が購入できることや景気回復の影響もありますが、昨年に世代トップクラスの実力を見せつけた、道営出身のタイニーダンサーの出走により、売上レコードを記録しました。地方出身馬の活躍は、古くはオグリキャップなど、いつの世も競馬ファンに夢を与え、競馬そのものが盛り上がるのでとても喜ばしいことです。

さて、今週は関東オークスやユニコーンで結果を出した3歳牝馬と古馬牝馬が激突するスパーキングレディーカップ。3歳馬か? それとも古馬か?


posted by 山崎エリカ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年07月02日

明日の見所(CBC賞など)

2016年 CBC賞、ラジオNIKKEI賞
________________

●CBC賞

中京は、前開催の高松宮記念で1分06秒7のレコードタイムが出て、主催者はマスコミやファンから散々叩かれました。そこで今開催前に芝の張り替え作業やエアレーション作業でバーチドレンの半径を大きくしたとのこと。しかし、「それ、ホントなの〜?」と疑いたくなるくらい芝が軽くて時計が速い! 土曜日の芝1600mの準オープン、豊明Sはスローペースだったので決着タイムこそ1分33秒6ですが、ラスト2F目に10秒9が出るほど。おそらくリニューアルして緩かった路盤が、しっかりと固まって、いくらエアレーションで通気性を良くしてもどうにもならないのでしょう。高松宮記念の週と比べてもそれほど大きく変わりがなく、今回のメンバーならば1分07秒台前半で決着しそうです。

決着タイムが1分07秒台前半となると、当然、ロスが致命的となるために内々をロスなく立ち回れる馬が有利です。1列目、2列目有利。3列目よりも後方にいたら、上り3F32秒台の末脚が使える馬でなければ、3着くらいまでなのではないでしょうか? 今回はエイシンブルズアイが1番人気に支持されていますが、3列目より前のポジションを確保できるのか? 仮に2列目、3列目につけたとして、土曜日のキャンベルジュニアのようにポケットに入り込んでキレ負けする可能性もあります。騎手の腕が問われる難しい枠番に入ったと言えます。本命馬は、当然、前々で立ち回れる馬にしたいです。


●ラジオNIKKEI賞

傾向としては『週刊プレイボーイ』で綴ったとおりです。ただ、強い先行馬のアーバンキッド、ブラックスピネルが揃って先行馬揃いの大外枠に入り、1コーナーで外に張られて、終始外々を回る可能性が高まりました。こうなると強い差し馬の浮上もあるかもしれません。

個人的にNHKマイルCで、メジャーエンブレムのマイペース(しかし、他馬にとっては厳しい流れ)の2列目を追走したアーバンキッドの巻き返しに期待したかったのですが、この枠の並びだと消極的になってしまいます! とにかく波乱要素満載のレースなので、一発高配当を狙いたいレースです。
posted by 山崎エリカ at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 今週の見所

週刊プレにて連載開始!

「今夜も右ムチ一発」
__________

今号より『週刊プレイボーイ』で短期連載がスタートしました。7月いっぱいの短期連載ですが、よろしければご一読下さい♪ 

来週月曜日に発売予定のものにも掲載されています!




今週は、毎週の予想の下準備に加えて、この秋に発売予定の単行本の企画&構成などでけっこう忙しかったので、すっかり告知するのを忘れてしまいました。すいません<(_ _*)>。
posted by 山崎エリカ at 08:42| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ