2016年05月04日

兵庫チャンピオンシップの予想

一騎打ちか? それとも・・・
_____________

昨日は、うかつにもダートグレード特注のコラムを『非公開』設定にしたままでした。あとで気がついて、こっそり直したけど・・・(´ε`;)。すいません! 今日は大丈夫〜♪


* * *

ゴールデンウィークの交流重賞、第二弾は3歳ダート路線の最初の交流重賞となる兵庫チャンピオンシップ。年明けに結果を出してきた馬が第一目標とするダートグレードではありますが、2013年のコパノリッキーのように、その後の活躍馬を輩出することもあれば、その後さっぱりのナンヨーリバー(2008年)のような馬を輩出することもあります。世代レベルの高低によって、このレースのレベルも大きく異なる傾向があります。16頭立の16番人気だったコパノリッキーの翌年のフェブラリーSのように、このレースをいかに強い勝ち方をしても、兵庫チャンピオンシップは、後の活躍馬を頻繁に輩出していないことから舐められることがとても多いのです。そういう馬が誕生したらマークを外さないで、ウルトラ高配当をゲットしちゃいましょう!

また、芝のクラシック路線ではやや厳しかった馬が、ダートを試すために出走してくることもけっこうあります。あくまでも「試し」なので、今回が初ダートの馬は苦戦の傾向にありますが、世代のレベルが高くなかった2008年にはウイントリガーが2着、2011年にはエーシンブランが圧勝したこともありました。しかし、年明けのJRAオープンのレベルが水準以上の年は、初ダートの馬は、まず、通用していません。今年は初ダートの馬は出走していないので、このカテゴリーには深くは触れませんが、初ダートの馬が出走してくる場合においては、世代レベルの比較が重要になってくるでしょう。

そしてなんといっても最重要ポイントは、このレースでは全日本2歳優駿で上位の馬vsJRAの年明けのオープン上位馬の対戦図式となること。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7168


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2016050427030410&user_id=3100000007
posted by 山崎エリカ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想