2016年04月22日

「駆け込み出資馬」で儲けるコツ

“入厩直前”にこそ福がある!
「駆け込み出資馬」で収支プラスを狙え!
___________________

『netkeiba.com』さんで、「駆け込み出資馬」の特集をやらせてもらっています! よかったらお読み下さいね♪


サンビスタもルージュバックも「残口アリ」だった


 「活躍する馬は、もう埋まっている」と思っていませんか? 実は、G1馬のレッドディザイアもサンビスタも、現在活躍中のルージュバックも、この時期に残口があった馬です。それもレッドディザイアやサンビスタは、募集価格1470万円以下(200分の1口)なので回収率2500%越え、ルージュバックが募集価格2400万円(400分の1口)で、既に回収率500%を超えています。けっしてこの時期に売れ残っているからといって、走らないわけではありません。

 確かにこの時期に出資することは、選択の余地が狭まるデメリットがありますし、たとえば今年のクラシックで活躍中の弟や妹は、まず、買えません。でも、ちょっと考えてみてください。募集開始時に買うというのは、いざ調教を開始すると意外と動けずに頓挫することもあれば、故障してデビューできないという最悪のパターンにおちいる可能性だってあります。

 かつては出資した馬がデビュー前に故障した場合には、出資金を他の馬に回せる「保証制度」がありました。しかし、2011年に金融庁のお達しにより廃止。つまり、デビューできなかった場合には、金銭的にほぼ丸損になるのです。価格が安ければまだいいとして、G1戦線での活躍を期待して何十万円も奮発した結果がゼロだったら、イヤじゃないですか? 私は耐えられません(笑)。


「駆け込み出資馬」ならデビュー率100%、2勝もいける!?


 駆け込み出資のメリットは「ギリギリまで調教を見て出資できる」ことでしょう。この時期の調教でこれまで大きな頓挫なくハロン15秒くらいで走れていれば、夏場くらいまでにはデビューできて、2勝以上する可能性が高まります。ハロン15秒くらいの追い切りで疲れが出てしまうような馬(ハロン15秒がオーバーワークになってしまっている馬)は、ハロン13秒を切るタイムが要求されるレースを勝つには、なかなか厳しいものがあります。しかし、ハロン15秒くらいの追い切りでへっちゃらの馬は、最低でももう一段階は上へ行けるはずです。そういう意味でも、この時期にハロン15秒の調教ができる馬というのは、ひとつの目安になります。

 私はPOG本などで、毎年、一口馬主クラブを何社か取材させて頂いていますが、一番最初に取材したところが東京サラブレッドクラブだったというご縁で、現在は東サラの会員です。毎年「駆け込み出資馬」の観点で最低1頭に出資しているのですが、これまではデビュー率100%でほぼ2勝以上しています。


確認すべきポイントはあと3点


続きはこちら→http://news.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=33573


現在、残口アリの馬から10頭厳選して紹介させて頂いています。このコラムを書いている途中で、シルクさんのラバピエス(父タートルボール・母サルスエラ・牡・大久保厩舎)が、いきなり満口になってしまったので、馬によってはすぐに満口になるかもしれませんヾ(;´▽`A``。
posted by 山崎エリカ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ