2016年04月03日

本日の見所(大阪杯など)

2016年 ダービー卿CT 大阪杯
_______________

●ダービー卿CT

昨年、モーリスの素質覚醒となったダービー卿CT。昨年のモーリスは、京都でもなかなかお目にかかれないラスト1F10秒9で後続をぶっちぎって圧勝。強烈なトップスピードを見せつけたレースでした。

さて、今年は、そのモーリスが断然の勢力図を覆せる馬が現れるのかという一戦。上がり馬のマル外2頭キャンベルジュニアやダッシングブレイズがさらなる成長力を見せつけることが出来ればその可能性はいくらかありますが、モーリス級の勝ち方が出来る馬というのは、そう多くはいないので、通常は厳しいでしょう。

また、キャンベルジュニアは最内1番枠。速い流れになればコーナーで脚をタメられて吉と出る枠順ですが、外から逃げ馬が内に切り込んできてスローになれば、位置取りを下げて仕掛けが遅れて凶と出る可能性も考えられる枠順。1番人気がキャンベルジュニアで、他、上位人気の実績馬は今回が始動戦となれば、果てしなく荒れる可能性を秘めるレースと言えるでしょう。

さらに中山は先週までがAコースで、今週からBコース。昨日は雨の影響で真ん中よりもやや外目が伸びていましたが、さらに雨が降ったことで昨日よりも外が伸びるのか? フラットになってやや内目でも粘れるようになるのか? ちょっとしたことでの番狂わせが十分に考えられるレースだけに、馬場状態もしっかり把握しておきたいところです。


●大阪杯

主流の中距離戦で行われる大阪杯は、京都記念や中山記念と同様に、春のG1を見据えた古馬のトップホースが始動してくるレースです。大きな傾向としては、京都記念や中山記念と同じ。昨年、前年の天皇賞(秋)・1着、ジャパンC・3着のスピルバーグが、始動戦のこのレースで4着に凡退したように、昨秋のG1戦線を目標に置き、それなりの結果を出した実績馬が人気を裏切る傾向がとても強いのです。

では、大阪杯ではどのような馬を狙えばいいのかというと、選択は次の3つ。

【1】前走・有馬記念6着から巻き返した昨年のこのレースの勝ち馬ラキシスや、前走・天皇賞(秋)17着から巻き返した今年の京都記念の勝ち馬サトノクラウンのように、前走のG1で凡退した実績馬の巻き返しパターン。

【2】昨年のこのレースの2着馬キズナのように、休養明け初戦の京都記念や中山記念で能力を出し切れなかった馬の巻き返しパターン。

【3】昨年の京都記念の勝ち馬ラブリーデイのように、かなり勢いある上がり馬。

今年は中山記念こそ、強い4歳馬が独占する結果となりましたが、本質的には荒れる要素満載のレースです。まあ、今回が始動戦の牝馬2頭は、通常ならば厳しいですが、これらに勝たれるとすれば相当レベルが低い決着でしょう。そうなれば今後のG1戦線での古馬荘壊滅を意味するものでもあるので、通常どおりの結果でまとめて欲しいところです。
posted by 山崎エリカ at 11:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所