2016年03月06日

本日の見所(弥生賞)

2016年 弥生賞
_______

デビュー2戦目で朝日杯フューチュリティSを制したリオンディーズが断然人気の弥生賞。デビュー2戦目で阪神ジュベナイルFを制して“天才少女”と呼ばれたジョワドヴィーヴルは、その次走のチューリップ賞で3着と凡走し、その後、天才の片鱗を見せることなく競走馬生活に幕を下しました。 他、デビュー2戦目の阪神ジュベナイルFで2着入線したキュンティア、ヤマニンアルシオン、シークレットコード、レーブダムールもその才能が発揮されることなく競走馬生活に幕を閉じています。

牡馬では、その昔、デビュー2戦目の朝日杯フューチュリティSで2着のスクラムトライが、前記の牝馬たちと変わらない経緯を辿っています。とにかく、デビュー2戦目で強豪と戦って強烈にパフォーマンスを上昇させた馬というのは、その後、ダメージが強く出て悲惨な経緯を辿る場合がとても多く、なかなかがんばったのは、新馬戦1着→阪神ジュベナイルF2着→エルフィンS1着→桜花賞3着のローブモンタントくらい。私としては、朝日杯フーチュリティSでもリオンディーズを本命に推したように、この馬に対する評価はとても高く、当然、勝ってもらいたい気持ちはあります。しかし、今回は前記した馬たちと同様に様子見することにして、▲まで印を下げました。(注:レース名は、現在の名称で表記)

また、弥生賞は、2年前こそトゥザワールドの向こう上面での前突きで前が完璧に崩れたものの、基本的には皐月賞本番に向けての前哨戦らしく、特に馬場高速化の近年は総体的にスローペース化が目立ちます。今年も逃げ馬が未勝利を勝ったばかりのケンホファヴァルトやシャララではちょっとしょっぱく、天気もなんとか持ち堪えて、このまま良好な馬場で行われるようであれば、おそらくスローペースでしょう。ある程度、前々を意識して動いていける馬か、決め手ある馬が優位に立てるレースになりそうです。
posted by 山崎エリカ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所