2016年03月05日

本日の見所(オーシャンSなど)

2016年 チューリップ賞、オーシャンS
__________________

●チューリップ賞

今年のチューリップ賞は、ダイワスカーレットのような強さを持つ、2歳女王メジャーエンブレムに挑戦状を叩きつけられる馬はいるか(?)という一戦。ウォッカのようなライバル出現が期待されて、阪神ジュベナイルF組よりもシンザン記念の2着馬や紅梅Sの勝ち馬、エルフィンSの勝ち歌が上位人気に支持されています。

しかし、その実は阪神ジュベナイルF組もシンザン記念の2着馬や紅梅Sの勝ち馬、エルフィンSの勝ち馬、前走500万下組も大きな能力差はなく、ほぼ横一線と言えるメンバー構成です。もっと言うと、こういう条件ならば能力を出し切れるけど、こういう条件ならば脆さを出すというメンバー構成です。

また、今回のレースの最大のポイントは、逃げ馬が不在であること。チューリップ賞は、桜本番に向けての足馴らしの一戦で、前半でそれほどペースが上がらず、良馬場ならば上がりの競馬になることがしばしば。実際に前残りになることが多く、阪神改修後の過去9年で、6度も3コーナー先頭の馬が複勝圏内に突入しています。(ただし、昨年はレッツゴードンキ3着も道悪でハイペース)

しかし、逃げ馬不在の実力拮抗のレース=内から外から抵抗しあってハイペース、逃げ馬不在の実績馬がいるレース=実績馬マークのためにスローペースという図式が決まりやすいもの。よって、今年はこれまでの傾向に反して、意外とペースが上がるのではないかと見ています。

また、昨年のレッツゴードンキは、もともと逃げ馬としての資質が高かったために、初の逃げにしてよく粘りましたが、基本的にこれまで逃げたことがあまりない馬が逃げても厳しい結果になることが多いので、そういう意味でも差し、いい脚が長く使える差し馬に期待したいレースです。あわよくば、高配当を狙います。


●オーシャンS

過去10年で馬連配当5000円以上が6回、内万馬券が4回という波乱ぶりから、“荒れるスプリント戦”と表現されることが多いオーシャンS。しかし、その荒れる理由はけっこうワンパターンで単純。近年は、馬場高速化で短距離戦でもスローペース化が顕著ですが、下り坂スタートでペースが上がりやすい中山芝1200mのこのレースでは、前傾ラップの消耗戦になることが多く、人気薄の差し馬が2着以内に突っ込んで来て荒れているというのが概容です。

実際にこのレースの過去10年を見ても、10分の8の確率で前半3F33秒台。近年は馬場高速化傾向にありますが、それを考慮しても33秒台では逃げ馬が残るのは厳しいもの。過去には前年のスプリンターズSの勝ち馬で、後の高松宮記念を勝つことになるあのカレンチャンが、テンのスピードでは右に出るものはいない全盛期のエーシンダックマンのオーバーペースに巻き込まれて4着に失速こともありました。

また、2013年のセントウルSでは世界のロードカナロアの追撃を阻止したハクサンムーンも、前半3F33秒台のペースで逃げた2〜3年前は木っ端微塵に敗れました。まず、G1を含む重賞で3着以内を外すことがない全盛期のハクサンムーンが、掲示板にも載れずに2桁着順に敗れたのが暮れの阪神Cとこのレースでした。ハクサンムーンは強力な同型不在で、内枠から前半3F34秒1の比較的ゆったりとしたペースで逃げられた昨年こそ2着に粘れましたが、2〜3年前はオーバーペースで逃げての失速です。

今年は、内枠に逃げ、先行型が偏って入り、外から積極的に行くのはサカジロロイヤルくらいうという枠順構成。これにより隊列がスムーズに決まる可能性もありますが、隙あらばネロやサカジロロイヤルのハナをも叩くカハラビスティーが出走してくる以上は、前半3F33秒台突入は免れそうもありません。今年の中山は、中間の雨の影響がそれほどなく、昨年と比べるとやや高速馬場ではありますが、それでもあまり積極的な競馬をする馬を狙うのは危険でしょう。
posted by 山崎エリカ at 13:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所