2016年03月27日

本日の見所(高松宮記念)

2016年 マーチS、高松宮記念
______________

●マーチステークス

「1番人気は勝てない」というジンクスを持つマーチS。2009年には2000年のタマモストロング以来、1番人気のエルポワールシチーが勝利しましたが、それ以降は全く勝てていないどころか連対すらしていません。

なぜ、マーチSは1番人気馬が勝てないのかというと、理由はいたって簡単! これはこの時期、地方では名古屋大賞典、中央ではアンタレスSやオープンの総武S、仁川Sが行われ、有力馬を所有する陣営はハンデ戦のこのレースよりも前記のレースを目標に使ってくるからでしょう。マーチSはG3でありながら「前記レースを使った後で、おつりがあれば出走」「ハンデが軽いから出走」「実績馬でハンデ重いけど、始動戦だから、まあ、いっかぁ〜」という具合に、流動的に使われることがとても多いためです。

そして多くの場合、手頃なハンデのアンタレスS連対馬や、総武Sや仁川Sの勝ち馬が1番人気に支持されるのですが、まず、中途半端な着順で終わります。もちろん、実績馬でも今回が始動戦でハンデが重くて、陣営のやる気もあまりないのでぶっとびます。

2007年に仁川Sの勝ち馬であるクワイエットデイがこのレースを勝利したことがありましたが、なかなか逃げ切るのは難しい仁川S(阪神ダ2000m)の舞台で逃げ切り勝ちした馬でした。また、2009年に勝利したエルポワールシチーは、能力断然の存在ながら、前走のフェブラリーSを大目標にした後の一戦で、トップハンデ57.5sを背負わされていたために、けっして厳しい流れでもないのに、ラスト1Fで急失速。2着ダイショウジェット、3着サトノコクオー、4着トーセンアーチャーなどに0.2秒差のところまで追い詰められ、ギリギリセーフの勝ち方でした。

さて、今年の呪いの1番人気は、総武S勝ちのバスタータイプ。この馬が過去10年で1番人気でぶっとんだ総武Sや仁川Sの勝ち馬と異なるのは連勝馬であること。果たしてそれでも1番人気は勝てないジンクスは健在なのか? 過去の傾向どおりにぶっとぶのか?  悪趣味的な要素も含めて楽しめる一戦となりました。


●高松宮記念

中京競馬場リニューアル後の高松宮記念はAコース使用で、ほぼ毎年、外差し有利でした。しかし、今年からBコースで行われます。これにより先週まで以上に馬場が高速化し、土曜日は、まず、内々の好位が有利になると見ていましたが、予想どおりの結果でした。芝1200mの岡崎特別(古馬1000万下)では、1番枠のシゲルチャグチャグの逃げ切りが決まり、土曜日の中京はレコードタイムが出るほど高速馬場で、決着タイムは1分07秒4。

日曜日が土曜日のままの馬場状態とは言い切れないところが中京芝の難しいところですが、高速馬場のままである可能性もあることを考えると、今回の高松宮記念は1分06秒台突入が濃厚でしょう。また、タイムが速ければ速いほどスプリント適性が問われるようになるので、これまでの高松宮記念よりもスプリント適性を考慮の上で予想を組み立てたいです。

あと、今回はハナへ行かなければ持ち味か生きないという論評(個人的には、4番手で競馬をした高松宮記念で3着だから、そんなことはないと見ていますが)のミッキーアイルが何としてでもハナへの「逃げ宣言」をしていますが、テンの速さではハクサンムーンやローレルベローチェに劣るし、おっつけて行かなくてもハナへいけてしまうこともあるアクティブミノルもいるとなると、本当にハナへ行けるのが怪しいものがあります。

ただ、能力上位の馬がハナ宣言すると、他の逃げ馬が「競りかけて行ったら、自分が潰れる」という意識が働き、それほどペースが上がらないこともあるので、好位よりも後ろよりも、好位よりも前を意識した予想を組み立てることがベストでしょう。
posted by 山崎エリカ at 11:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年03月26日

本日の見所(日経賞など)

2016年 毎日杯、日経賞
___________

●毎日杯

9月の新馬戦では、直線でえげつなくもうひと伸びして勝ち、昨秋の東京スポーツ杯2歳Sでは、直線で完全に加速し切ってない段階のラスト2F目で先頭と3馬身差ほどあった着差を1馬身差まで詰め(10秒台前半と推測される)、この次点での世代トップクラスのPP指数で勝利したスマートオーディン。しかし、前走の共同通信杯でまさかの大敗。

共同通信杯の見所でも綴ったように、スマートオーディンは共同通信杯でおそらくダメージが出て敗戦を喫するはずと見ていましたが、正直、10頭立ての6着は予想以上に負けた印象。確かに萩S2着時と同様に折り合いの悪さを見せて、これまでしたことがなかった先行策を取ったのも敗因のひとつですが、それだけ今年は強豪揃いでもあるという裏付けでしょう。

この敗戦により、同厩舎のブラクシェルローテーションからキングカメハメハローテーションに切り替えたわけですが、クラシック路線のメンバーを考えれば、この選択も正解でしょう。さて、スマートオーディンは、今回が本当の意味での正念場。ここを勝ってNHKマイルCの舞台に駒を進めることができるのか? とても楽しみな一戦となりました。


●日経賞

昨年のこのレースも確たる逃げ馬不在で、どの馬も行こうとせず、1番枠から横山典騎手のフラガラッハが逃げの手に出ました。フラガラッハは本来、追い込み馬なので引っ張るペースは、当然スローペース。しかし、馬場が高速馬場だったこともあり、後続勢が向こう上面から追い上げを開始し、ラスト5F11秒8-11秒7-11秒7-11秒6-11秒8という、後半はハイペースの流れ。いい脚を持続させることが出来れば上位入線可能の、能力勝負となりました。いわゆるステイヤー決着です。

そして今年も、逃げ馬不在のメンバー構成。出走各馬の近5走で逃げたことがあるのがフラガラッハのみですが、今回は高倉騎手なので、おそらく逃げないでしょう。前走の有馬記念で先行しているマリアライト、ゴールドアクターあたりが逃げそうですが、大方の予想に反して他馬が逃げる可能性も考えられます。

しかし、今回も本来、逃げ馬ではない馬が逃げることになるので、おそらく前半はスロー。馬場も先週よりは回復しているので、おそらく向こう上面からレースが動く流になるでしょう。昨年と同様に、いい脚を長く持続できるステイヤータイプが上位を独占する結果となりそうです。また、今回は実績馬にとっては始動戦でもあるので、前走のG1を大目標にした馬は狙い下げて考えたいです。
posted by 山崎エリカ at 12:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年03月20日

本日の見所(阪神大賞典など)

2016年 スプリングS、阪神大賞典
________________

●スプリングS

2回中山開催は、中山記念、中山牝馬S、スプリングS、フラワーCと芝1800mの重賞が集中して行われます。中山芝1800mの傾向はワンパターンで、よほど馬場が悪化しなければ、総じて平均よりスローペース。極端にスローになれば、二度目の坂の下り(向こう上面〜3コーナー)で、例えば先週の中山牝馬Sのフレイムコードのように捲くる馬がいて、その馬やその動きに合わせて逃げ、先行勢がペースを押し上げて、極端にペースが落ちすぎず、速くもならずに丁度いいところで収まることが多いです。この場合の丁度いいところというのは、ほぼ能力どおりに決まるペースになるという意味です。

この舞台は、他コースで逃げ、先行して粘れなかった馬も粘ることが出来るし、差し、追い込み馬でも前を意識して動いて行くことができれば、中山記念のドゥラメンテのように勝つことが出来ます。つまり、この舞台で前残りが決まりやすくなるのは、能力が足りない逃げ、先行馬が流れ込むというよりも、これまで自分から動けない、展開に恵まれてナンボの追い込み一辺倒タイプがボロを出すのが理由と言えます。これは昨年このレースを2番手から速め先頭で勝利したキタサンブラックが、「スプリングSは、フロック」と言われながらも、フロックではなかったことを昨年の活躍が証明してくれているでしょう。

確かに後方からだと2週目の坂の下りで先頭の馬から離されないように、道中で動いて行かなければならないので、出来ることなら前々で立ち回れる馬を狙いたいところですが、それ以上に能力最重視で予想を組み立てたいです。


●阪神大賞典

阪神大賞典は、かつては天皇賞(春)の最重要ステップレースで、古くはメジロマックイーンやナリタブライアン、ちょっと前ならメジロブライトやスペシャルウィークがここから始動して春の天皇賞馬となりました。ディープインパクト世代くらいまでは、阪神大賞典までは春の天皇賞のステップレースとしての意味合いが強かったものの、近年はステイヤー路線の馬が目指すレースとなっています。

過去10年の連対馬を見ても、菊花賞馬や春の天皇賞馬、前走芝2500m以上の距離を使われていた馬が活躍する舞台。今年は前走の日経新春杯で2着のシュヴァルグランが1番人気タイに支持されるメンバー構成ですが、ステイヤー適性を最重視で予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 13:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年03月19日

本日の見所(ファルコンS)

2016年 ファルコンステークス
______________

中京競馬場が新装オープンして4年目。ファルコンSが芝1400mで行われるようになってからの逃げ馬の着順はと言うと、2012年エクセルシオール・17着、2013年カシノランナウェイ・14着、2014年ネロ・8着、2015年セカンドテーブル・9着とことごとく馬群に沈んでいます。(全てフルゲート18頭立て)

過去4年のレースラップはと言うと、2012年34秒8-36秒8、2013年34秒9-35秒5、2014年33秒0秒-36秒3、2015年34秒4-36秒9。(前半3F後半3F) 2013年こそ馬場状態も良く、1〜3番人気の実績馬が差し、追い込み馬のティーハーフ、インパルスヒーロー、プレイズエターナルだったために前半のペースがそれほど上がらず、逃げ馬が強ければもっとがんばていましたが、それ以外の年は、前後半のペース落差が2.0秒を越える前傾ラップで、逃げ、先行勢が粘るのは厳しい状況でした。特にネロとシゲルカガが競り合って、前半33秒0まで押し上げた2014年など、逃げ、先行馬が、まず、残りようもありません。むしろ8着に粘ったネロは、「つぇぇえ!」と思ったくらいです。

つまり、ファルコンSは、全体的な傾向としては、逃げ、先行馬が苦戦のレースということになります。世論の「中京はタフな馬場で、降雨あれば前が残れない」という評価も正しいでしょう。

しかし、今年のポイントは、前走で前半3F33秒台前半をマークしている馬が1頭も出走していないということ。前走でテンが一番速いのが、前走小倉の萌黄賞を前半3F38秒8で差しきり勝ちした受動的なパシレウスライオンでは、ほぼ確実に前半3F34秒台のペースになりそうです。さらに中京は、昨日の雨の影響で不良馬場からの馬場回復化で、徐々に前で立ち回った馬が粘れるようになるはず。

最終結論は、中京の芝の短距離戦を見てから決めたいですが、逃げ、先行馬が極端に人気がないとなると、前で立ち回る馬の必殺の一撃に期待したくなりますね。
posted by 山崎エリカ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年03月17日

名古屋大賞典の予想

武豊、自信のアウォーディーはどうか?
__________________

日本で一番直線が短い楕円コースの名古屋で行われる名古屋大賞典。先日行われた黒船賞が短距離路線の実績馬の始動戦ならば、こちらは中距離路線の始動戦となることが多く、かつてエスポワールシチーやワンダーアキュートが、ここから始動したこともありました。名古屋大賞典の前後にJRAではハンデ戦のマーチSが行われますが、特に今回が始動戦となる実績馬は、マーチSではハンデを背負わされることになるのを嫌って、ここへ出走してくることがとても多くなっています。

よって、例年の対戦図式は、主に休養明けの実績馬vs佐賀記念の上位馬となります。本来は休養明けの実績馬が優勢であっても不思議ないですが、このレースに関しては佐賀記念の上位馬が優勢。なぜなら佐賀記念の上位馬は、エスポワールシチーやワンダーアキュートのような強豪が出走してくれば、対戦を避けるようにして、より出走手当てが高いダイオライト記念やマーチSへと回り、強豪が出走してこなければ、積極的にここに出走してくることが多いからです。そのため佐賀記念の連対馬がここへ出走してくればかなり有力で、過去10年で【3・3・1・0】の複勝率100%を誇ります。今年の佐賀記念の連対馬はアウォーディーとの対戦を避けたようですが、さて、その主役アウォーディーがここで結果を出すことが出来るでしょうか? 今回は、そのヒントとなるデータをご紹介しましょう。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6998


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016031724260410&r
posted by 山崎エリカ at 03:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年03月14日

黒船賞の予想

地方馬チョイスであわよくば高配当狙い!
__________________

高知では唯一の交流重賞となる黒船賞。黒船賞は2008年に高知競馬が経営逼迫で休止し、2009年以降は賞金を減額しながらも続行されています。しかし、賞金が安くなったからメンバー質が下がったかというと、けっしてそんなこともありません。黒船賞は、前年のJBCスプリント以来の別定の短距離の交流重賞となるために、交流重賞で結果を出してきた馬たちが「待ってました!」とばかりにここに出走してくることが多く、かつてと変わらないレースレベルが維持されています。

よって、前年のJBCスプリントで上位の馬が出走してくる場合や、昨年のダノンレジェンドのようにJRAの重賞で結果を出して、この路線に転向した馬が強い場合には、G3とは思えないほどレースレベルが高くなることも度々あります。そのように年ごとのレースレベルにばらつきが見られますが、前年のJBCスプリントの連対馬が出走してくれば、高確率で連対します。

前記の該当馬は、続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6990


中央馬の中穴の狙い方や、地方馬の素敵なチョイスの仕方を記しています。(無料)


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016031531180505&r
posted by 山崎エリカ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年03月13日

本日の見所(フィリーズRなど)

2016年 中山牝馬S、フィリーズレビュー
___________________

●中山牝馬S

1月は愛知杯、2月は京都牝馬S、そしてこの先の4月福島牝馬S、5月ヴィクトリアマイルと1ヵ月に一度行われる牝馬限定重賞の一戦。今年から牝馬限定重賞が整備され1ヵ月に1度のペースで行われるようになったことで、ルージュバックのような牝馬の第一線で戦って来た馬もこの路線に出走するようになりました。

中山牝馬Sは、比較的に前が残りやすい中山芝1800mが舞台で、前半のペースが上がらずともなかなか逃げ、先行馬が残れない傾向にあります。まず、牝馬重賞路線に突出して強い逃げ、先行馬がいないということと、決め手を生かすレースばかりしている牝馬にとっては、平均ペースでも厳しい流れなのでしょう。

しかし、今年は例年よりはいくらか馬場が速く、昨日を見る限りではペースが遅ければ内々からの粘り込みが、ペースが速くなれば外差しが決まるという具合で、例年ほど外差しが利いていませんでした。今回もそれほどペースが上がらなければ、前々、内々の馬が粘り込めるかもしれません。昨春のオークスで2着、秋のエリザベス女王杯で4着、古馬一線級が相手の有馬記念でも勝ち馬ゴールドアクターと0.5秒差のルージュバックを筆頭に差し勢は強いですが、穴目は前々、内々と見ました。


●フィリーズレビュー

フィリーズレビューが行われる阪神芝1400mの舞台は、スタートしてから平坦〜下り坂となるためテンが速く、全体的にも息が入れにくいコースです。レッツゴードンキが出負けして、ミッキーアイルが単騎で逃げた先々週の阪急杯でさえも、前半3F33秒8-後半3F34秒7の前傾ラップでけっして前が楽ではなかったこと、昨年暮れの道悪の阪神Cでは前に行った3頭が総壊滅していることからも、阪神芝1400mは逃げ、先行馬にとって厳しい舞台であると言えます。実際に、フィリーズレビューを先行策から押し切って勝利した馬というのは2007年アストンマーチャン、2009年ワンカラット、2012年アイムユアーズ、2014年ベルカントなど後々の重賞でも活躍した馬たちです。

しかし、今回は例年と比べるとスピードタイプは多数出走しているものの、ハナを主張したい馬は不在。愛用の競馬新聞では、逃げがナリタバローズやダイアナへイローが逃げるとなっているほどです。確かにメンバー構成だけ見ると、逃げ、先行馬が残れる組み合わせですが、あくまでも阪神芝1200mよりもテンが速くなる舞台設定の阪神芝1400mであることも視野に入れて予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年03月12日

本日の見所(中日新聞杯)

2016年 中日新聞杯
_________

中京競馬場が新装オープンしたばかりの4年前の中日新聞杯はかなり時計が掛かり、3年前は高速化。近2年は雨が降ったもののそこまで影響がなかったようで、標準的な馬場。2分01秒台の決着タイムでした。

今年は稍重からの馬場回復化になりますが、近2年とそれほど変わらないタイムで決着しそうです。これまで蓋を開けてみなければ想像がつかなかった中京も、漸く馬場状態が維持され、標準的なタイムが出る馬場ということで定着化しているようです。

また、中京芝2000mは、前半ゆるやかに坂を上っていくコース形態で、よほど馬場が悪化しなければ極端にペースが上がりづらい舞台設定。加えて今回は近5走で逃げたことがある馬が“ゼロ”という逃げ馬不在のメンバー構成で、先行馬も手薄となると、極端なスローペースも考えられるでしょう。

ただ、本来は先行馬が逃げ、差し馬が先行する形になるので、前が残れるかは「?」です。当然、本来は追い込み馬が逃げて、展開クラッシュが起こる可能性もあるでしょう。無難に行くならば、立ち回りに幅を持たせることが出来る、好位差しタイプということになります
posted by 山崎エリカ at 13:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年03月10日

藤田菜七子騎手♪

S騎手とM騎手がメロメロ
____________

先週は、打ち合わせのついでに藤田菜七子騎手を見に川崎へ競馬場へ行ってきました。
わあ〜、ミーハー( ´ ▽ ` )ノ 。


すると・・・若い騎手たちは平常なのに、30歳半ばを過ぎたS騎手とM騎手が、パドックで菜七子ちゃんを見てニヤニヤしたり、メロメロな感じで会話をしていました。若さからくるピチピチに殺られている感じが実に面白かったです(〃´艸`〃)ぷぷ。

やっぱり騎手も、オ・ト・コ。小柄で痩せているけど、出るところは出ている女子が好きなのね。ましてオッサンになって萎れてくると、ピチピチにも過剰反応するようになるという・・・(笑)。

ただ、女子は可愛がられても、なかなか尊敬されないのが定。尊敬されるには男の2倍の努力と実力が必要です。あの牧原由貴子騎手ことまっきーだって、競馬学校時代の成績は福永祐一騎手や、和田竜ニ騎手より優秀でも預かってくれた厩舎は増沢厩舎。福永騎手は親の七光りで最初から騎乗馬が用意され、和田騎手はテイエムオペラオーと巡り合えて騎手人生が一転。最初の次点でまっきーが下手だったかというと、けっしてそんなことはなかったはずなのに、気がつけば福永騎手や和田騎手に大きく差をつけられてしまっていました。

最初は下手でも乗り鞍にさえ恵まれれば、騎乗技術も上がりモチベーションも上がります。逆に騎乗馬が集まらなければ騎乗技術を磨ける場がなく、劣等感を植え付けられてモチベーションも下がります。そこから這い上がるとなると、2倍の技術と精神力が必要。だいたいは、厳しい現実をつきつけられて潰れてしまいます。

菜七子ちゃんもスポーツ新聞の一面では取り上げられるのに、先週は3レースしか乗り鞍がなかったという現実。マスコミを味方につけたという点では、まっきーよりも状況がいいですが、マスコミと厩舎、馬主とでは熱量の差があるのも確か。現実を目の当たりにしてどうか潰れないように! 可愛がってもらえている間に結果を出して、米ジュリー・クローン騎手や加シャンタル・サザーランド騎手、新リサ・オールプレス騎手のような活躍をしてもらいたいところです。


以前、『エリカの部屋』の写真を担当していたふみちゃんからとっておきの写真が送られてきました! 菜七子ちゃんがとってもいい表情をしています!

nanako.jpg
posted by 山崎エリカ at 04:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 競馬を語る

2016年03月09日

ダイオライト記念の予想

地方勢が活躍の重賞
_________

船橋2400mで行われるダイオライト記念は、主にフェブラリーS(1600m)では、距離不足の実績馬が集います。また、交流重賞と言えば、総体的に堅く収まる傾向にありますが、ダイオライト記念は、過去10年で馬連4000円を越える配当が3回(1度は万馬券)、3連単万馬券が7回と中波乱が期待できるレースです。あわよくば高配当ゲットも夢ではありません。

しかしながら、実績馬が連対しないレースというわけでもありません。近1年以内に2000m以上の交流G1で勝利実績があった馬の連対は、全20頭中5頭、近1年以内に2000m以上の交流G1で連対実績があった馬の連対は9頭と、基本的には実績馬が活躍しています。該当馬は、2007年クーリンガー(2着)、2008年フリオーソ(1着)、ボンネビルレコード(2着)、2009年フリオーソ(1着)、2011年スマートファルコン(2着)、2012年ランフォルセ(1着)、2013年ハタノヴァンクール(2着)、2014年ニホンピロアワーズ(1着)、2015年クリソライト(1着)です。

また、残る連対馬11頭中、近1年以内に交流G2で連対実績のあった馬は5頭。該当馬は、2006年ヴァーミリアン(1着)、パーソナルラッシュ(2着)、2010年マイネルアワグラス(2着)、2013年オースミイチバン(1着)、2014年トウショウフリーク(2着)です。特に2400m以上の前年のダイオライト記念や名古屋GPの連対馬が、この舞台での活躍を見せています。パーソナルラッシュやフリオーソ、マイネルアワグラスがこのレースで2年連続連対しているように、比較的リピーターが多いというのが、ステイヤー適性も問われる何よりの証拠です。

ただし、近1年以内の交流G1、G2の連対馬を狙うだけではそれほど高配当が狙えません。実績馬というカテゴリーに該当しない残る6頭に高配当ゲットのヒントが隠されています。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6972

ぜひ、高配当を引っ掛けちゃって下さいねぇ〜(*´∀`*)。


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016030919120311
posted by 山崎エリカ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想