2016年01月05日

本日の見所(金杯)

2016年 中山金杯、京都金杯
_____________

新年あけましておめでとうございます! ことよろ〜です♪


●中山金杯

競馬は強い馬が勝つのが基本ですが、特に中山金杯は、極端に馬場が悪化したり、逃げ馬がよっぽど大逃げを打たない限り、能力(PP指数の能力値)どおりに決まることが多いレースです。なぜなら中山金杯が行われる中山芝2000mの舞台の上級条件は、よっぽど馬場が悪化しない限り、ニ段階加速することが多いからです。

まず、一度目のペースアップは、2コーナー過ぎて向こう上面の下り坂(4〜5F目)。上り坂で脚をタメた逃げ、先行馬が、ここで後続とのリードを広げて行きます。そしてニ度目のペースアップは、当たり前ですが、4コーナー過ぎてからの直線(ラスト2〜3F目)です。弱い馬は、一度目のペースアップで消耗し、二度目のペースアップでもう一段、二段上のギアが入らないので、逃げ、先行馬ならば失速、差し、追い込み馬なら末脚不発という結果に繋がります。

また、追い込み馬ならば、一度目のペースアップをやり過ごして、6〜7F目で前との差を詰めるという手もありますが、それだといい脚を相当に持続させなければばらないので、結局、強い馬が勝つという構図が作られがちです。単純なスピード比べ、瞬発力比べになるわけではないので、軽ハンデの恩恵などほぼないでしょう。実際にこのレースの過去10年で、軽ハンデ馬が穴を開けたパターンはありません。むしろ、近3年はトップハンデ馬が連対しています。

ただ、厄介なのは、今回は逃げ馬不在で差し、追い込み馬が揃った一戦であること。また、昨年、有馬記念の週から一気に馬場が高速化して、1分57秒7のレコードタイムが出現したように、おそらく今年も昨年ほどではないにしても、有馬記念の週よりも馬場が高速化する可能性が高いでしょう。関東では28日以降、雨が降っていません。

となると、フェデラリストが勝利した2012年のように、4〜5F目でペースが上がらず、決め手上位の馬と、内々をロスなく立ち回った馬が上位を独占するという、下級条件でよく見られる結果になってしまうことも考えられます。連軸には、極端に後方からではなく、ある程度自分からでも動けて、能力もある馬を本命にするのが好ましいでしょう。


●京都金杯

京都の開幕週で行われる京都金杯は、よほどの雨や雪が降らない限り、高速馬場で行われ、内々、前々有利になることが多いです。また、今回は逃げ馬候補はいるものの、明確に逃げたい馬が不在となると、他の逃げ馬がハナへ行くのを遠慮するなか、ウインフルブルームが内から積極的にハナへ行って、そのまま逃げ切った昨年のようなレースになる可能性が十分ありそうです。

確かに昨年は、明確に極端なスローペースでしたが、京都の開幕週ならば字面上は平均ペースでも実質はスロー。平均ペースならば逃げ、先行馬が残れることが多いです。実際に2006年には6番人気のビックプラネットが逃げて1着、2013年には7番人気のヤマニンウィスカーが逃げて3着と、シルポート級の逃げ馬ではなくとも、このレースでは逃げ残れています。とにかくよほど馬場状態が悪化しない限り、逃げ、先行馬を連軸とするのがベストでしょう。

今回も高速馬場とするならば、逃げ切りが決まる可能性がけっこうあると見ているのですが・・・今回で逃げるっていう馬を間違えて選択していなければ、いい初夢になりそうです。また、中山金杯とは打って変わって、スピードや瞬初力が問われるレースであり、軽ハンデ馬が勝てずとも波乱の立役者になっていることが多いです。2006年レインダンス3着(10番人気)、2012年アスカトップレディ3着(10番人気)、2013年ヤマニンウィスカー3着(7番人気)などなどです。昨年のマイネルメリエンダ(7番人気)もスムーズにインの好位のインにつけて3着に粘っています。
posted by 山崎エリカ at 08:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月01日

新年あけました!

年賀状
___


nengajyo.jpg
posted by 山崎エリカ at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ