2016年01月31日

今週の見所(シルクロードSなど)

2016年 根岸S、シルクロードS
_______________

●根岸S

フェブラリーSの前哨戦の位置付けの根岸S。しかし、実績馬は根岸Sよりも格上の川崎記念や東海Sを前哨戦として選択するため、本番にはあまり繋がらないレースとなっています。どちらかと言えば、スプリント路線の頂点を競うレースとしての意味合いのほうが強いでしょう。

また、このレースは、昨年暮れのカペラS以来の短距離重賞ということもあり、例年、スプリント路線組が大挙出走してきます。よって、序盤から激しい攻防が繰り返され、馬場状態に関係なく速い流れになる傾向がとても強く、過去10年を振り返ってもほぼハイペースです。

特に近4年は、強い逃げ、先行馬が不在というのもありますが、2012年シルクフォーチュン1着、2013年メイショウマシュウ1着、2014年シルクフォーチュン3着、2015年ワイルドバッハ2着になるなど、直線一気の追い込み馬が連発して馬券に絡んでいます。

逆に逃げ馬の3着以内はゼロ(8年前まで遡らなければいない)、先行馬はペースが速くなったところで動かず、一旦、位置取りを下げる形ならば、2013年ガンジス2着、セイクリムズン3着、2014年ノーザンリバー2着など、それなりの活躍を見せていますが、完全先行から押し切ったのは、2012年のトウショウカズンのみで、最内をロスなく立ち回っての2着でした。基本は、差し、追い込み馬が断然有利のレースで、先行馬を狙うのであれば、差す競馬でも結果を出してきた馬でなければ厳しいものがあります。

ただ、今年はというと、スプリント路線組が差し、追い込み馬ばかりで、逃げ馬はシゲルカガしかいません。確かにシゲルカガが逃げるのであれば、前半34秒台は濃厚で、東京ダ1400mを34秒台で逃げれば、まず後半は36秒台に突入してくるのでハイペースは免れないでしょう。

しかし、2列目がマイル路線の先行馬タガノトーネル、モーニンがつけていくとなると(プロトコルは近走、控える競馬を覚えさせているので差す形が濃厚)、シゲルカガから離されての2番手を形成する形が濃厚。それだと逃げ馬だけがペースを刻んで、2列目以降の馬が実質、差しの競馬をすることになるので、前に行った馬でも十分残り目はありそうです。ただヒモ穴として、差し、追い込み馬を穴馬として仕込んでおくのも面白いでしょう。


●シルクロードS

昨夏の北九州記念で2着に敗れて、スプリンターズS出走権を逃したビッグアーサーが、高松宮記念を意識する上で何としても勝利で賞金加算をと、M..デムーロ騎手への手替わりで出走してきます。昨秋の京阪杯、阪神Cともに2,3着に終わった同馬ですが、今度こそ重賞での勝利をもぎ取ることができるか。高松宮記念を占う意味でも非常に興味深い一戦となりました。

また、京都コースは今週からBコース使用で、内外に大きな差がなくなり、ほぼペース次第の馬場状態。シルクロードS当日は晴れ予報で、全体の傾向としては馬場回復化で前が残りやすくなるでしょう。

しかし、この一戦は、アクティブミノル、ローレルベローチェ、ネロ、セイコーライコウ、芝では前に行けるかどうかわかりませんが、ダートでは逃げ馬のヒルノデイバローと逃げ馬揃いなので、極端なスローペースになる可能性は低いでしょう。前半3F34秒台の平均ペースで流れて、どのポジションからでも能力を出し切れる展開が濃厚と見ています。よって、能力重視の予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月29日

罰当たりアクト

高幡不動にて
______

先日、関東三大不動の高幡不動尊金剛寺へ行って来ました。

すると・・・お地蔵さんの頭の上に5円、10円を重ねているお兄さんがいたので、わたしも参加させて頂きました。崩したほうが負けね!

takahatafudo1.jpg


勝者はわたし。ビールをご馳走になりました。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

takahatafudo2.jpg


子供か!?(笑) 

ちなみにこの行為は、お坊さんが横目で見ながら、片頬笑いしていたから罰当たりではなさそう! たくさん小銭を使ったしね!



せっかくなので、散歩も兼ねてお地蔵様が88体+α奉られている、山内八十八ヶ所めぐりをしました。

こんなお地蔵さんがいたんだけど、これはなんて読むの?

takahatafudo3.jpg


愛おし?
伊藤さんのはずないよね?
この時代は、右からだよね?

とりあえず、五稜郭を背景にパシャ☆彡

takahatafudo4.jpg


最後に高幡不動のシンボル、土方歳三。
若かりし頃の宅麻伸に似てた(笑)。

takahatafudo5.jpg
posted by 山崎エリカ at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常を語る

2016年01月27日

川崎記念の予想

川崎記念は堅いのか?
__________

最長距離2100mの交流となる川崎記念。このレースは、フェブラリーSの前哨戦、根岸Sや東海Sよりも賞金が高いこと、前記の前哨戦では斤量を背負わされることになるために、前年のG1馬や長距離適性の高い馬が集います。ただ、絶対王者と呼ばれたヴァーミリアンやスマートファルコンが不出走だった年や、昨年のホッコータルマエとコパノリッキーのように勢力の二極化により、勝ち星の奪い合いを避けて、一方のG1馬がJRAの前哨戦に出走する年もあり、レースレベルは年によってマチマチ。メンバーが空洞化する年もあります。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6823


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016012721120311
posted by 山崎エリカ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年01月24日

今週の見所(AJCCなど)

2016年 東海S、AJCC
____________

●東海ステークス

フェブラリーSの前哨戦となる東海S。昨年は、前年のフェブラリーSとJBCクラシックを制したコパノリッキーが、ホッコータルマエとの対戦を避けてここに出走してきましたが、本来は、前年のG1馬がここへ出走してくるのは稀です。その理由として、後の川崎記念のほうがやや賞金が高いこと、ここへ出走すると斤量が課せられることなどが挙げられます。よって、例年、G3の平安SやみやこSと大差のないメンバー構成で、G2としては小粒なメンバーになるのが常。G3で上位の実績かそれに準ずるPP指数があれば、ここでも通用するでしょう。


●AJCC

昨年1000m通過タイムが63秒0で、逃げたクリールカイザーと2番手を追走したミトラのワン、ツー決着だったように、超スロー〜スローペースが顕著のレースです。特に近年は馬場高速化に伴い、スローペース化が著しく、一昨年も1000m通過が61秒1のスローペース。近年は特に中団よりも前で立ち回った馬が上位入線が目立ちます。これには1コーナーの下り坂で動いて行きたくないという騎手心理のトレンドも影響しているのでしょう。

しかし、一昨年はこの傾向を覆して、前崩れの展開になったこともありました。ややスピードが足りないけれど、逃げなければ持ち味が生きないネコパンチが1コーナーの下り坂から動き、大逃げの形をとったために、前がバタバタになったのです。さて、今年はというと大外枠のスズカデヴィアスが大逃げ宣言。このスズカデヴィアスが1コーナーの下り坂で動くか動かないかで、上位入線馬がガラリと入れ替わるでしょう。

スズカデヴィアスが1コーナーで動かなければ、スローペースの前有利の流れ、動けば前がぶっ潰れて後方一気が決まる可能性もあります。これには先行馬のルールーシュあたりが、スズカデヴィアスを突くか突かないかなども大きく関わってきますが、どのみち平均ペースは考えづらく、前か後ろの極端競馬になりそうです。
posted by 山崎エリカ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月17日

今週の見所(日経新春杯など)

2016年 京成杯、日経新春杯
_____________

●京成杯

京成杯は、2007年サンツェッペリン、2011年フェイトフルウォー、2013年フェイゲーム、2014年プレイアンドリアルと、過去10年でキャリアがそれなりに豊富な芝のレース1勝馬の活躍が目立つレースです。また、さらに過去には、あのキングカメハメハが2戦2勝でここへ挑み、躓いたこともありました。つまり、これまで強豪と戦って勝てなかった馬が、強敵不在のここを勝ってクラシックに何とか名乗りを挙げる意味合いが強いレースと言えるでしょう。

また、今年の牡馬クラシック路線は、上位拮抗のハイレベル。昨年の朝日杯FS(PP指数-17)、ホープフルS(PP指数-14)、東京スポーツ杯2歳S(PP指数-13)、そして500万下ながら、サトノダイヤモンドが勝った12月26日の阪神7R(PP指数-13)ともにPP指数の決着指数が高く、すでにクラシック候補が出現した感があります。前記レースの上位馬の牙城は高く、おそらく前記レースの上位馬からクラシックホースが誕生するでしょう。

今回の京成杯もクラシック有力馬不在。強敵不在ならば、これまでクラシック有力馬と戦って、成績が汚れてしまった馬の汚名返上馬券を狙いたいです。字面の成績が地味なので、それなりの配当が見込めそうです。


●日経新春杯

秋の京都大賞典と同じ京都外回り芝2400mで行われる日経新春杯。しかし、日経新春杯と京都大賞典は、同じG2でもありながら、レースの流れはあまり類似しません。京都大賞典は、よほど逃げ馬が大逃げしない限り、ハイペースにはならない慢性スローのレースですが、日経新春杯はほぼ平均的な流れで、能力どおりの決着になることが多いです。

これは日経新春杯と京都大賞典当日の馬場差の影響や京都大賞典は天皇賞(秋)の前哨戦でもあるために、叩き台の意味合いで使ってくることが多いなどの理由もありますが、一番の理由はメンバー質によるものが大きいでしょう。京都大賞典は、天皇賞(秋)を経由した、いわゆるステイヤーの参戦が目立ちますが、こちらは上がり馬が多く参戦するために、前走芝2000mなどの中距離組が多い一戦。それゆえに近年スローペース化が目立つ芝2400m戦でもそれなりに速いペースになるのでしょう。

だた、今年は能力上位の人気馬シュヴァルグランやプロモントーリオなどが、前走芝2400m戦以上を使われていることを考えると、スローペースということも有り得るかもしれません。実際に能力上位の人気どころ(1番人気アドマイヤフライト、2番人気サトノノブレス)が前走芝2400m以上を使われていた2014年の日経新春杯は、1番枠サトノノブレスの逃げ切りが決まったように、スローに近い、ギリギリ平均ペースのような決着でした。極端な前残りのような決着になる可能性は低いと見ていますが、内枠や先行馬の多少の番狂わせはありそうです。
posted by 山崎エリカ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月16日

本日の見所(愛知杯)

2016年 愛知杯
_______

愛知杯は、一昨年までは暮れの中京開催で施行されていましたが、昨年は一回お休みの形。今年から1回中京開催初日に行われることになりました。中京芝コースは、リニューアルされてからじわじわ高速化傾向にあるとはいえ、過去3年のこのレースでは、2分台で決着しているように、基本的には時計の掛かる馬場状態。レースが字面上の平均ペースで流れれば、差し、追い込み馬優勢の決着となります。

ただ、3年前のこのレースでは、5F通過が1分4秒台を越え、エーシンメンフィスとサンシャインの行った、行ったが決まったこともありました。3年前のように、騎手が時計の掛かる馬場を意識してペースを落としすぎて、前を残らせてしまうこともよくあるのです。つまり、展開によるものが大きいということ。

その上で展開。今回は逃げ馬こそ不在であるものの、他が逃げなければ逃げるというタイプのオツウやハピネスダンサー、フェリーチェレガロがいて、先行馬も多数。牡馬混合のレースならば、ハイペースにも転がる要素があるレースです。しかし、坂スタートの中京芝2000mは、芝2200mよりもテンが遅いことやスタミナよりも決め手がウリの牝馬限定戦ならば、よっぽど雨でも降らない限りハイペースになる可能性は低いでしょう。

また、牝馬限定の重賞は、主要距離が芝1600〜1800mのため、芝2000m戦以上だと騎手が距離が持たないことを意識して、よっぽどスタミナに自信がある馬しか、速い流れに持ち込んでまで逃げようとしません。平均ペースは、場合によってはやや遅めもあるかなあという感じ。極端に後方から行く馬は、避けたいところです。

ちなみに最大の見所は、秋華賞の上位馬がどこまで成長できているかでしょう。Stop The ショウナンパンドラ、ヌーボレコルトを予感させるパフォーマンスが見せられたら、この牝馬限定重賞路線もさらに楽しくなりそうです♪
posted by 山崎エリカ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月13日

TCK女王盃の予想

ホワイトフーガは信頼できるのか?
________________

年明け最初の交流重賞は、牝馬限定戦のTCK女王盃。このレースは、女王クラスの馬が引退して繁殖入りしたり、休養していることも少なくないため、年によってレースレベルに差が生じます。女王クラスの馬が出走していればそれらが勝ち、出走していなければ新興勢力や地方勢の活躍が目立ちます。前年のJBCレディスクラシックでワン、ツーのラヴェリータやミラクルレジェンドが不在の2012年には、南関東のハルサンサンが7番人気で勝利し、大波乱になったこともありました。

さて、今年の状況はと言うと、昨年、この路線の主役サンビスタが引退。またその次点のような存在だったトロワボヌールは休養。そして昨年のエンプレス杯を圧勝したアムールブリエは、昨年末の名古屋グランプリ勝ちを機に、牡馬混合の王道路線へと向かいます。しかし、昨年のJBCレディスクラシックを制し、新女王の座に君臨したホワイトフーガがここへ出走してくることで、形式上は水準以上のレベルが保たれています。

しかし、ホワイトフーガは、一部でも報道されたように、


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6791


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016011320170311&r
posted by 山崎エリカ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2016年01月11日

本日の見所(フェアリーS)

フェアリーS
______

フェアリーSは、関東圏では数少ない3歳牝馬の重賞。桜花賞と同距離でありながら、阪神ジュベナイルFが終わった直後の一戦ということもあって、トップクラスの参戦は稀。今回も2勝馬が1頭しか参戦していないように、例年ほぼ500万下レベルのメンバー構成となります。クラシックを占う一戦というよりは、新興勢力の戦いという表現のほうがピッタリとくるでしょう。

そうれなれば、当然、2勝馬が優勢ですが、今回は唯一無二の2勝馬クードラパンはよりによって、外枠は圧倒的に不利と言われいる中山マイルの外枠。また、逃げ馬不在で、逃げることも可能な馬がラシームやコパノマリーンあたりが、積極的に逃げたがらない騎手となると、スローペースが濃厚。より外枠先行馬は不利となるでしょう。穴メーカーはおそらく内枠ですが、ドスロー過ぎて、単なる直線勝負になってしまう可能性もあるでしょう。

無難に行くのであれば、内目の枠から先行してある程度の決め手を使える馬でしょう。今回のメンバーで10回戦ったら、7.8回は勝ち馬が違うような難解な一戦ですが・・・当たればそれなりの高配当が見込めます。
posted by 山崎エリカ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月10日

本日の見所(シンザン記念)

シンザン記念
______

今年のシンザン記念は、「リオンディーズの夢をもう一度」とばかりに、1戦1勝馬のジュエラーやラルクが上位人気に支持されています。しかし、私が競馬を始めてからの長い歴史の中で、1戦1勝馬がこのレースを勝ったことがありません。芝1800mの新馬戦を7馬身差で圧勝したマッキーマックス(2003年)でもこのレースで2着でしたし、後の桜花賞馬となるあのマルセリーナ(2011年)でもここは取りこぼしての3着でした。

つまり、この時期になると3歳馬の完成度が高く、新馬戦でよほどの素質を見せた馬でなければ、勝ち負けするのは厳しいということ。2歳王者決定戦の朝日杯FSでもそういう傾向がありますが、私がリオンディーズを◎としたのは、新馬戦でクラシック通用級の素質を見出したからです(ただし、キャリアの浅い時点でハイレベルの重賞にぶつけると、馬が順当に伸びシロを見せないことが非常に多く、もしかするとリオンディーズも今後スランプに陥るかもしれません)。

しかし、今回のジュエラーやラルクは、新馬戦のPP指数もそれほど高くなければ、リオンディーズのように強烈な切れを見せたわけでもないので、ここは消してしまって、馬単や馬連で仕留めるのもひとつの手段です。世間では1勝馬揃いでそれほどレベルが高くないと言われていますが、無料で公開中のPP指数表を見てもらえればわかるように、戦績は地味ながらなかなか骨っぽいメンバーです。

逆に、一昨年の2着馬ウインフルブルームや昨年の勝ち馬グァンチャーレなど、2歳クラシックロードでちょっと足りなかった馬が好走することが多いレースなので、この一戦もそういう前提で予想を組み立てるのが好ましいでしょう。
posted by 山崎エリカ at 01:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 今週の見所

2016年01月08日

人生初の末吉

浅草寺のおみくじ
________

浅草寺の初詣で人生初のおみくじ「末吉」を引きました。縁談・祝事・付き合い「良くないでしょう。」って、言い切るなって上等だよ!( ̄ヘ ̄)凸 ムカッ


omikuji.jpg


これまで「大吉」を引いてもあまりいいことがなかったので、むしろこれは縁起物かもしれないと財布に入れて持ち帰ったら、馬券が絶好調! 帯広記念が当たり、天馬賞が当たり、京都金杯も当たりました。素晴らしい初夢でした!

失物も「出て来にくいでしょう。」って書いてあるけど、年末になくしたはずの○○万円のダイヤのピアスが出て来ました。お風呂場の排水溝のネットにひっかっかっているのを発見しました! だから、おみくじなんて当たらない、当たらない、悪いことは特に当たらな〜い!


ところで、今年は帯広記念当日の売り上げが、帯広市単独開催初年度(2008年1月2日)に次ぐ記録を達成したそうです。なんと2億弱! w(*・o・)wオオ!うれすぃ〜

http://www.banei-keiba.or.jp/sp/topics/38bg1.html

例年よりも暖かいこともあり、川崎競馬場の場たちでもいつもよりもたくさんの人が集まりました。集合写真・・・古谷さん、デカッ(笑)。

banei-batachi.jpg

posted by 山崎エリカ at 00:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常を語る