2015年12月26日

本日の見所(阪神C)

2015年 阪神カップ
__________

阪神Cは、年の瀬を盛り上げようと「短距離路線の有馬記念」という触れ込みで始まったレースです。G2では札幌記念、ホープフルSと並んで1着賞金最高額(今年は6500万円)が用意され、本来は、スプリント路線とマイル路線のトップクラスが集うはずですが・・・今年は、スプリンターズSやマイルCSで上位の馬大挙、香港国際競走に出走したこともあり、けっこうメンバーが手薄。オープン特別勝ちのない馬でも出走しているような状況です。

よって、G1だと通用しないかもしれないけど、並みの重賞ならば勝てるという馬には、大チャンスではないでしょう。定量戦で実績上位馬と下位の馬の能力差が大きいレースということもあり、実績重視で予想したいところです。

また、今回はデビューからパーフェクト連対でスプリント重賞2着2回のビッグアーサーが、初めての芝1400mに挑むことになるため、距離が持つ持たないなどが騒がれています。その距離の持つ持たないの定義は、ある人は血統による判断だったり、ある人はフットワークによる判断だったり、また、ある人はレースぶりによる判断だったりして、強い個性が出る場でもあります。私自身は、前走芝1200mからいきなり芝1600mならば、最初は難しいところもあると判断しますが、1F長くなる程度ならば、議論に値しないと考えています。

さらにビッグアーサーの将来的なことを考えるのであれば、前走の京阪杯のように、位置取りに泣くことのないこの距離のほうが向いているようにも思えます。個人的に競走馬は、スローペースなら自分からある程度動いて、ハイペースならあえて控えることが出来る距離が最適で、展開待ちでチャンスが狭まる距離は、本来は向いていないと判断しているからです。チャンスが広がる=馬券になる可能性が高いで、長期的にみれば、それがその馬の距離実績となって現れるものですが、初距離の馬やキャリアの浅い馬を先回りして馬券に的確に繋げるには一番いい考え方だと思っています。

ただ、今回は今年のセントウルSをスローペースで逃げたアクティブミノルがレースメイクすることになるようなメンバー構成で、この馬の逃げとするならばスロー〜平均ペースが濃厚。ひと昔前の阪神Cは、前がぶっつぶれてサンカルロの追い込みが決まるようなレースでしたが、近年は阪神最終週の馬場高速化で、少し馬場がしぶった程度ならば、よっぽど逃げ、先行馬が揃わない限り、追い込み馬の独壇場になる可能性は低いものがあります。

前記の前提だと、ビックアーサーが初めて連対を外すことになるとすれば、1番枠が裏目に出るパターンということになります。この馬は終いが甘くなるところがあるので、あまり前に行き過ぎるのはつらいし、後ろ過ぎれば届かない可能性もあります。スムーズに3列目のインへ誘導という、ピンポイントならば能力全開で突き抜けてくる可能性が高いですが・・・騎手の腕の見せ所です。
posted by 山崎エリカ at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所