2015年12月20日

本日の見所(朝日杯FS)

2015年 朝日杯フューチュリティS
________________

2歳チャンピオン決定戦の朝日杯フューチュリティS。このレースは、先日の川崎で行われた全日本2歳優駿のようなもの。2歳チャンピオン決定戦らしく、実力プラス成長力(伸びシロ)も問われるレースなので、近走で凡退が続いて成長力にやや疑問符が付いてしまっているような成績の馬は苦戦の傾向にあります。高い能力を持ち、かつ近走成績も良い勢いのある馬が活躍しています。

また、芝1600mのこのレースでは、前走芝1800〜2000m組は苦戦しています。2番人気で5着に敗れた昨年のブライトエンブレムのように、テンに置かれて終始外々を追い上げる形になるか、2番人気で7着に敗れた一昨年のプレイアンドリアルのように、速い流れを無理して行かせて、ラストで失速する形がとても多いのです。ある程度自分から動いて、好ポジションを取っていくという意味では、前走芝1400〜1600m組が好ましいでしょう。

ただ、後々のG1で活躍したドリームジャーニーやローズキングダム、最近だとコディーノ(同馬は2着)などはそういうリスクを跳ね返して通用しているので、後のクラシックで通用レベルの前走・中距離組をここで狙うという手段もあります。その場合は、リスクもあるのでなるべく配当に見合う馬を狙いたいところです。

とにかく2歳チャンピオン決定戦は、キャリアの浅い馬同士の対決。前走芝1400〜1600m組と狙うにしても、前走芝1800〜2000m組を狙うにしても、各レースのレベルをしっかりと精査した上で、将来、条件クラスで終わりそうな馬をどんどん切り捨て、この先のクラシックでそれなりの活躍を見せそうな馬を本命馬とするのが的中への近道になるでしょう。
posted by 山崎エリカ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所