2015年12月13日

本日の見所(阪神ジュベナイルF)

2015年 カペラS、阪神JF
_____________

●カペラステークス

ダートの短距離重賞は、翌年2月初めの根岸Sまでないために、例年、カペラSは登録ラッシュとなります。よって、選りすぐりのメンバーがここに出走してくるため、レースは当然、ハイレベルになります。

ダートのハイレベル戦というのは、基本が前傾ラップで前が厳しい流れ。実際にこのレースが創設されてからの過去8年とも前が厳しい流れになっています。良馬場ならば、確実に消耗戦でしょう。

実際に、良馬場のこのレースを、先行して押し切った馬というのは、2010年セイクリムズンや2013年ノーザンリバー、昨年のダノンレジェンドなど、翌年のこの路線で主役級の馬ばかり。今回は脚抜けがいいダートなので、ここを先行して押し切っても主役級の評価は出来ませんが、それでも賑わしてくれる1頭にはなれるでしょう。

果たして、この一戦で帝王ダノンレジェンドの足元を脅かす馬が誕生するのか!? それとも差しが決まって、ダノンレジェンドの安泰が濃厚となるのか? このレースは、来年度を占う意味で非常に意味のあるレースです。


●阪神ジュベナイルF

阪神ジュベナイルFは、過去10年を振り返っても、逃げ、先行馬の勝利が一度もないように、差し、追い込み馬が断然優勢のレースです。このレースで逃げ、先行するのは、本質がスプリンターというのもあるのですが、か弱き2歳少女にとっては、トリッキーな阪神芝1600mで、前半3F35秒台前半、4F47秒台前半でもペースが厳しいようで、前がしっかり崩れています。

それよりペースが遅くなれば、2着、3着に先行型が残れていますが、今回は外枠に逃げ馬2頭が入り、これらが内に切り込みながらハナを奪っていくことを想定すると、そこまで遅くはならないはず。今年も例年の傾向どおりに、差し、追い込み勢を中心に予想を組み立てたいです。
posted by 山崎エリカ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2015年12月12日

本日の見所(チャレンジC)

2015年 チャレンジC
_________

秋の阪神開幕週から、この時期へ移動して3年目。昨年、朝日チャレンジCから「チャレンジC」と改名されたこのレース。“チャレンジ”という前哨戦をイメージさせるネーミングでありながら、有馬記念の列記とした前哨戦ではなく、オープン特別の上位馬と、G3の上位馬が集う、ただのハンデG3です。

このレースは、例年、中〜長距離路線馬のみならず、登録馬ラッシュの阪神Cへの出走が危ぶまれる短距離〜マイル組が出走してくるために逃げ、先行馬が集い、淀みのないペースで流れて、前が崩れるというのが大きな特徴です。実際に過去3年とも、前がしっかり崩れて、差し、追い込み馬が上位を独占しています。

さて、今年はどうか? 今年は、稍重からの馬場回復化で、逃げてレースをタフな流れにしたいスピリッツミノルが、前走芝3000mの菊花賞を使った後の一戦であることを考えると、これまでよりも前が残れる可能性もあります。短距離〜マイル路線馬は、ダンツキャンサーを筆頭に、距離不安のためにペースを上げたくない馬が多いとなると、前半はそこまで速くならないという推測が成立します。

しかし、ここまで逃げ、先行馬が揃うと、各馬が相手の出方を探り合ったとしても、完全なスローペースは物理的に無理です。逃げ、先行馬は、気性に問題あるか、決め手が不足だから、肉を切らせて骨を断つという自ら厳しい戦法を取ったわけであり、逃げ、先行馬が仕掛けを遅らせ過ぎるのは、自ら骨を断つようなもの。オーバーペースにならないように、ある程度コントロールしたとしても限界があるということです。

今年は、昨年のようにラスト2F11秒6-12秒9というように、ラスト1Fで恐ろしく失速して着順ががらりと入れ替わるような超ハイペースにはならないでしょうが、それでも平均ペースよりは速い流れになるでしょう。やはり、差し勢を中心に馬券を組み立てたいところです。
posted by 山崎エリカ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2015年12月11日

競馬王1月号発売!

お知らせ!
_____

12月8日に競馬王が発売されました! Dd(´ε`*)アハン♪

先月は激走馬リスト2位のスマートオーディンと3位のプロディガルサンが東京スポーツ杯2歳Sでワン、ツーを決め(東スポ杯2歳Sに出走するのがわかっていたので、ワン、ツーを狙ったのですが)、7位キャンディバローズはファンタジーS勝ち。5位プランスシャルマン、7位ネオリアリズムも上のクラスを勝ち上がったし、他上位馬も馬券圏内を死守してくれました。

さて、今月号の激走馬リストの馬たちは、どこまで活躍してくれるでしょうか? 例えば、500万下勝ちのPP指数が、1000万下の水準決着指数を上回るなど、1クラス以上上の勝ち方をした馬をリストアップしているので、馬券の軸馬にはお勧めですよん♪

posted by 山崎エリカ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2015年12月09日

クイーン賞の予想

堅い!? それとも波乱?
____________

クイーン賞は、牝馬限定の中央交流重賞の出走枠に入れなかった馬が、意気揚々と新規参戦してくるレースです。その理由は、JBCレディスクラシックで上位の女王クラスの馬は、昨年や今年のサンビスタのように、牡馬相手のチャンピオンズカップを目指すことが多いこと。また、このレースがハンデ戦で行われるために、中堅クラスの馬がハンデを背負わされることを嫌って、他レースに出走することが多いためです。
posted by 山崎エリカ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想

2015年12月06日

本日の見所(チャンピオンズC)

2015年 チャンピオンズC
___________

下半期の砂の王者決定戦のチャンピオンズC。昨年より阪神から中京へと舞台を移し、レース名称も一新されて行われることになったこのレースですが、第1回目は、唯一無二の逃げ馬コパノリッキーが出遅れたために、前半4F50秒4とペースが上がらず、ほぼ最後までペースが上がらないという、チャンピオン決定戦に全く相応しくない前有利な決着でした。

確かに中京ダ1800mは、スタートしてからすぐに坂を上るため、他コースよりもテンが遅くなりやすく、条件クラスであれば、よく前残りになります。しかし、オープン以上のレースであれば、今年サウンドトゥルーが勝ったジュライSのように、それでも前が飛ばして、ヴァンヌーヴォーが先頭列まで捲くって来て、消耗戦に突入となるのが通常です。当然、昨年のチャンピオンズCでもそうなるものかと思っていたら、コパノリッキーが出遅れ、出遅れてなお、後続勢がコパノリッキーをマークする不思議なレースでした。

しかし、今年は逃げ馬がコーリンベリー、コパノリッキーと2頭出走しています。えっ!? 両方とも出遅れ癖があるって!? ノンコノユメを率いる社台F陣営が、万全を期して先行馬であり、逃げることも出来るグレープブランデーを出走させてきたのだから、さすがに昨年の二の舞はないでしょう。平均よりは速い流れで、ほぼ能力どおりに決まると見て予想を組み立てたいです。

このレースを順当に予想するのであれば、G1のJBCクラシック上位組となるでしょう。その中でもJBCクラシックを大目標にしなかったホッコータルマエや勢いがあるサウンドトゥルーが本命馬という観点では相応しいのかもしれません。

しかし、ホッコータルマエは、若かりし頃に逃げ馬エスポワールシチーを負かしに行って自身が失速したことがしばしばあります。確かに今年の帝王賞ではハイペースを先行してヒヤヒヤながらも勝利したように、かつてと比べると、厳しい流れでもがんばれるようにはなってきています。しかし、今回のメンバーで厳しい流れになった場合を想定すると、勝つまでは疑問に感じます。それにこの馬は今回が休養明け2戦目で、前走より良化しているにしても、目標は昨年・圧勝の舞台である東京大賞典でしょう。そこを強く意識しているからこそ、JBCクラシックの前哨戦を使わなかったはず。となると、今回で全幅の信頼を置くのも危険でしょう。

また、サウンドトゥルーは、ゲートが悪く、自分から動いていけない弱みがあり、近走のように展開に恵まれなかった場合は、大敗する可能性も考えられます。実際にこのレースが昨年のような流れになった場合は、目下3連勝で、このレースでは10着に凡退したインカンテーションの二の舞になる可能性も考えられます。嵌れば直線で何馬身も後続を突き放す強烈な強さを見せる反面、嵌らなかった場合の怖さがあるので、消耗戦になるという確信がなければ狙いづらいでしょう。

自分から動けないという意味では、ノンコノユメもサウンドトゥルーと同じ。この馬はラスト1Fで3歳世代の中距離路線を引っ張っていく予定だったクロスクリーガーに並びかけて、そこからぶっこ抜いた3連勝目のジャパンダートダービーがインパクト大で、あそこまでの競馬をしたならば秋の目標はこことなるのは必然のことでしょう。しかし、決着タイムが芝レベルの前走の武蔵野Sもかなりのハイペースでしたが、展開のお膳立てがあってこそのあの競馬なのです。

サウンドトゥルーもノンコノユメも脚質的にここで押し上げて、ここで脚を溜めてという立ち回りのミスが許されないのに、一番ミスが起こりやすい1〜2番枠を引いてしまっている点、逆に勝ちに行く競馬だと脆さを出すところがあるホッコータルマエが、勝ちに行かなければ外々を回るロスが生じる外枠を引いてしまっている点から、能力上位馬が上位にくるけれども、番狂わせがあるような感じがしてなりません。
posted by 山崎エリカ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2015年12月05日

本日の見所(ステイヤーズSなど)

2015年 ステイヤーズS、金鯱賞
_______________

●ステイヤーズS

最長距離戦のステイヤーズS。天皇賞(春)などのG1では、やや能力が足りないステイヤーにとって、最終目標となるのがG2のこの舞台です。当然、重要なのは、芝3000m級の距離実績。過去4年の勝ち馬は2011年マイネルキッツ、2012年トウカイトリック、2013年デスペラード、2014年デスペラードと、ともに芝3000m以上の重賞で連対実績のある馬でした。

しかし、今年はこの条件を満たす馬は、過去2年のこのレースの2着馬で、今年のダイヤモンドSの2着馬フェタモルガーナしかいません。確かにフェタモルガーナは、PP指数の能力値ナンバー1、最高値ナンバー1タイの馬ではありますが、休養明けの馬というのはスタミナが足りないもの。当然、距離が長いレースほど、マイナス要素を抱えます。果たしてフェタモルガーナは、3度目の正直か? 3度目の裏切りか?

また、よくある穴パターンは、2010年の勝ち馬コスモヘレノスや2011年の2着馬イグアスなどのように、デビューから距離を伸ばしてPP指数を上昇させた隠れステイヤータイプ。3歳馬は斤量が軽いこともありますが、「芝3000m以上の距離が未経験で多くの方には気がついてもらえなかったけれど、実はステイヤーでした」という流れで高配当を演出しています。ただし、今年は3歳馬が不出走です。

よって、今回は3番目の策を使います。3番目の策とは、アルゼンチン共和国杯組を狙うというもの。ステイヤーズSは、なんだかんだかんた言ってもこのレースと同格でレース間隔もそれほど開かないアルゼンチン共和国杯組が優勢。過去10年の勝ち馬10頭中8頭がアルゼンチン共和国杯組で、残る2頭は2009年のフォゲッタブルと2011年のマイネルキッツです。

フォゲッタブルは菊花賞2着馬、マイネルキッツは天皇賞(春)で1着、2着の実績がある馬です。2008年の菊花賞2着馬フローテーションもこのレースで2着と善戦しています。要は、レース間隔が開くマイナス面を能力でカバーしてくれることに賭けるか、アルゼンチン共和国杯組を狙うしか、ほぼ手がないレースとも言えます。ただ、アルゼンチン共和国杯組を狙うにしても、距離が伸びることが吉と出る可能性が高い馬を狙わなければダメでしょう。そんなに難しいレースでもないので、ぜひ、当てたいところです。


●金鯱賞

中京競馬場の新装オープンと同時に、宝塚記念の前哨戦から有馬記念の前哨戦に生まれ変わって早3年の金鯱賞。年々、馬場が高速化し、昨年のこのレースの決着タイムは1分58秒8と、さらにレコードタイムが更新されました。しかし、それでもG2の芝2000mで1分58秒8というのは、昭和の時計レベル。レースの上がり3Fが35秒4も掛かっていることから前が厳しいレースをしていることは明らかです。

また、決着タイム1分59秒6、上がり3Fが36秒1も要した一昨年は、1番人気に支持された逃げ馬メイショウナルトが14頭立ての14着に失速したように、36秒台まで掛かってしまうと、前が相当に厳しいです。一昨年は、結果的に先行馬が残りましたが、その時の勝ち馬は翌年の宝塚記念で2着、今年の天皇賞(春)で3着のカレンミロティック、2着馬は今年G1で2勝と絶好調のラブリーデイです。つまり、後のG1になれるほどの実力馬でなければ、前記のタイムで先行馬が勝ち負けするのは厳しいのです。

今年はどこまで時計が掛かるのか、前半の芝のレースを見てみないとわかりませんが、今週木曜日の雨の影響を受けて、昨日の段階まではダートコースが稍重でした。おそらく今年も決着タイム1分59秒前半から半ば、上がり3Fも35秒台半ばから後半くらいは掛かりそうです。まず、前が厳しいでしょうね。差し、追い込み勢から馬券を組み立てたいところです。
posted by 山崎エリカ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所

2015年12月04日

最近、肉食女子です!

恋愛のことじゃないよ!
___________

20代は肉食、30歳過ぎた頃から肉よりも魚が好きになって、現在はまた肉食女子になったエリボンです(* ́∀ *)アハン♡♡

だけど、20代の頃と大きく異なるのは、肉の赤身が好きになったこと。20代は、上カルビや骨付きカルビが好きでしたが、最近は、赤身が好きです 皿 ̄)うしししし♪


そんなこんなで、先月末、内田利雄騎手ことミスターピンクさん、森泰斗騎手ことタイティ、俳優の宮川一朗太さん、セクシー演歌歌手の松れい子さん、船橋の調教師・渋谷先生や南関東の馬主さんたちと、ステーキを食べに行ってきました。

chaco1.jpg

chaco2.jpg

写真の女性が松さん。上の写真が牛肉約1s。これが自分の脂肪1sとほぼ同じ大きさであることを想像するとギョっとしますが、熟成された赤身の肉だから、柔らかくてすっごく美味しいのです!

ちなみに、松さんの隣の席にいたミスターピンクさんがエロピンクに変身して、松さんに谷村新司が後ろから小川知子の胸を揉む、「“忘れていい”のしようよ」と呟いてました ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ。


行ったのは、このお店。
予約が取りづらいお店みたいだから、詳細は秘密。

chaco3.jpg


最後になぜだか、駅構内で群馬の「馬」に反応して、記念撮影。
その馬は競走馬と関係ありですか?・・・みたいな!

最近、テロ対策が厳しくて、ジャパンC当日も手荷物チェックがあったけど、怪しい人だと勘違いされて、事情徴収されなくて良かったよん(* ́∀ *)。

chaco4.jpg
posted by 山崎エリカ at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常を語る

2015年12月02日

浦和記念の予想

大波乱に期待!
_______

東京大賞典の前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央馬の一流は、中央のG1・チャンピオンズCに出走するため、必然と中央の二流馬vs南関東の一流馬の対戦図式が作られがちです。まれに同年のJBCクラシックの勝ち馬でありながら、ここから東京大賞典を目指したスマートファルコンのような弱い者いじめをする馬もいますが、基本的には中央勢が手薄。それゆえに「ダート中距離路線の裏街道」と表現されることもしばしばあります。

過去5年の勝ち馬は、2010年スマートファルコン、2011年ボランタス、2012年ピイラニハイウェイ、2013年ランフォルセ、2014年サミットストーンと、中央勢が3勝、南関東勢が2勝。こと昨年に至っては、南関東勢が1〜3着を独占してしまいました。ダートの中距離路線は、短距離路線よりも中央勢が絶対視される中で、この南関東勢の活躍は驚くべきものがあります。

しかし、昨年の南関東勢の活躍の背景には、中央の一流馬が不在であること以外にも、もうひとつ大きな理由がありました。

続きはこちら→http://nar.umanity.jp/dirtgrade/2943/


予想は大波乱!
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=3100000007
posted by 山崎エリカ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想