2015年10月25日

本日の見所(菊花賞)

2015年 菊花賞
_______

開幕週の芝1200mのオパールSで1分06秒7、そして土曜日の壬生特別(1000万下)で1分07秒6が飛び出したように、今開催の京都は昨秋と同様にとてつもなく高速馬場。出遅れて外々を追い上げるとアウトに近く、内々と前々が断然有利と言えます。確かに今回は芝3000mが舞台。これだけ距離があれば、その傾向が極端に結果に現れるとも思えませんが、外枠の差し馬は割引が必要でしょう。

また、例年は菊花賞の前哨戦、セントライト記念と神戸新聞杯はそこまで大きなレベル差(決着指数の差)はありませんが、私のサイトで無料公開している菊花賞のPP指数をご覧いただければ一目瞭然のレベル差がありました。この差を見れば、セントライト記念組は積極的には狙えません。

ただ、セントライト記念組は、スローペースの雁行状態で、内々、前々が有利だったことは確か。外々を追走して脚をタメれなかったもともと強い馬ならば穴候補となるでしょう。また、そういう馬に限って今回で内枠を引き当てました。これにより、ヒモが絞りづらくなりましたが、それらが馬券になればそれなりの配当が見込めるでしょう。

今年はドゥラメンテが皐月賞、ダービーを連覇したものの、デムーロ騎手の好騎乗ばかりが光り、それほどレベルが高くなかったことに物足りなさを感じていました。ゆえに菊花賞で勢力図が入れ替わるんだろうなぁ〜と思ってはいましたが、予想以上に質の高いメンバーになったので、結果が楽しみです。最近は古馬が海外で全く通用していないようにあまり強くないので、現3歳世代がそういった勢力図をも覆し、ドバイシーマクラシックや凱旋門賞にゲートインしてくれることを願わすにはいられません。
posted by 山崎エリカ at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所