2015年10月18日

本日の見所(秋華賞)

2015年 秋華賞
_______

「どのコースが一番乗りにくいですか?」と騎手に尋ねれば、真っ先に名が挙がることが多いのが、秋華賞が行われる京都内回り・芝2000mの舞台。何が難しいのかというと、1コーナーまでの距離が309mと短いために直線だけで隊列が決まらず、2コーナー過ぎまで先行争いが持ち越されることも多く、こう乗れば勝てるというデフォルトがないのが理由でしょう。

更に秋の京都開催は、基本が前と内枠が有利な高速馬場。控えて行けば内枠でも次々と前に入られるし、出して行けばオーバーペースに巻き込まれて失速、前にいた馬が失速して壁になり仕掛けが遅れるなどの危険性もあり、他コースよりも騎手の各馬全体の動きが見通せる能力と運も要求されるコースでもあります。

更にこのレースは、序盤のスローで雁行状態のまま1〜2コーナーを迎えて、4コーナーの手前から加速していくようなレースになるために、外枠の追い込み馬は圧倒的に不利です。あのウォッカもこのレースで大外16番枠を引いてしまい、終始外々を回って3着に敗れました。

ロスを最小限にするとしたならば、3年前のチェリーメドゥーサのようにペースが落ちつく向こう上面でポジションを押し上げて3コーナーでは内目につけることですが、今回1番人気のオークス馬ミッキークイーンはそういう競馬で推し切れるほど強いのか? 1番人気でそのような競馬をして失速すれば“騎乗ミス”だの“下手くそ”だのとファンやマスコミから叩かれることになるので、空気読めない外国人騎手か、達観騎乗が得意の横山典騎手でもなければするはずもないでしょう。

個人的にはトップスピードはあるけれど、前に行ける脚のない一昨年のデニムアンドルビーのようになりそうな気がしています。ミッキークイーンはそれくらい致命的な枠順だと思いますが、前が崩れればギリギリ馬券圏内に食い込めるかどうかと言ったところではないでしょうか。

また、このレースでは例えばジェンティルドンナのような差し脚質の絶対女王が、後方でドンと構える競馬にならなければ、極端なスローペースになることもなく、平均ペース〜ハイペースになることが多いです。距離ロスなく立ち回れてオーバーペース気味の流れにも巻き込まれない内枠の差し馬が強いので、本命馬は指数が上位であることが前提ですが、人気を問わずにその辺から狙うのが上策でしょう。古くはブラックエンブレム、最近だとキョウワジェンヌなどが穴を開けました。人気どころは、昨年のショウナンパンドラなど無数にいます。
posted by 山崎エリカ at 04:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 今週の見所