2015年09月23日

テレ玉杯オーバルスプリントの予想

逃げ、先行馬が揃った一戦も・・・
_______________

2011年に南関東地区の重賞から格上げされ、現在はJRAとの指定交流競走(G3)で施行される浦和ダ1400mのオーバルスプリント。このレースは、11月3日に行われるダート競馬の祭典・JBCスプリントに出走したい馬が、賞金加算を狙って出走してくるレースです。しかし、有力馬は格上の大井・東京盃(G2)や盛岡・マイルチャンピオンシップ南部杯(G1)に出走することや、JRAの短距離オープンが多く行われる時期でもあるために例年メンバーが手薄になります。

ゆえに4年前のディアウィッシュ(3着)、3年前のトーセンアレス(2着)、一昨年は大井のセイントメモリー(1着)のように、地方馬が馬券に絡むことが、他の交流競走と比較するととても多いです。これはJRAの短距離路線のレベルが低く、南関東はマイル路線のレベルが高いことも影響しています。今年も地方馬がノーチャンスではないでしょう。

また、浦和コースというと、どの距離でも「内枠有利、外枠不利」というイメージを強く持っている方が多いようです。しかし、オーバルスプリントが行われるダ1400mは、スタートしてから1コーナーまでの距離が280mあるために、極端な枠順の有利不利はありません。確かに浦和はコーナー部が300mと急ですが、外枠の馬は早めに動いて1コーナーまでにインコースを取りきってしまえば、距離をそれほどロスすることはありません。

それよりも問題なのは、逃げ、先行馬が多いと、1コーナーの先行争奪戦が激化すること。2011年のオーバルスプリントはまさにその典型で、中団よりやや後ろにいたダイショウジェットが2着馬に5馬身も突き放して勝利したように、かなりの激流でした。1コーナーまでに隊列が決まらないと、1〜2コーナーまでの短いコーナー部で息が入れられず、前半型が活躍する傾向からガラリと一転して、差しが決まることもあります。

ただ、今年は、先行勢のほうが明らかに強く、ある程度ペースアップしても前が残れる可能性は十分。また前に行きたい馬が内枠に揃ったことで、意外と隊列がスムーズに決まる可能性もあるでしょう。地方馬でもノーチャンスではないこと、先行馬が強く、ある程度ペースアップしても先行馬が粘れる前提で予想を組み立ててみました。


http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2015092318060211
posted by 山崎エリカ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東&交流重賞の予想