2015年09月21日

本日の見所(月曜日)

2015年 セントライト記念
___________

菊花賞トライアルのセントライト記念。ダービーで突然逃げの手に出たミュゼエーリアンが気まぐれ横山ノリさん鞍上の上に、日本ダービーでは2番手で競馬をしたキタサンブラックの陣営が「新馬戦みたいに後方からでも競馬ができるタイプで、先行抜け出しにこだわらなくてもいいのかもしれません」と控えるコメントを発表しています。キタサンブラックは折り合い難の馬で、調教でもブレーキが利いていなかったし、前に壁が作れない枠順構成ですが・・・正直、隊列(展開)があまり見えてきません。

ただ、現在の中山は時計が掛かっていて、先週の紫苑Sでも1000m通過が60秒6とそれほどペースが速かったわけでもないのに前が潰れ、昨日、日曜日もことごとく先行勢が残れていなかったことを考えると、仮にスローペースになったとしても、差し、追い込み優勢の競馬になるのでしょう。現在の馬場状態だと、1000m通過61秒を越えてこないと前が楽ではありません。確かにノリさんの気分ひとつで61秒越えのドスローも考えられますが、他の先行馬がチョッカイ出してくることも考えられるわけで・・・。

また、重賞のメンバーで前半ペースを落としすぎると今度は3コーナーから動いて後続とのリードを奪って追撃を阻止する手に出なければいけないので、結局、時計の掛かる馬場で格上のレースになると逃げ、先行馬は能力がないと通用しないのです。ここは素直に、能力上位の差し、追い込み馬を中心に馬券を組み立て、先行勢は強い馬だけヒモに加えるというスタンスが懸命でしょう。
posted by 山崎エリカ at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所