2015年09月03日

今週の見所(土曜日)

2015年 札幌2歳ステークス
____________

先週の新潟2歳Sは、馬場の内側も悪い状態ではなく、理想的な展開でレースを運べたとはいえ、ロードクエストの圧勝劇で終わりました。スポーツ新聞などでは、「ハープスター級」と記載されていましたが、こと「末脚」ならばハープスター以上でしょう。後方のインから馬なりで上がって行って、ラスト2F目でもう先頭に立ってしまうあたりにモノの違いを感じました。スタートの悪さも新馬戦よりは改善されたし、あとはこの先の距離が長くなる舞台でどうかでしょう。

さて、今週は、これまでにクラッシック2冠馬ネオユニヴァースやゴールドシップなどを多数輩出した、元祖出世レースの札幌2歳S。特に2歳戦は、先週の新潟2歳Sで2〜4着馬がキャリア2戦以上の馬だったように、キャリアが豊富な馬が有利です。競走馬は新馬戦で強烈なレースをすると、次走で反動が出る場合や、そのままスランプに陥る場合もありますが、基本的にはデビューから5戦目くらいまでは上昇曲線を描きます。レースを経験することによって学び、次走の指数を上昇させるという具合です。

逆にデビュー2戦目で、重賞を勝てるような馬というのは、歴代の札幌2歳Sの勝ち馬を見てもロジユニヴァースやレッドリヴェールなど、後のクラシックで活躍している馬ばかりです。昨年、デビュー2戦目で札幌2歳Sを勝利したブライトエンブレムも、皐月賞4着馬であり、ダービーに出走していれば馬券圏内に突入していた可能性もあります。そういういわゆる“モノが違う”タイプでなければ通用しません。

つまり、2歳戦の基本は、キャリアの豊富な馬のなかから選ぶこと。しかし、今回に関しては、前哨戦のクローバー賞がPP指数の低い決着だったこと、またコスモス賞は前残り気味のレースだっただけに、キャリアが豊富な組がイマイチあてにならないところがあります。けっこういいメンバーなので本命にするのはどうでしょうか?

今回は、新馬戦をロードクエストほどではないにしても、そのレベルに近いものを期待できる勝ち方をした馬がいいるので、その馬を積極的に狙って行きたいです。某雑誌の激走馬リストで、ロードクエストのひとつ下のランクにいる馬か、〆切上、間に合わなかったけど、その馬に似たような勝ち方をしたあの馬になります。このあたりは枠順を見てから決定したいです。
posted by 山崎エリカ at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 今週の見所