2015年08月01日

今週の見所(日曜日)

2015年 クイーンS、アイビスサマーダッシュ
_____________________

●クイーンステークス

クイーンSは夏場に行われる唯一の牝馬限定重賞ということもあり、例年それなりの頭数が揃います。しかし、今年はミナレットやマコトブリジャールが先週の福島テレビオープンに回るなどで、ちょと寂しい10頭立となりました。

また、クイーンSが行われる札幌芝1800mの舞台と言えば、スタートしてからすぐに1コーナーがあるために、外枠の先行馬が不利なコース。スローペースになった年の外枠先行馬は、1コーナーでがっつり外を回らされてことごとく壊滅していますが、この頭数だとスローペースになったとしても、例年ほどの不利はなさそうです。

一番格上なのは、重賞3勝、牡馬の一線級が相手の日経新春杯で2年連続好走のフーラブライトで間違いなく、本来は1番人気になるレベルの馬でしょう。しかし、芝3200m戦からの転戦では、どーなの(?) あのファインモーションも芝2500m戦からの転戦で取りこぼしたけど、どーなの(?) という感じで、ヴィクトリアマイル組vs上がり馬という対戦図式のオッズ形成です。

まあ、フーラブライトは、本質が距離が伸びる舞台が吉の馬だし、今回で行き脚が付かないだろうから速い流れを望むところです。しかし、テンがそれほど速くないノットフォーマルが逃げるならば、不発する可能性は高まるでしょう。ノットフォーマルは、ファインモーションを不発へと導いた、オースミハルカとキャラクターがよく似ています。

ノットフォーマルは、チーリップ賞勝ちのオースミハルカほど強くありませんが、本質が逃げ馬でありながら、テンがそれほど速くないためにクラシック戦線で苦戦したキャラクターがそっくり! オースミハルカは、斤量52kgを背負ったこの舞台では急に行き脚がついてハナを奪っての堂々Vでしたが、果たしてノットフォーマルはオースミハルカになれるのか?

確かに今年は逃げ、先行馬が手薄の上の小頭数では、ハイペースになる要素が見当たりません。しかし、フーラブライトが再内枠に入ったことが非常に厄介であり、一番強い後方脚質の馬が再内枠に入ると、二番手、三番手の実力馬が前を意識した競馬をしてくる傾向が強いので、単純に前が残れるとも思えません。

しかし、よっぽど雨が降らない限り、極端なハイペースになることもないでしょう。ある程度は前につけられる馬を本命にしたいところです。今回はここを狙っている馬が少なくて、買いたい馬はわりと明確なので、連軸選びを間違わなければ、当たるかなぁ〜? 簡単なレースでもありませんが、まあまあ配当は付きそうなので、当てたいところでもあります。


●アイビスサマーダッシュ

新潟名物・直線1000mで行われるアイビスサマーダッシュ。レース名どおりにスピードをイメージさせる、このレース(このコース)のレコードは、2002年にカルストンライトオがマークした53秒7。次点は2012年にケイティラブがマークした53秒9です。しかし、近年のこのレースの決着タイムは54秒台前半。速い時計で決着した年と比べると、近年は1.5秒前後も時計が掛かっています。

しかし、かつてと比べるとけっして新潟芝コースの時計が掛かっているわけではありません。過去と現在のアイビスサマーダッシュを比較しても、ラスト2F目で10秒前後でまとめているのは、第1回から昨年までほぼ変わりません。しかし、ケイティラブが勝った2010年を分岐点にラスト1Fがかつてと比べると約1秒も速くなっているのです。2009年まではラスト1F失速のほぼ12秒台に対して、近年はラスト1Fでもラスト2F目からスピードを持続する形での11秒台。ハクサンムーンが勝った一昨年は明らかなスローペースでラスト1F11秒0でまとめています。

つまり、近年の直線1000m戦は、行かせるだけ行かせるのではなく、“チョイ貯め”がブームになっているということです。この理由のひとつとして、近年のスプリント路線は強い逃げ馬がいないというのも、当然、あります。しかし、一番の理由は、中距離路線で見られる競馬の進化系が短距離戦でも見られるようになったということでしょう。超高速馬場で前半からぶっ飛ばしたのでは、馬への負担が重く、サマースプリントシリーズに挑戦し続けられない上に、最悪の場合は故障に繋がりかねません。

また、チョイ貯めブームにより、近年はメンバー中でトップクラスの上がり3Fタイムで上がってこられる馬が上位入線するケースも少なくありません。本質的には逃げ、先行馬優勢です。更に言うと、ダッシュもついて再加速も楽な斤量の軽い馬は断然有利です。ゆえに度々、ケイティラブや昨年のフクノドリームのような斤量の軽い牝馬や3歳馬がしばしばアドバルーンを打ち上げています。

斤量が軽い馬が有利と言うのは、アイビスサマーダッシュに限らず、短距離戦、特に新潟直線1000mで見られる全体的な特徴で、前開催の韋駄天Sでも、15番人気という低評価を覆して勝利したフレイムヘイローも、ハンデ53s(牝馬なら51kg)の軽量馬でした。逆に前記したアイビスサマーダッシュ2連覇の逃げ馬カルストンライトオは、斤量59sを背負った2005年のこのレースではハナに行けずに1番人気を裏切りました。カルストンライトオは、前年のスプリンターズSの勝ち馬で、格上の存在だったにもかかわらず、13頭立の4着に敗れたのです。

これまでをまとめると、アイビスサマーダッシュは、逃げ、先行馬、牝馬、3歳馬は優勢です。しかし、軽量ということだけで飛びつくと、3年前の3歳牝馬ビウイッチアス(1番人気→10着)の二の舞になることもあるので、能力やローテーションも考慮の上で、本命馬を選定したいところです。ビウイッチアスはいわゆる二走ボケでこのレースで惨敗したわけですが、前走行った、行ったのバーデンバーデンCをハンデ50sで逃げ切っただけの、いわゆる能力が足りない馬でした。能力+αで考えたいです。
posted by 山崎エリカ at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週の見所